ピクシブ百科事典

パーカッション

ぱーかっしょん

パーカッションは一言でいうと「打楽器パート」。
目次[非表示]

概要

 オーケストラ吹奏楽バンドなどにおいて打楽器担当する人物、またはチームパート
 このパートで主に使われる楽器としては、太鼓( ドラム )やシンバルマラカス木琴タンバリンなど、枚挙にキリが無い。そのためリストに関してはこちらを参照してください。

大会等

 吹奏楽や管弦楽等においてはこれらの担当するパートが重要な位置を占める曲も存在するものの、管楽器弦楽器、さらには鍵盤楽器などとは異なり、打楽器には音階を出すことができるものが少ないため( ティンパニスチールドラムは例外 )アンサンブルコンテストなどの大会が少なく、大会などでパーカッションパート単独で演奏をする機会はほぼないといってもよい。

バンドにおける役割

 ちなみにバンドにおいては基本的にドラムとしてリズムラインを担当しており、演奏基礎をつくる縁の下の力持ちであり、大切なパートでもある。

そのほか

 ちなみに人の声でこのパートを行うことをボイスパーカッションという。また、手や指、口など、体の一部から音を出すことによりこのパートを行うことをボディーパーカッションといい、その中にはケツドラムも含まれるかもしれない。

関連タグ

楽器 吹奏楽 バンド 打楽器 音楽

pixivに投稿された作品 pixivで「パーカッション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135202

コメント