ピクシブ百科事典

注文の多い料理店

ちゅうもんのおおいりょうりてん

宮沢賢治の童話。教科書に掲載される頻度も高く、知名度は宮沢賢治作品の中では高い。
目次[非表示]

概要

宮沢賢治童話作品。人類批判の物語となっている。この頃から賢治は仏教の影響で菜食主義に目覚めて動物性たんぱく質の摂取をやめており、食卓に供された生き物を見るたびに彼らを気の毒に思うようになったと残している。
しかし宮沢賢治が信仰した日蓮宗は肉食OKの宗派なので(今は末法だから戒律はオワコンという立場)、どこから入ったかは謎である。

賢治が生前出版した唯一の童話集の表題ともなっている。刊行当時はほとんど売れず、飲食店を流行らせる秘訣を書いた本と勘違いされることすらあったという。

あらすじ

イギリス風の身なりをした紳士2人は山奥に狩りに来たが、山鳥1匹狩れず、連れてきた猟犬2匹が死んでしまった。紳士2人は金銭の損失に不平不満を述べるのみで、猟犬の死を悼もうとはしなかった。
その上案内人とはぐれ森で迷っていると、西洋料理店山猫軒という店を見つける。ちょうど空腹を感じたところだった2人は店に入るが、客に対して次々と奇妙な注文が続いていく。2人は注文の内容に不審を抱きながらも都合よく解釈してそれに従っていくが、とんでもない秘密が待ち受けていた。
この西洋料理店は「お客の注文に応じて料理を出す店」ではなく、「店主である山猫がお客を料理して食べる為にお客に注文を出す店」だったのだ。
2人は「お気の毒でした」と書かれた最期の看板を見てようやくそれに気が付くが、既に出入り口は閉じられ、眼前の扉の先からは爛々と光る山猫の眼が見え、誘いの声が聞こえてきたので恐怖のあまり震えて泣き出してしまった。
突如、閉じられた出入り口を破って死んだはずの2匹の猟犬が乱入し、凄まじいうなり声をあげて眼前の扉の中に入って行った。扉の中で大暴れした猟犬が2人の前に戻って来た時にはいつの間にか店は消え、辺りの木々に着衣などが引っかかっていた。
その後ようやく現れた案内人の助けを借りて2人は宿に戻り、山鳥を買って東京に帰ったが、あまりの恐怖で紙のようにクシャクシャになった顔はニ度と元には戻らなかった。

pixivではネタ絵が多い。

フルコース
センシティブな作品




元ネタにした話が出てくる作品

話の知名度の高さゆえか、オマージュしたエピソードが出てくる作品も多い。

あはれ!名作くん:第35話『注文の多すぎる料理店』。主人公その友人が山猫軒ならぬ化け猫軒、という店を訪れるエピソード。
グランブルーファンタジー:『プリンセスコネクト!Re:DIVE』とのコラボイベント「蒼空の食卓を君と』。現在はサイドストーリー入りしている。
鬼灯の冷徹:『第48話 注文の多い地獄と犬猫の背比べ』。この話を知っている亡者が、然るべき案内と、展開で安心すると、という構造で登場。
ムカムカパラダイス:第26話『不思議なレストラン』。後日談的なエピソードとして第46話『ムカムカと山猫』がある。

関連タグ

宮沢賢治 童話

注文をまちがえる料理店:認知症患者の女性がホールスタッフとして勤務するレストラン。

外部リンク

注文の多い料理店 - Wikipedia

関連記事

親記事

宮沢賢治 みやざわけんじ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「注文の多い料理店」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「注文の多い料理店」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1895789

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました