ピクシブ百科事典

ヴィオラ・ダ・ガンバ

ゔぃおらだがんば

ヴィオラ・ダ・ガンバとは16~18世紀ごろに使われた弦楽器である。

概要

ヴィオラ・ダ・ガンバとは16世紀から18世紀にかけて欧州で演奏された擦弦楽器である。
この名はイタリア語で「足(で支える)ビオラ」を意味しており足で胴を挟んで、または小さいものは膝に乗せて演奏した。

弦は基本的に6本。4度調弦で、ガットなどをネックに巻いてフレットとして利用していた。

フランス語での呼び名であるヴィオール属に属し、現在のコントラバスの基となったが、ヴィオラ・ダ・ガンバ自体はバロック時代の音の小ささから脱却できず次第に廃れていった。

関連記事

親記事

弦楽器 げんがっき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴィオラ・ダ・ガンバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123

コメント