ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

弦鳴楽器。

胴体に「」と呼ばれる糸状の構造物が張ってあり、弾いたり、擦ったりする事で振動させ、音を出す。通常は複数本が平行になるように張られている。

ほとんどの弦楽器には、弦の音を増幅するための「共鳴胴」と呼ばれる部分がある。

音程の調節は、弦を指で押さえる他、弦の張力を変える事で行う。鍵盤やそれに類する器具を用いる物もある。


奏法によって●擦弦楽器(さつげんがっき)、●撥弦楽器(はつげんがっき)、●打弦楽器(だげんがっき)の3種類に分類できる。


●擦弦楽器

弦を弓などで擦る事で音を出す弦楽器。

弓には馬の尻尾の毛に松脂をつけて摩擦を大きくしたもの、木の棒などがある。

擦り続ける事で音をサステイン(鳴り続ける)させるのが特徴。


バイオリン属

バイオリンヴァイオリン)、ビオラヴィオラ)、チェロセロ)、コントラバスダブルベース)の4種の弦楽器からなる楽器群の事。16世紀中ごろに現在の形が完成。演奏の際に弓を自由に動かせるよう、胴の中央に特徴的なくびれを有する。


弦は棹(ネック)先端の糸巻(ペグ)から緒止(テールピース)の間に張られ、上駒(ナット)と駒(ブリッジ)により指板から浮いている。

胴は左右にf字型の響孔(サウンドホール)が一対開けられたヘルムホルツ共鳴箱となっており、胴体内に設けられた魂柱(サウンドポスト)が駒を通って表板に達した振動を裏板に伝える。


弦は4本で、コントラバス以外は5度調弦。コントラバスは4度調弦。

指板上で左手の指先で押弦し、指板と駒の間で弦を弓で擦って音を出す。また曲によっては弦を右手の指ではじくピチカート奏法を用いる。


表板はトウヒ(スプルース)、胴と竿、駒は楓(メイプル)、指板と小物は黒檀(エボニー)という材の組み合わせが多くみられる。

チェロ二重奏初期アンサンブルさふぁいあちゃん

コントラバスはその特徴・起源からヴィオラ・ダ・ガンバ属とされる事もある。


ヴィオラ・ダ・ガンバ(ヴィオール)属

パルドゥシュトレブルアルトテノールバスコントラバスヴィローネ)などの弦楽器からなる6弦4度調弦の楽器群の事。


16世紀より用いられた古い楽器群だったが、音量が小さいため劇場での演奏に適さず廃れてしまい、コントラバスだけが生き残った。

バイオリン属より表板が薄く、弦の張力が弱い。響孔はC字型のものが多い。

胴の肩の線はなだらかに棹と繋がる。


その他の擦弦楽器

擦弦楽器は世界各地に見られる。

日本→ 胡弓

中国→ 二胡 革胡

モンゴル→ 馬頭琴モリンホール

トルコ→ カラデニズ・ケメンチェ

インド→ サーランギ エスラジ

ヨーロッパ→ ニッケルハルパ ハーディガーディ ヨウヒッコ グスレ

【ヘタリア】二胡とにーに修正しました〔二胡〕


●撥弦楽器

弦を指やピックなどで弾いて音を鳴らす弦楽器の事。

リュート属

棹(ネック)があって指板上で押弦し、弦が振動する長さを変える仕組みを持つ撥弦楽器のグループをリュート属と呼ぶ。

リュート系

共鳴胴の平らな表板上にブリッジがあり、表板に振動を伝える。背面は丸く湾曲している。響孔の形は様々。

中央アジアを起源とする。

ヨーロッパ→ リュート マンドリン マンドラ ブズーキ バラライカ

東アジア→ 琵琶 月琴

中近東→ ウード サズ セタール ドンブラ

琵琶と毛利萃香


ギター

8世紀にイスラム圏よりスペインに伝わったリュート属の楽器が、リズム主体の舞踊に合わせて改良され、14世紀頃からギターラと呼ばれるようになった。

弦は6本で、共鳴胴の表板上にブリッジがあり、表板に振動を伝える。

響孔は丸く大きな穴、F字型、C字型など様々。ネックにはフレットが施されている。

生音が小さいため、弦の振動を電気信号に変えて増幅するエレキギターが作られた。

ギター アコースティックギター エレキギター ベースギター

センシティブな作品ぶんぶん!とたけけ


バンジョー系

共鳴胴が革を張った太鼓になっており、棹(ネック)が貫通している。

音はアタックが強く、あまりサステインしない。

アメリカ→ バンジョー

アフリカ→ エコティン

東アジア→ 三味線 三線 三弦

モンゴル→ 火不思

0810イーヤーサーサー♪


その他のリュート属

ハワイ→ ウクレレ

南米→ チャランゴ

インド→ シタール ヴィーナ

中近東→ ラバーブ タール


ツィター属

ネックが無く、共鳴胴の表板上に弦が張り渡されている。

弦を指で押さえて調音するものと、琴柱(ことじ)とよばれる部品を移動させる事で調音するものとがある。

床やテーブル、などの上に置いて演奏するものが多い。

ヨーロッパ→ ツィターチター) グースリ カンテレ

東アジア→   トンコリ 大正琴 伽耶琴

東南アジア→ ダン・バウ カチャピ チェレンプン

第三の女箏曲部赤緋朱


ハープ属

共鳴胴と、共鳴胴上の柱(腕)の間に弦を張り渡した構造の撥弦楽器。

ヨーロッパ→ ハープ リラ竪琴

ビルマ→ サウン・ガウ

アフリカ→ コラ ニャティティ

雛っ☆


その他の撥弦楽器

チェンバロハープシコード


●打弦楽器

弦をハンマーマレットなどで叩いて音を出す。打楽器鍵盤楽器も参照。

ヨーロッパ→ ピアノ クラビコード ダルシマー

中国→ 楊琴

イラン→ サントゥール

ブラジル→ ビリンバウ


●その他

エオリアン・ハープ:ヨーロッパの弦楽器。細い隙間の空いた箱の中に複数本の弦を張ったもので、箱の隙間から吹き込む風で自然に弦が鳴る。


関連タグ

楽器 和楽器 


外部リンク

関連記事

親記事

楽器 がっき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 841768

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました