ピクシブ百科事典

メアリー・スー

めありーすー

メアリー・スーとは、人名及びキャラクター名の一つである。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. とある『スタートレック』の二次創作小説に登場するオリジナルキャラクター「メアリー・スー(Mary Sue)大尉」のこと。
  2. (1)のキャラクターが元ネタとなった二次創作の用語⇒メアリー・スー(二次創作用語)
  3. 中田永一作の短編小説『メアリー・スーを殺して』に登場するキャラクター。(記事トップのキャラクター)
  4. フューチャーカードバディファイトに登場するカード。この名を持つカードは現在『世界の中心 メアリー・スー』『理想少女 メアリー・スー』の二枚が存在する。
  5. 小説『幼女戦記』の登場人物⇒メアリー・スー(幼女戦記)

関連タグ

人名 キャラクター 曖昧さ回避

1としてのメアリー・スー

概要

1973年に出版されたファンジン『Menagerie』2号に掲載されたポーラ・スミス(Paula Smith)による『スタートレック』の二次創作小説「A Trekkie's Tale」に登場するオリジナルヒロインのこと。
メアリー・スーはわずが15歳にして大尉になり、これは艦隊で最年少の大尉である。
更に彼女は艦隊でも最優秀であり、驚くような能力を持っていた。
これらのハイスペックさから、15歳半で重要な任務のためにエンタープライズ号(艦隊)に乗せられ、他の仲間と共にリゲル第37惑星に転送される。
その後、着いた星で仲間たちが病に倒れ、彼女が治そうと奮闘する。
そして、彼女が皆の病気を治して力尽きて倒れる時、彼女についてきた仲間は彼女を囲って涙し、メアリー・スーは天国に旅立った。

日本語訳はこちらで読むことができる。→カスガ氏によるメアリー・スーの元ネタA Trekkie's Taleの日本語訳

これを踏まえて厨設定のキャラクター、作者の自己投影が行き過ぎたキャラクターが「メアリー・スー」と揶揄されることが多い(男性キャラ、オリジナル作品に登場するチートキャラに使われることもある)。
ただこの使い方はネガティブな意図を大きく含み、誹謗中傷でしかないので注意した方がいいだろう。メアリー・スー(二次創作用語)も参照のこと。

注意点

なお、「概要」と書いてはいるが「A Trekkie's Tale」の本物も大体この程度の長さである
タイトルの「Trekkie(トレッキー)」とは作中用語ではなく『スタートレック』の熱狂的なファンのこと。
しかしながら否定的、揶揄的なニュアンスが強く、ファン自身からは好まれない言葉である。
つまり、この作品自体がトレッキー(痛いファン)作のテイル(物語)を揶揄したものである。
ポーラ・スミス自身はあくまで「二次創作の問題点」に言及した作品である事を明言しているが、広義的には「痛いファンが一次創作に関わった可能性」や「原作者と作品そのものが痛い」という非難を否定できるものではなく、他ならぬポーラ・スミス自身が下記のウェスリーを始めとした「一次創作のキャラの非難」にメアリー・スーを恣意的に用いている。

ウェスリー・クラッシャー

TVシリーズ二作目「新スタートレック」に登場する医療主任の息子ウェスリー・クラッシャーが、「艦隊アカデミーの成績が優秀で、原作者ユージーン・ウェスリー・ロッデンベリーの名前を持ち、艦の危機を救ったり、超能力の素養があると言及され、訓練中の事故で同期を死なせた過去がある」というメアリー・スー要素を持つため、メアリー・スーを原作が本編に投入したキャラクターと呼ばれることがある。

メアリー・スーの定義

上記までの流れを見ればわかるとおり、メアリー・スーの定義などというものは始めから存在せず、定説とされる「メアリー・スーは二次創作に限定した用語」とする根拠も一切ない。
ぶっちゃけメアリー・スーの特徴はあらゆる作品のあらゆるキャラに恣意的に当てはめることが可能であり、このような「言った者勝ち」の便利な言葉で鋭い批判者を気取ったり、あるいは「自分のキャラはよくあるメアリー・スーではない・自分はありふれたメアリー嗜好者ではない」などとアピールして特別な存在だと主張したがるのは余計な反感を招くことも多く、注意が必要である。

関連タグ

スタートレック オリジナルキャラクター 二次オリ
夢小説 夢漫画 夢絵 夢主 夢ヒロイン
厨設定 いらない子

pixivに投稿された作品 pixivで「メアリー・スー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 667921

コメント