ピクシブ百科事典

フューチャーカードバディファイト

ふゅーちゃーかーどばでぃふぁいと

「フューチャーカードバディファイト」とはブシロードから発売されたカードゲームおよびそれを元としたアニメ・漫画作品である
目次[非表示]

※本稿ではカードゲームについて記載。アニメ・漫画についてはバディファイトを参照。

概要

低年齢層向けのカードゲーム。
おもに「バディファイト」と省略して呼ばれる。
「モンスターと相棒(バディ)となる」「プレイヤー自身が戦闘に参加する」「初ターンで攻撃できる」など新しいシステムが多いのが特徴。

主なルール

プレイヤーにはゲーム開始時点で10点のライフがあり、モンスターやアイテムを使って相手のライフを0点にすることが勝利条件。
デッキは50枚以上(加えてフラッグカードとバディが必要である)で構築し、同じカードは4枚まで入れられる。

カードの種類

モンスター
プレイヤーと共に戦うカード。またそのうち1体を「バディモンスター」とすることができ、召喚の際1度のみライフを回復できる。(バディギフト)

アイテム
いわゆる武器のカード。装備することでプレイヤー自身が戦闘に参加することができる。

魔法
使い捨てのカード。

必殺技
特別な条件下でのみ使えるカード。その分強力な効果を発動する。
他のカードと違い横書きである。
また3期からはファイナルフェイズからコールし追加攻撃を行う必殺モンスターが登場。

フラッグ
自分のデッキのワールドを示すカード。

用語

サイズ
モンスターカードに記載されている。0〜3まで存在し合計3までモンスターを自分の場に召喚できる。

打撃力
モンスターカードとアイテムカードに白く記載された数字。この数だけ相手のライフを削ることができる。

攻撃力
モンスターカードとアイテムカードに赤く記載された数字。その名のとおり攻撃時のパワーをしめす。

防御力
モンスターカードに青く記載された数字。その名のとおり守備時のパワーをしめす。

ゲージ
強力なカードを使用する際に必要なコスト。ゲーム開始時点で2枚あり、毎ターンの最初に手札交換の形で1枚増やすことができる他、カードの効果でゲージの増加を行うことも可能。

≪レフト≫ ≪センター≫ ≪ライト≫
モンスターを置くエリア。センターにモンスターがいる場合、プレイヤーが相手から直接攻撃を受けることは基本的には無いが、自分の攻撃時にはアイテムを使用して攻撃できなくなる。

属性
全てのカードに存在する分類。

ワールド
カードが所属する異世界。詳しくは下記にて。

ワールドの種類

モンスターが住む異世界。≪ジェネリック≫と『角王』を除き、フラッグと異なるワールドのカードはデッキに入れてもいいが使うことはできない。

その名の通り竜のモンスターが所属する異世界。
イメージカラーは赤。
カードのデザインは炎。
アイテムカードは剣やナックル。
カードの特性としてはバランスがよく初心者向け。

凶暴で危険なモンスターが所属する異世界。
イメージカラーは黄色。
カードのデザインは黄色と黒の縞模様に鉄線やナット。
アイテムカードは槍。
アイテムや魔法カードは漢字表記。
ドラゴン同様初心者向けだがモンスターのパワーが高く、速攻に長ける。

魔法を使うモンスターが所属する異世界。
イメージカラーは青緑。
カードのデザインは魔方陣。
アイテムカードは杖。
モンスターのパワーが低い分強力な魔法カードが多い。

第2弾から収録されたクラン。和風な姿のモンスターが所属している。
イメージカラーは緑。
カードのデザインは巻物や武器。
アイテムカードは名前通り刀。
相手に合わせて発動するカウンター戦法を得意とする。

エクストラブースターから登場したクラン。
ドラゴンワールド同様ドラゴンの姿をしているが、神や伝説の存在となった強大な力を持つ。
能力が高い分リスクの大きいカードが多い。

第3弾から登場したクラン。
RPGのようなファンタジーな世界で一部登場人物がモンスターとして存在していることがある。
運の要素が強い戦法をとる。

アニメで先行登場し第4弾から収録されたクラン。プロモーションビデオでは「ミソロジーワールド」と紹介されていた。
神話に登場する怪物や武器そのものといったモンスターやアイテムが所属する。
アイテムに特化した戦法が得意。

第4弾から登場したクラン。
犠牲によるパワーアップや「潜影」で相手にダメージを与えるなど
ダメージを与えるのに特化している。
ダークネスの名の通り闇を意識したモンスターが所属する。

アニメ1期で先行登場したクラン。
当初はタコ助が所属するワールドとして名前だけが紹介されていたが35話にて使用者が登場した。
その名の通りアニメや特撮に登場するヒ-ローのような外見をしている。
モンスターをアイテムとして装備(変身や搭乗)する能力があり攻守共々バランスがいい。

アニメ2期で出た新フラッグ。
未来のドラゴンWであり、ネオドラゴンと竜装機を中心に戦うワールド。
ネオドラゴンに竜装機をソウルに入れる『星合体』(クロスナイズ)でネオドラゴンを強化する。
デザイン一つ一つがメカニカルなデザインになっており、シューティングゲームの機体に近い外見である。

どのフラッグでも使える特殊なクラン。
ロボット型モンスターやタロットモチーフのモンスターが所属する。
イメージカラーは白。
カードデザインは第1弾ではロゴが描かれたシンプルなもの。
第2弾以降は歯車。

特殊フラッグ

共通の属性や名称をもつカードならどのワールドのカードでもデッキに入れられるフラッグ。
一部はスタート時のライフやゲージの数が異なるものもある。

名前・属性に竜・ドラゴンと名のついているカードならどんなワールドでもデッキに入れられる特殊フラッグ。
ゲーム開始時ライフは12、ゲージは2枚、最初の手札は4枚になる。

アニメ3期で登場した特殊フラッグ。
上記のドラゴン・アインの強化版でゲーム開始時ライフは脅威の20。
その反面デッキにはモンスターカードしか入れることが出来ない。

アニメ3期で登場した特殊フラッグ。
他のフラッグと違いデッキに入れて使用する。

アニメ2期で登場した属性とフラッグ。
どんなワールドでもデッキに入れられる特殊フラッグ。
またどのワールドも属さず百鬼のみの属性を持つカードがある。
相手が特定の行動すると相手にダメージをあたえる「爆雷」が得意。
百鬼夜行のフラッグを出した場合百鬼の属性を持つモンスターなら
百鬼のモンスターは悪に堕ちたユニットが多く禍々しいデザインが多い。

アニメ3期で登場した特殊フラッグ。
天国属性のカードを使用できる。
ゲーム開始時ライフは12、ゲージは1枚となる。

アニメ3期で登場した特殊フラッグ。
地獄属性のカードを使用できる。
ゲーム開始時ライフは8、ゲージは4枚となる。

関連記事

ブシロード バディファイト カードファイト!!ヴァンガード

バディファイトご本人

pixivに投稿された作品 pixivで「フューチャーカードバディファイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1534480

コメント