ピクシブ百科事典

洗濯板

せんたくいた

洗濯をするときに汚れを落とすための道具。古来から使われてきたようなイメージがあるが、実際に広く使われるようになったのは19世紀から。
目次[非表示]

概要

衣類をこすりつけて汚れを落とすための凹凸が設けられた板で、自動洗濯機の出現によりほとんど用いられなくなったが、靴下などの汚れの酷い部分を下洗いするためなどに使われることがある。

昔から使われているようなイメージがあるが、歴史は意外と新しい。発祥は18世紀のヨーロッパとされている。
欧米で洗濯板が広く使われるようになったのは19世紀になってからと言われている。それまでは、の上に濡らした洗濯物を広げて「洗濯棒」と呼ばれるで叩いて汚れを落としていた。
日本には明治時代になってからヨーロッパから移入され、使用されるようになった。それまでは日本に類似の道具がなく、洗濯物を洗うにはで踏んだりで揉んだりしていたという。

比喩

その形状から痩せて肋骨の浮き出た、まな板越えのガリガリ胴体をそれに例えられることもしばしばある。
貧乳

あーやべー洗濯機こわれた。
センシティブな作品



楽器としての利用

金属で作られたものは、表面をこすったり、金属のマグカップシンバルなど叩けば音の出るものを結わえ付けて、打楽器として利用することがある。日本語ではこの用途のものを特にウォッシュボードと呼ぶ。

関連タグ

洗濯 洗う ぎざぎざ/ギザギザ たらい/
ぺったんこ 平面
ジャズ パーカッション

関連記事

親記事

洗濯 せんたく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「洗濯板」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 882349

コメント