ピクシブ百科事典

セロ弾きのゴーシュ

せろひきのごーしゅ

宮沢賢治の童話作品。
目次[非表示]

概要

宮沢賢治童話の一つで、没後翌年に発表された。「セロ」とは「チェロ」のことで、賢治自身がチェロを練習していた経験から生み出された作品。
様々な映像化はされたが、1982年の高畑勲監督のアニメ映画が有名。

物語

主人公のゴーシュは街の活動写真舘の演奏楽団「金星音楽団」のチェロ係で、近く催される音楽会の練習をしていたが、下手な演奏にいつも楽長に厳しく叱られ落ち込んでいた。
自宅でも練習していたゴーシュだったが、そこへ毎晩色々な動物達が代わる代わる訪れては、色々な理由で演奏を求めてきた。最初は嫌がったゴーシュだったが、動物達との交流を経て、大切な心や自分の欠点に気付いていく。そしてついに、音楽会本番の日がやって来た。

登場人物

ゴーシュ : 卑屈な性格で最初のうちは粗野だったが、動物との触れ合いで成長していく。
三毛猫 : 勝手に上がりこんで、勝手にゴーシュの野菜を持ってきて、安眠の音楽を希望した生意気な猫。
カッコウ : ドレミファの練習のためにゴーシュの元に訪れたが、ゴーシュのプライドを傷つけてしまった。
子狸 : 小太鼓の練習のためにゴーシュに協力を求めたが、ゴーシュの演奏の欠点を見抜いて指摘した。
野鼠の親子 : ゴーシュの音楽で病気が治るという噂を聞いて子鼠を連れて現れた。

関連イラスト

セロ弾きのゴーシュ



関連タグ

宮沢賢治 童話 チェロ

pixivに投稿された作品 pixivで「セロ弾きのゴーシュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6826

コメント