ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

チェロ(Cello)とは、西洋音楽で使われるヴァイオリン属の擦弦楽器(弦楽器)の一つであり、低音部を受け持つ。
演奏時は、楽器本体を床に立て、演奏者は椅子に腰かけて演奏するのが一般的である。

音域は、バイオリン属(バイオリンヴィオラチェロ)とコントラバスの4種類の擦弦楽器のうちでは、チェロが最も広い。
通常はヘ音記号で指示される音域を演奏するが、ときにはハ音記号(一般にはヴィオラの音域)やト音記号(一般にはバイオリンの音域)で指示される音域までも演奏する事がある。

チェロを床に立てる事について

上記のように、チェロは床に立てて演奏するのが一般的であるが、このときチェロの本体と床とは接していない。
チェロに付属するエンドピンと呼ばれる金属棒を適当な長さに伸ばし、この先端を床に立てて、演奏者にとって弾きやすい位置に調節するのである。
このため、エンドピンの先端は、床に立てたときに楽器が滑らないようやすりなどで研いでとがらせる必要がある。
とがらせたものを床に挿して固定するわけである。

もっとも最近では、床を傷めないためとか、石材やタイルで張ってあるので最初からピンが刺さらない床も多いため、エンドピンの先端にラバーキャップをかぶせたり、裏に滑り止めのついたコースターのようなものを床に置いてその上にエンドピンを載せるといった工夫がなされる事も多い。

関連イラスト

オリジナル

ベルトランデ プルニエ
YOUTH
Cello
セロひきのゴーシュ
【オリジナル】チェロ_聖夜を奏でて
大提琴少女



版権

無伴奏チェロ
ジゼル
ハジ
Commission - Octavia
もう一度
エルキドゥ



関連動画

熊蜂の飛行(Flight of the Bumblebee)/リムスキー・コルサコフ


シシリエンヌ(Sicilienne)/ガブリエル・フォーレ


スペイン舞曲集 Op.23 第2番「サパデアード」/パブロ・デ・サラサーテ


世界の車窓から/溝口肇


メロディ(Melodie)/グルック


作業用BGM
Top 50 Best Classical Cello Music
Classical Cello Duets
100 Cello - Classical Music

チェロ講座
チェロ講座 Q & A 講師 倉田澄子【ダイジェスト】
倉田澄子 チェロ講座Ⅱ マスタークラス

チェロ奏者

国内

  • 柏木広樹
  • 倉田澄子
  • 鈴木秀美
  • 新倉瞳
  • 藤原真理
  • 分島花音
  • Mariko
  • 溝口肇
  • 宮田大
  • 古川展生


海外

  • アポカリプティカ
  • ヴィーラント・クイケン
  • ステファン・ハウザー(2CELLOS)
  • パブロ・カザルス
  • ミッシャ・マイスキー
  • ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ
  • ヨーヨー・マ
  • ルカ・スリック(2CELLOS)
  • ルドルフ・ワインスハイマー


架空のチェロ奏者


関連タグ

楽器 弦楽器 擦弦楽器   チェロケース
音楽 クラシック音楽 オーケストラ JAZZ 演奏
バイオリン / ヴァイオリン ヴィオラ コントラバス チェリスト
サイレント・チェロ リトルプリンセス

外部リンク

関連記事

親記事

弦楽器 げんがっき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「チェロ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「チェロ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1566867

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました