ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:野中藍(NEXON)/加藤里保菜(2〜)
演:加藤里保菜(舞台1〜)

日本では昔話の登場キャラクターなどで馴染み深いタヌキフレンズ

ファーのついた紺色セーラー服らしきを着ている。手袋タイツは先が黒く、タイツは太ももにかけて薄茶色の色にグラデーションしている。これは基の動物の足と同様である。外見はアライグマとよく似ている。

NEXONアプリ版

ネコ目イヌ科、タヌキ、です。
あ、あの、タヌキは決めた相手とずっと一緒に暮らす、の……。
あ、だから、その……私の言ってる意味、わかるかな?
わかる、よね?

タヌキの伝承にある変身能力を持っており、それを自身のアイデンティティと考えている。
「決めた相手とずっと一緒に暮らす」という一途な想いの持ち主で、プレイヤーにも好意的な意思を向けている。
さらに本編7章でマーゲイ主催のゲージツ祭に出展する習字にはプレイヤーの名前と共に「ただたいたたすたき」と書き込むといういじらしい一面も。
(タヌキ、すなわち『た』を抜いて読むと"だいすき"となる)

レアリティ☆1のピュア属性。
攻撃タイプは近距離型。
グループは無所属。
所有スキルは20秒間自分の攻撃速度が10%上がる「純情ぽんぽこ音頭」。

ようこそジャパリパークへ!

第13話にて初登場。
夢の中でジャパリ女学園の生徒になったミライに、忘れ物をしたのかと思って消しゴムを貸そうとしていたが、そこで夢が終わってしまう。
終盤に現実の方でも臨時でミライの手伝いに来る形で登場したが(何の手伝いなのかは不明)、夢の中とほぼ同じやり取りで彼女にメガネを渡していた。

けものフレンズ2

8話に登場。
クロヒョウチーターとは異なり、舞台版の役者(加藤里保菜)がそのままアニメ版の声優も務めている。
なお、当人にとってアニメのアフレコ収録は初めての経験であったとのこと。

PPPの新曲ライブの前座として披露される芝居の出演者を決めるオーディションに参加。
オーディションにおいては死んだふりを披露し、PPPからは一応の拍手を貰えたが、マーゲイは若干引き気味な反応だった。
オーディションに参加した理由は「限定のジャパリまんをもらえるから」であり、舞台版のタヌキと違ってアイドルにはあまり興味がない模様(ちなみに、他にオーディションを受けていたパフィントキも同じ理由で参加していた)。舞台版のようにイワビーと面識を持っている様子も見られない。
その後はパフィンと一緒に新曲ライブの観客として少しだけ登場している。

実は9話にも登場。
台詞は特にないが、サーバルカラカルキュルルの落としたスケッチブックを発見した際の一瞬だけ、画面の右端でパフィンと一緒に画面外へ歩いていく姿が確認できる。

コミカライズ版

15話で初登場。アニメ版と同様にPPPサポートメンバーのオーディションに参加していたが、「合格……絶対……」と、やや思い詰めた表情でブツブツつぶやいており、真剣にメンバー入りを目指していたようだ。
最初は緊張した面持ちだったが、オーディションではPPPのダンスを「完コピ」していた模様。最終決戦では、戦闘が苦手なため当初はホテル内に避難していたが、増援到着後は、イエイヌ達と共にフレンズ型セルリアンを威嚇・牽制。
ラストのライブでは、(描写は小さかったが)無事にサポートメンバー入りしてバックで踊るなど、コミカライズ版で活躍が大きく増えたフレンズとなった。

舞台1期

たぬぽん
タヌキ



デザインに大きな変更はないが、アプリ版と比較すると髪色が僅かに黄色掛かっている。
NEXON時代同様に変身能力を持っており、お腹を叩いて音を鳴らせる。

アイドル好きで、PPPライブの常連でもある。
PPPに対抗するアイドルグループ「サバンナガールズ」を結成しようとサーバルオカピクロヒョウがメンバー探しをしているのを聞きつけ、自分がアイドルになれるチャンスだと思いメンバー加入を申し入れるが、「サバンナ感がない」という理由で断られてしまうが……
クロやんことクロヒョウとの腐れ縁とも言える関係はここから長く続く事となる。

ゆきふるよるのけものたち

元々引っ込み思案な性格であったが、舞台第一弾での出来事で自信がついたのか、チャラくなったり訛ってみたりと、新しいキャラクター開拓を試みているようだ。
クロやんとの漫才じみた掛け合いは必見。

おおきなみみとちいさなきせき

オカピ、クロヒョウと共に引き続き登場を果たす。
キャラ開拓をし続けた結果、あざとさが大盛りになってしまい、周囲からウザがられている。
本作ではキンシコウという後輩ができており、茨城訛りの暴言であれこれこき使っている模様(そしてキンシコウの方が可愛いのであざとさアピールをしてもスルーされる)。
さらにはどうにかして人気を獲得しようと四苦八苦した結果、ジャパリまんを両胸に当てるというお下品なネタにまで走るという暴挙にまで出てしまった。もういい……もういいだろ!!

けものフレンズぱびりおん

2018年12月から観察可能になった。
主な活動時間は夜で、こうざんエリアで出会いやすい。

性格はNEXON時代のそれに近く、臆病かつ引っ込み思案。
他媒体とは異なり変身能力は持っておらず、本人もあまり理解していない。

珍しい行動は「ポンポコポン♪」。「ぽんぽこ太鼓」で披露する。
手に持った太鼓を昔話のタヌキよろしく軽快に打ち鳴らす。

けものフレンズFESTIVAL

ユニットとして実装されているが、現時点でストーリーには絡んでいない。

ゲーム内では期間限定イベント「迎春!おきつねみくじ!」の初級及び中級ステージのクリア報酬として低確率でドロップする他、累計ポイント報酬としても入手できた。
レアリティ☆3で、動物グループは赤。
得意地形は森林・夜、苦手地形は海洋。
けもパワーは味方のぼうぎょを2ターン小アップ。
所有わざは3ターンの間味方全員のはやさをアップする「ぽんぽこぽんぽん!」。

けものフレンズピクロス

ピクロスでは、34問目に登場。問題サイズは10×10。
メガピクロスでは、21問目に登場。問題サイズは10×10。

けものフレンズ3

アプリ版

本作では「ガイド見習い」としてパークの事を勉強している。その理由は、あるヒトの役に立ちたいという内に秘めた一途な思いからくるもののようで……
NEXON時代同様に変身能力も有しており、戦闘にもこの力が活かされている。

シナリオ内ではアライさん隊長日誌3章に登場。
カンザシフウチョウに化けていた所をアライさん達と遭遇し、足止めをしたお詫びとして道案内という名目で一行としばらく行動を共にする。
その後、一行に一時的に加わったアメリカレアやフウチョウコンビらと共に水辺で出会ったセルリアンを撃退した後、次の目的地をどうするか困っていたアライさん一行に警備隊の元へ向かう事を提案する。

その後、メインシナリオ7章にも登場。
ガイド見習いの勉強としてホッカイチホーに来ていた所を、白セルリアン駆除作戦への参加を呼びかけられ、前衛メンバーとして戦闘に参加する。

ゲーム内ではアライさん隊長日誌3章公開記念として、カタカケフウチョウと共に登場した。
初期けも級は☆4。属性はフレンドリー。

とくせい寝入りません!すやすや耐性(高)増加+たいりょく30%以外時、20%回復
キセキとくせい想いをカタチに与ダメージ10%増加&くらくら状態の敵に与ダメージ30%増加
たいきスキルタヌキ寝入り2ターン敵に狙われにくくなり、与ダメージ20%増加&MP20増加
とくいわざバチバチ太鼓敵全体に29%×4のダメージ+対象がリラックス属性の場合、低確率で1ターンくらくら状態
けものミラクルぽんぽこ茶釜アタック!敵単体に大ダメージ

アーケード版

以下のスキルカードに描かれていたが、サービス終了までにユニット実装される事はなかった。

  • 今日も楽しかったね
  • とろっこ

コラボレーション

テイルズウィーバー

本人は直接登場していないが、彼女の身に付けている手袋が手装備の防具として入手できた。

関連イラスト

なんか違うのだ⁈
名探偵アミメキリンの事件ファイル アライグマ編(前編)


アライタヌキ
しまった!うどん


二次創作においては主要キャラのアライさんとの絡みが多い(アライグマとフェネックのコンビ自体、の隠喩であろう)。
最もタヌキはイヌ科、アライグマはアライグマ科であり、キツネオオカミの方がよっぽど狸に近い生き物である。

関連タグ

けものフレンズ タヌキのフレンズ
アライグマ(けものフレンズ)

関連記事

親記事

タヌキのフレンズ たぬきのふれんず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「タヌキ(けものフレンズ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「タヌキ(けものフレンズ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2542258

コメント