ピクシブ百科事典

アライグマ(けものフレンズ)

あらいぐま

『けものフレンズ』に登場するフレンズの一人なのだ。
目次[非表示]

概要

CV:大空直美(NEXONアプリ版)/小野早稀(アニメ版、GOODROIDアプリ版)

ネコ目アライグマ科アライグマ属アライグマフレンズ
一人称(および愛称)は「アライさん」。

各メディアによって設定は若干異なるが、コミック版以外では
・語尾に「~のだ/~なのだ」と付けて喋る
フェネックと連れ添って行動する(→ばすてきコンビ)
という点は共通している。

なお、その自称から間違っても某野球選手その弟を混同してはならない。

NEXONアプリ版

アライさんはアライグマの名の通り、手を洗っているように見えて……本当は川の中を探っているのだー!
アライさんは手で感じるものを信じるのだ。
だから、お前もアライさんの信じる手を信じろなのだ!
さあ、一緒に一山当てに行くのだー!

ステータス画面の本人の発言において、アライグマの川で物を洗うような仕草は実は「川を探っている」ことが説明され、自身の手の感覚を頼りにお宝を探し当てようとする冒険家(野心家?)精神溢れるキャラクターとなっている。

ストーリー第2章からフェネックと共に登場。
サーバルそっくりのセルリアンセーバル」の存在を知った主人公一行は、彼女の分析結果を管理センターに送り、その後センターから“フレンズ型のセルリアン”の捕獲依頼がパーク内に発信される。

アライさんはその発信された依頼を察知し「とうとうアライさんの時代がやって来るのだっ!」と欣喜雀躍し、自らそのセルリアンを捕獲せしめんと名乗りを上げる。目撃者からターゲットの情報を集め、「大きな耳」「ネコ科」など徐々にその全貌に近付くが、その最中に肝心の「セルリアン」と言う情報が抜け落ちてしまい、結果的に本物のサーバルを追いかけ回すことになる(フェネックは気付いていたが、勘違いする彼女が可愛いから黙って見守っていた)。

以降、主人公一行のゆく先々でたびたび登場して立ちはだかるが、何かと間抜けな失敗をして対戦することもなく退場するという流れが定着化し、作中のコメディリリーフを担うことになる。カラカルからは「流しの芸人」呼ばわりされてしまった。

しかし、その度量の大きさは他のフレンズを感心させるものがあり、物語中盤で誤解が解けた際には、サーバルたちを襲うセルリアンの軍団を引き受け彼女たちを逃がしている。
終盤では、森林公園の巨大セルリアンの討伐を請負い、その中で、態度に出さずとも不安を感じるフェネックの内情を理解するとともに「どんな大変なことになったって、アライさんが絶対に全部まるごとなんとかしてやるのだ」と力強く説き伏せる。その言葉にはフェネックも感じ入り「かなわないなー」と呟いている。

ギャグ世界の住人とメタ発言される通り、セルリアンの攻撃で空高く吹っ飛ばされたり、(フェネックに言いくるめられて)彼女を背負いながら泳いだせいで溺れたりなど、割とシャレにならない退場の仕方をしているにも関わらず、次のシーンにはほぼ無傷で生還するなど心身ともに逞しい存在。巨大セルリアンとの戦いではこうした体質が顕著に活かされ、単身による捨て身のタックルでセルリアンをアスレチックから追い出した。

また、酔っ払うと笑い上戸ならぬ「洗い上戸」になるらしく、酔っ払う効能の温泉に入った際には最終的にフェネックの制止も聞かず彼女の「そんなところ」まで洗い始めてしまった。

ゲーム内における性能はレアリティ☆2、属性がパッション、攻撃タイプが近距離型と、フェネックとタイプ構成が同じ(ただし体格はフェネックよりも一段階小さいSサイズ)。
所有スキルは20秒間4秒毎に自身のHPを攻撃力の30%分回復する「マジカルウォーターハンド」。

アニメ版

第1話のCパートからやはりフェネックとともに登場し、以降も各話にて彼女たちのパートが挿入されている。

性格はアプリ版とほぼ同じで、経緯は不明だがかばんの被っている帽子を捜索しており、自身の嗅覚とフレンズからの目撃情報を頼りに、かばんこと「帽子泥棒」たちの通った道を辿るように行方を追っている。マイペースなフェネックとは対称的に「これ以上逃げられたら、パークの危機なのだー!」とかなり焦っている。
(元々の気質か)とてもせっかちで他人の話をよく聞かない節があり、勘違いから余計な遠回りをしてしまうこともしばしば。また行く先々で、かばんが出会ったフレンズから彼女たちの話を聞かされるが、どうやら自身の追う帽子泥棒(仮)とかばんが同一人物であるとは気付いていないらしく、頻繁に名前を耳にし、尚且つ各所でフレンズの手助けをしている(時には自身も危機を救われている)「かばんさん」を尊敬するようになる。

こうした抜けた面が目立つ一方で、かばん一行のようなバスなどの移動手段を用いずに長い道のりと艱難辛苦を経て(最終的に)彼女たちに追いつくというその根性は凄まじく、博士からも辛辣な言葉を用いられつつ率直に評価されている。その評価もあって、後日とある一件を任されることになる

また、その帽子があるとラッキービーストと会話が出来ることや、そのときに聞かされた「フレンズにとって大事なもの(≒お宝と解釈?)」の存在についてなど、本作におけるいくつかの謎について知っている節があり、各話でその経緯が徐々に明かされていく。更には、かばんの帽子に付いた「青い羽根」によく似た「赤い羽根」を所有していることも明らかになった。そして...

因みに彼女とフェネック、そしてサーバルの三名は「どうぶつビスケッツ」というユニット名で本作のOPテーマ『ようこそジャパリパークへ』を歌っている。

コミック版

12話と18話に登場し、どちらのその話の主役。
個性全開だったアプリ&アニメ版とは異なり、口調も性格も普通な没個性的な少女となっている。
初登場の12話はアライグマであることに飽きたから生まれ変わって新しい人生を歩みたいという理由で菜々1兆円を要求して困らせていた(菜々は「そういうことは私じゃなくて神様にお願いしてください」と返した)。
その後色々なフレンズに会い、変わり者ばかりのアニマルガール達の中で自分が唯一まともであり自分自身でいることが幸せであると気づくが、「他の娘になりたい」と思ったのは自分自身が不満であったためだと結局振り出しに戻ってしまった。
18話ではジャパリパークの園長になるという夢ができ、それを叶えるためにとフレンズの観光大使に立候補する。
アライグマ以外に唯一の立候補者であったクジャクとスピーチで対決をするが、202票の内200票がクジャク、2票がアライグマと100倍の差をつけられて完敗した(ちなりにアライグマの2票はアライグマ本人とスピーチに感動したクジャクの票)。

ブシモアプリ版

初期から観察可能なフレンズの一人。主な活動時間は夜だが、昼でも割と簡単に出会える(これは一部除き他の初期から登場しているフレンズ達も同様)。
こちらでもフェネックと行動を共にしており、あちこちで突っ走っては痛い目に遭うのも相変わらず。
しかし、彼女の何気ない一言が他のフレンズ達の悩みの解決の糸口になるなど、なかなか侮れないものがある。

珍しい行動は二種類あり、以下の通り。

  • タライで洗う……「タライ」で披露。水が溜まったタライで布をゴシゴシ洗うが、強く洗い過ぎたのか布がボロボロになってしまう。
  • すりすり……「洗面器」で披露。手をこすり合せる。一部からは無を洗うと称される事も。

GOODROIDアプリ版

公式Twitterにおける事前登録限定ストーリーの3話にフェネックと共に登場。
海から船を漕いでジャパリまつりに参加しようとしていたが、船が岩に乗り上げてしまう。
その後はフェネックの説得も虚しく、パニックに陥っていた。

ゲーム内ではナレーションとしてボイスが実装されている数少ないキャラクター。
ストーリー本編初登場した時は既にりうきうエリアにフェネックと共に辿り着いており、ジャパリまつりで実力を伸ばしつつあるサーバル達と勝負するべく彼女らを探し回る。
が、ようやく見つけたサーバルとけもくらべをするつもりがアラスカラッコの貝をどちらが先に割れるかという勝負になったり、それに負けると貝割りの修行に行ってしまったりと明後日の方向に突っ走るスタイルは相変わらず。

ゲーム内性能はレアリティ☆3で、動物グループは赤。
得意地形は森林・夜、苦手地形は雪原。
所有わざは相手のわざ発動を2ターン遅らせる「あわてんぼダッシュ」。

コラボレーション

コトダマン

属性
種族
レアリティ☆6(進化後)
文字あ、ぁ
わざバタバタ
わざ効果敵単体に強力な闇属性攻撃
すごわざジタバタ
すごわざ効果敵単体に超絶強力な闇属性攻撃
リーダーとくせい獣種族被ダメージ大きく軽減・HP40%・ATK150%UP(進化後)
とくせいトゲガード
追加とくせい獣種族×40ATKUP


『けものフレンズ2』の制作決定を記念したコラボイベントにて登場。
期間限定のコラボしょうかんより入手できる。
イベントストーリーではフェネックと何か探し物をしていた所をPPPの新メンバー募集オーディションに成り行きで二人揃って参加する事に。

(真面目な)余談

アライさんの影響でモデルとなったアライグマに興味を持つ事もあるが、だからといって自ら飼育する事だけは絶対しない事。
何故なら『あらいぐまラスカル』の影響で大量に飼育されたアライグマが、棄てられ野生化し農作物等に甚大な被害を与えるようになった結果、日本政府がアライグマを2005年に施行された『外来生物法』により害獣指定した事によって、研究目的等以外での飼育や捕獲・移動や駆除目的等で殺害する事が禁止されたからである。
違反者には罰金が課せられ、悪質な場合は加えて刑務所暮らしをする羽目になるので絶対に飼わない事を肝に銘じておくべし。

関連イラスト

アライさんに、お任せなのだー!
あら^~いさん
けものフレンズ アナログラクガキ


アライさんのそっくりさんなのだ

 なりきり選手権
名探偵アミメキリンの事件ファイル アライグマ編(後編)


タヌキニホンアナグマ
※アプリ版での二ホンアナグマは"タヌキに間違われる"事を気にしている。

関連タグ

けものフレンズ アライグマ
25番というフレンズ ツライさん うどん(けものフレンズ)
なのだ

コンビ・カップリングタグ

ばすてきコンビ/フェネアラアラフェネ……フェネックと。
どうぶつビスケッツ……フェネック、サーバルと。

表記ゆれ

アライさん アライさん(けものフレンズ)

以下アニメ版のネタバレにつき閲覧注意!






























かばんたちが長らく「ろっじ」に滞在していたこともあってか、第11話にてようやく二人に追いつき、サンドスターのある火山の山頂に辿り着いたかばんを背後から襲撃して帽子を強奪する(同時に、所持していた羽根飾りを帽子に付け直した)。

かばんのことを泥棒と信じて疑わないアライさんと、かばんが泥棒ではないと主張するサーバルは口論を始めるが、その様子を傍観していたフェネックは、かばんと帽子泥棒(仮)が同一人物であることを察する。そして、これまで彼女に助けられたフレンズの話とアライさんの日頃早とちりする癖を鑑みて、「かばんさんがそんなこと(泥棒)をするわけがない」と結論付けてアライさんを諭した。アライさんも反論の余地なく、渋々ながらもかばんに帽子を返却すると共に突然の非礼を謝罪し、両者は和解した。

その後すぐにラッキービーストの記録が再生され、結果的に当初の目的だった「お宝(四神)」の位置を知ることが出来、同時にかばんに対する誤解も払拭される。以降は麓に現れた巨大セルリアンの肥大化を止めるべく4人で協力して四神を立て直し、火口から発生するサンドスター・ローのフィルターを復活させる。その後は下山してセルリアンハンターたちと合流し、セルリアンを倒すための一大作戦に参加する。様々なプランを考案するかばんに感心し、「流石はかばんさん!」と度々賞賛している。

事件解決後に明かされた事実によれば、実はかばんがフレンズ化した現場に立ち会っていたことが発覚(本人は気付かなかったが)。パークガイドの帽子を発見したアライさんは、その羽根飾りにより再生されるラッキービーストの話(記録)を聴いていたが、その最中に起こった火山の噴火で帽子が飛ばされ、拾おうとした矢先にサンドスターの欠片が帽子に命中。帽子に付着していた髪の毛からかばんが誕生したが、アライさんは驚いた拍子に崖から転落してしまった。
結果、アライさんは帽子とともに姿を消したかばんを「パークの貴重な宝を狙う帽子泥棒」と思い込んでしまったのだった。

なお元々の帽子の持ち主はラッキービーストの声の主でもあるミライである可能性が濃厚である(最後の記録の中で彼女の帽子が風にさらわれてしまう場面がある)。

pixivに投稿された作品 pixivで「アライグマ(けものフレンズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26316096

コメント