ピクシブ百科事典

たぬき

哺乳綱ネコ目イヌ科タヌキ属に分類される動物。
目次[非表示]

概要

イヌ科哺乳類。 本来の生息地は日本列島を含む東アジアなのだが、タヌキのもふもふに惹かれた人間により持ち込まれたものがヨーロッパにも生息域を広げている。もともと飼育されていた物が、いわば「たぬ牧場」から逃げだし、野生化して「ウスリーラクーン」という名前でおもに東欧で棲息域を広げることになった。また、あまり寒すぎると「冬眠みたいな行動」をするそうな上、そういう習性が狂犬病ウィルスの醸成に役立つとかで、大変迷惑だそうである。

日本においては狡猾だがどこか間抜け・コミカルなイメージで描かれることが多い。 英名はラクーンドッグ。そのまんま「アライグマに似た」の意。森林に住む雑食性で、山林が近くにあれば都市部にも普通に出没する。夜行性で死んだふりをするため、「狸寝入り」という言葉ができた。
見た目によらず、のような鳴き声をあげる。


文化としてのタヌキ

日本の昔話童謡では当たり前のようによく登場する身近な動物で、例え話やことわざでもよく使われる。信楽焼の狸像や文福茶釜かちかち山は有名。また古くから日本では、狸はと共に変身や幻覚といった特殊能力(魔法)が使えると信じられてきた。詳しくは「化け狸」にて。

イラストとしてのタヌキ

赤い赤い 柿の実 赤い


イラストではヒトの容姿に狸様の耳と尻尾を付けたのみの高度に擬人化されたもの(いわゆるタヌキ耳)から写実的なものまでさまざま描かれる。
身近な存在であるがに比べるとイラストの対象としてはまだまだニッチな分野であり、いわゆるライバルと位置づけられる狐にもpixivにおいては投稿数で大きく水をあけられているのが実情である。
顔には目を縁取る黒い模様があるが、表情に影響するためか擬人化の際は省略されることも少なくないようである。
この他に狸を特徴付けるものとして丸い耳、丸く膨らんだ尻尾(縞模様が描かれる場合が多くある)、ぽっこりしたお腹がある。また、腹鼓やその音(ポン、ポコ)は狸を象徴するものになっている。アイテムとして「葉っぱ」を用いる例も多く見られ、このことは狐のイラストにも共通する。

イラストとしてのタヌキ【その2】

タヌキのイメージとして上記に耳が丸い、尻尾の縞模様等の特徴があると表記したが
このタヌキのイメージは実際には間違ったイメージだったりする。

本来のタヌキの特徴としては

  • 耳は尖っている。
  • 目の黒部分の中心は繋がっておらず、丁度分かれている。
  • 手足が黒っぽい。
  • 尻尾に縞模様は無い。(丸く膨らんでいるのは冬毛のせい)
  • 別に太ってるわけではない(太って見えるのは冬毛のせい、夏は犬と見間違う程)
  • オスのタヌキの「玉袋」は信楽焼のアレのようにそこまで大きくない。

ちなみに顔と尻尾の模様の間違ったイメージに該当する動物はタヌキとは別に存在しており
それはずばりアライグマである。(目の黒模様が繋がっており、尻尾に縞模様がある)
葉っぱ等は先人のイメージなので省くとしても、正しいタヌキをどうか忘れないでもらいたい。
タヌキの尻尾に縞模様は無いのだ。
タヌキの尻尾に縞模様は無いのだ。(大切な事なのでry

アライグマとタヌキ
区別


ちなみに…

紫狸


ドラえもんは狸ではなく、型ロボットである。

ホカホカ神姫


ポモックはタヌキ型ではなく、リス型神姫である。

ワンピース連載20周年の時に描いたチョッパーのイラストです。


チョッパーは狸屋(ロー談)ではなく、トナカイである。

狸そのものをモチーフとしたキャラクター

妖怪

言葉・熟語等

  • 証城寺の狸囃子
  • たんたんたぬき・・・実はこれ、「タバコ屋の娘」という歌の替え歌である。賛美歌の「まもなくかなたの」の替え歌であるという話は正確には間違い。

文学・落語・絵本・アニメ等

スーパー戦隊シリーズ

その他特撮

ゲーム

漫画

その他

狸要素をモチーフとしたキャラクター(化け狸・狸耳・人より等etc

文学・漫画・アニメ等

ゲーム

狸耳

狸の名前が入ってる、狸っぽい

その他

狸違う

キャラクターのモチーフとしての扱い

と比べてスマートさがないせいかあまり使わない者もいる。

関連イラスト

アイコン
具バス
たぬ公望
おかあさん、これ買って



関連タグ

表記揺れ

タヌキ たぬき

仲間

【実在の動物】
動物 哺乳類 食肉目 イヌ科
ケモノ アナグマ アライグマ ムジナ ハクビシン
 ※アナグマの別名、狸と混同されている。
山猫 ※中国語で「狸」は山猫のことである。 →仙狸

金玉
 八畳敷程に広がるとされる。リアル狸はイヌ科の特徴として比較的小さい。なぜでかいとされたかは、「表具師がを伸ばすときに狸の股間のレザーを使うためものもでかいとされた」説と、「インド妖怪クバンダ(睾丸が甕サイズとされる)が実在する動物ぽく文献に出てくるのでインド狸とされたらいつの間にかこう成った」説がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「狸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5555579

コメント