ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ヤッホー!みんな元気?「サーバル」って「猟犬」っていう意味なんだよ。
ネコ科なのになんでだろう?
よく「ドジッ娘」とか「トラブルメーカー」って言われるけど、そんなことないもん!
みんなを笑顔にするのが、私の使命。今日も元気いっぱい頑張るよー!
(けものフレンズプロジェクト けもフレ図鑑より)

概要

CV:野中藍(NEXONアプリ版)/尾崎由香(1期アニメ版〜)
演:尾崎由香(舞台版)

ネコ目ネコ科レプタイルルス属サーバル(別名サーバルキャット)のフレンズ(アニマルガール)。
けものフレンズ』プロジェクトにおける“看板(メインマスコット)”ともいえるキャラクターであり、メディアミックスである本作の各メディアにおいても概ね主要人物として登場している。

髪はブロンドのボブカットで、額よりやや上の前髪の一部が「M」のような茶黒に変色している。サーバルの特徴でもある垂直に伸びた大きな耳と(人間の耳も付いているので4つ耳である)、縞模様の短い尻尾が生えている。衣装は白のノースリーブシャツに加え、サーバルの体毛をおもわせる蝶結びのスカーフ、スカート、オペラグローブ、ニーソックスを着用している。

NEXONアプリ版

ストーリー開始時のチュートリアルシナリオから登場。
パークガイドのミライに案内されて「ジャパリパーク」に上陸した主人公(プレイヤー)の前に、モンスター(セルリアン)に追われ逃げていた彼女が助けを求めて現れる。しかし、主人公の持っていたお守りの光で不思議と力が湧き、偶然通りかかったヒグマと協力してセルリアンを撃破。以降は二人と共に行動する。(ただしヒグマはスポット参戦)

基本的には明るくお調子者でお人好しで社交的な性格。ビデオゲームとかが好き。
深く考えずに突っ走る癖があり、そのためよく失敗をする。また率先して行うことも「何故か」失敗してしまうため、パーク中から「ドジっ子」「トラブルメーカー」と認知されている。だが底抜けに明るく前向きなため、基本的にめげない鋼の精神の持ち主。ただし「トラブルメーカー」として扱われることは遺憾だと感じている。
同じサバンナチホーで暮らすカラカルとは親友である。

かつて「特別な輝き」を宿したことがあり、その輝きをセルリアンに奪われ利用されたのがメインストーリーの事件の始まりとされている。

ゲーム内ではチュートリアルから仲間になる初期キャラ。
性能はレアリティ☆3のパッション属性で、攻撃タイプは近距離型。
グループはにゃんにゃんファミリーに属する。
所有スキルは先頭の敵1体に攻撃力の5倍のダメージを与える「烈風のサバンナクロー」。

1期アニメ版

主人公・かばんの旅のパートナーであり、本作のもう一人の主人公
基本的には前述のけもフレ図鑑の内容にそった性格だが(舞台設定上)人間社会の文化には疎い。
※ 詳細は別記事「サーバルちゃん」を参照。

なお、アニメ作中における一部の描写から、本作のサーバル(および他のフレンズ)はアプリ版とは別の存在であることが示唆されている。第10話ではラッキービーストの映し出すホログラム映像にてアプリ版と同じ野中藍の演じるサーバルが登場している(同話で野中氏はアミメキリン役も担当した)。

2期アニメ版

主人公・キュルルの旅のパートナーであり、カラカルと共に主役の一人を務める。
性格は前作(1期アニメ版)のサーバルをほぼ踏襲しているものの、前作のサーバルと同じ存在であるかは現状不明。
※ 詳細は別記事「サーバルちゃん」を参照。

舞台版

1期舞台版・2期舞台版ともに登場。2期舞台版においては、サーバルが出演する回のみ登場する。
性格は基本的にアニメ版のサーバルを踏襲している。ギャグ色がやや強くなっており時々空気の読めないところもあるが、自慢のお人好しさや前向きさは健在。
出演者はアニメ版同様に尾崎由香が務めるが、アニメ版サーバルとの直接の繋がりはなく、パラレル設定となっている。
ある日、サンドスターから生まれたばかりのオカピに偶然出会い、一緒にPPPのライブを見ることでアイドルに興味を持ち、やがてフレンズで結成されたアイドルグループ「サバンナガールズ」を結成していくことになる。

コミック版

第1話からキタキツネと共に登場。性格は他のメディアと同様に人懐っこく天真爛漫だが、人間社会にかなり順応している(これはコミック版のフレンズ全般に言える事だが)。「好きな言葉はゲーム、特技はゲーム」との事。
身体能力の高さが強調されており、体力測定では1km(フレンズにとっては短距離走)を推定34秒で走破し、300kgの岩を軽々持ち上げ16mも投げ飛ばしてのけた。ミライ曰く、これらスケールの大きな体力測定メニューは「フレンズ標準」との事。可愛くてもやはり人間とは一線を画する存在という事なのだろう。

ブシモアプリ版

第?世代

チュートリアルで一番最初に出会えるフレンズ。
それ以降は夜に出会いやすくなるが、昼間でも割と高い頻度で出会える(ただし、みずべエリアでは出現率がかなり低くなる模様)。
けもトーク内容によると、アニメ版同様に他のフレンズからはトラブルメーカーとして名前が知れ渡っている模様。
また、カラカルからは「からかい甲斐がある」という理由からよくちょっかいをかけられているが、それはドジばかり踏むサーバルを心配している事の裏返しの模様。

作中での描写などを見る限り、本作は少なくともアニメ版以降の時間軸にあるようだが、かばんちゃんと旅をしたサーバルと同一人物なのかは不明(仮に同一人物だとしたらいくつかの矛盾が生じる事になる)。

なお、作中で見せてくれる珍しい行動は現時点でも最多の三種類。

  • サーバルジャンプ……「手まり」で披露。手まりに飛びかかってじゃれつく。
  • ねこパンチ……「ネズミのおもちゃ」で披露。おもちゃにパンチを連続でぶつける。
  • 金のねこパンチ……「金のネズミのおもちゃ」で披露。動きはねこパンチと同じ。

第2世代

第2世代のエリアで観察可能なフレンズの一人。
作中における言動やトラブルメーカーとして有名な点などから、NEXON時代におけるサーバルと同一人物である事が示唆されている。
カラカルともよく一緒にいて、トラブルを起こしがちな事もあってしょっちゅう世話を焼かれている。

珍しい行動は「烈風のポンポンパンチ」。「ポンポンツリー」で披露する。
動きは第?世代のねこパンチと同じだが、表情など細かい箇所に微妙な違いがある。

GOODROIDアプリ版

事前登録限定ストーリーでは4話に登場。
ジャパリまつりに参加しようとしていた所をゴルゴプスカバと出会い、過去にサーバルはけもくらべでハシブトガラスと勝負をして苦戦した末に負けている事を話していた。

ゲーム本編ではタイトルロゴをPPPシーサー達と共に飾っている他、メインストーリーでも主役級の扱いとなっている。
また、(アナウンスという形でだが)作中でCVが実装されている数少ないキャラでもある。
ログインボーナスをプレイヤーに渡してくれる役割も担う。

性格は他媒体同様に明るいドジっ子。しかし、りうきうエリア内に存在するとされるさばんなを縄張りにしている事から、本作の彼女も他媒体に登場した個体とは別の存在である可能性が示唆されている。
序盤で行動を共にするようになるアードウルフとはアニメにおけるかばんちゃんとの関係に近いものとなっている。

限定バージョンについてはサマーサーバルを参照。

ゲーム内では最初から入手しているユニットの一人。
レアリティ☆2で、動物グループは橙。
得意地形は平原・夜、苦手地形は雪原。
けもパワーは青グループのフレンズに与えるダメージアップ。
所有わざは敵に中ダメージを与える「みゃみゃみゃパンチ」。

セガゲーム版

JAEPO2019にて実施されたアーケード版の先行テストプレイで、ユニットとして先行使用できた。
ゲーム内のけものミラクルでは「ハイハーイ!ジャンプクロー」という引っ掻き技を披露している。

コラボレーション

WIXOSS

NEXON版アプリが配信中だった2016年8月にキタキツネと共にシグニとして登場した。カード原画はキャラクター原案の吉崎観音が描いており、箔押しサインのシークレットもある。
アプリ版の設定に準拠。シークレットではアプリ内で得られる時計をつけている。
2017年3月には収録弾の簡体字中文版が発売されたが、権利上の問題で現地のイラストレーターが新規に描き起こしたオリジナルのイラストに差し替えられている。
カードテキスト等の詳細は以下の通り。

  • カード名:幻獣 サーバル
  • 色:緑
  • カードタイプ:シグニ
  • クラス:精生:地獣
  • レベル:3
  • パワー:8000
  • 常:対戦相手のルリグがレベル4以上であるかぎり、このシグニは【ランサー】を得る。
  • 常:このシグニがアタックしたとき、対戦相手のルリグがレベル5の場合、あなたの手札から<空獣>または<地獣>のシグニを1枚捨ててもよい。そうした場合、このシグニをアップする。この効果は1ターンに一度しか発動しない。
  • ライフバースト:カードを1枚引く。

コトダマン

属性
種族
レアリティ☆6(進化後)
文字さ、ざ
わざ狩りごっこ
わざ効果敵単体に強力な光属性攻撃
すごわざひっかき
すごわざ効果敵単体に超絶強力な光属性攻撃
リーダーとくせい獣種族被ダメージ大きく軽減・HP40%・ATK150%UP
とくせいシールドブレイカー
追加とくせいHP30%以下時ATK100%UP


『けものフレンズ2』の制作決定を記念したコラボイベントにて登場。
期間限定のコラボしょうかんより入手できる。
追加特性によって火事場のクソ力が発揮されるため、ピンチをチャンスに変える事が可能。
シールドブレイカー持ちなのでヘラジカの降臨クエストとは非常に相性がいい。

イベントストーリーではプリンセスの提案で開催されたPPPの新メンバー募集オーディションに参加したフレンズの一人として登場。

カスタムキャスト

けものフレンズ2とのコラボイベントとして、サーバルとカラカルのなりきりアバターパーツセットが期間限定の有料DLCとして販売された。

セガNET麻雀

けものフレンズ2とのコラボイベント「けものフレンズ2 CUP」の試合参加特典としてゲットできるボイス付キャラクターとして登場。

チェインクロニクル

  • レアリティ:★★★★★SSR
  • 職業:Friends(戦士)
  • 所属:旅人
  • 武器タイプ:拳
  • アビリティ1:サーバルのフレンズ

◆地形が夜の時、味方全体の攻撃力と防御力と移動速度UP
◆敵を倒した時に一定確率でマナを獲得。必殺技で倒すと獲得しやすくなる。地形が夜の時だとさらに効果UP

  • アビリティ2:かけっこ
◆攻撃力・防御力・移動速度UP、HPが徐々に回復
◆一定距離を移動する度に一定時間攻撃力・移動速度・クリティカル発生率UP。移動し続けると効果延長
◆戦場にいる<旅人/ケ者の大陸>所属ユニットの攻撃力・防御力UP、一定確率で通常攻撃とクリティカル攻撃にダウン付与
  • パーティーアビリティ
◆戦場に自身以外の<戦士>の味方がいると自身の攻撃力・防御力UP、HPが徐々に回復
  • 絆アビリティ:夜行性
◆地形が夜の時、攻撃力と防御力UP
  • スキル1:狩りごっこ
◆地形を一定時間夜に変更する
  • スキル2:みゃみゃみゃパンチ
◆地形が夜の時、接触している全ての敵に8回ダメージ+小ダメージを与え弾き飛ばし、その後最もHPが高い敵まで移動して接触している全ての敵に8回ダメージ+小ダメージを与え弾き飛ばし
  • その他
◆パーティーのリーダーもしくは1stに設定するとバトルBGMが変更される

けものフレンズ2とのコラボイベントにて戦士タイプのユニットとしてゲスト参戦。期間限定のスカウトから入手できた。
イベントストーリーではユグド側で発生したトラブルにより空に発生した次元の穴から落ちかけていたユギギを助けようとした所をカラカル達と共に吸い込まれ、ユグドからジャパリパークへと帰還すべくケ者大陸のメンバー達と奮闘する。
持ち前の明るさでユグド側のメンバーとも仲良くなり、カラカルと共に前線で戦う。

デスティニーチャイルド

属性
ロール攻撃型
リーダーバフ木属性の味方のクリティカル発生率上昇
通常攻撃木の一撃(対象に通常ダメージ)
ノーマルスキルみゃみゃみゃみゃみゃみゃ!
効果対象にダメージを与え、20秒間吸血効果を付与
スライドスキルよ〜しっ!いっくよ〜!
効果補助型の敵を優先してダメージ+防御無視ダメージ3回、クリティカル発生時自身に一定時間回避率上昇
ドライブスキルみゃあぁぁぁ〜っ!
効果残りHPが最も少ない敵を優先して4体にダメージ


けものフレンズ2とのコラボイベントにて、期間限定の召喚から入手できるユニットとして登場。
経緯は不明だがジャパリパークから遊びにきており、そこで出会ったフレイヤやダビ達と仲良くなる。
キズナシナリオではリザからの提案で運動不足の主人公を鍛える事に。

しろくろジョーカー

けものフレンズぱびりおんとの相互コラボイベントにて、期間限定で入手できる動く銅像として登場。
銅像建築には、指定のスポットで位置登録をすると獲得できるパビリコインを使用する必要がある。

関連イラスト

3
ぬすみぐいしてるのが見つかっちゃったサーバルちゃん


サーバルちゃん!
さーばる


けものフレンズ
サーバルちゃん落書き


その他

デザインについて

本作は所謂メディアミックスであり、その外見的特徴は初出であるアプリ版でキャラクターデザインを担当した吉崎観音のイラストをベースにしているものの、以降のコミック版、アニメ版とそれぞれ作画(もしくはCGデザイナー)が異なるため、その印象は大きく異る。

3Dモデルに関しては、ゲーム版PVさぼてん制作)、1期アニメ版2期アニメ版、SEGAゲーム版など複数存在する。

叶姉妹叶美香がサーバルのコスプレを披露していた。

関連タグ

けものフレンズ フレンズ(けものフレンズ) サーバルちゃん
サーバルサーバルキャット ネコミミ

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サーバル(けものフレンズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54820332

コメント