ピクシブ百科事典

サーバルちゃん

さーばるちゃん

アニメ版『けものフレンズ』に登場するサーバルの愛称。
目次[非表示]

アニメ版『けものフレンズ』の主要キャラクターであるサーバルの愛称。なお、作中で彼女を「サーバルちゃん」と呼ぶのは「かばんちゃん(以下かばん)」のみである。

Pixivでは、アプリ版・漫画版など他メディアで設定の異なる彼女との差別化タグとして使用される傾向にあり、本項においても主にアニメ版のサーバルについて記載する。
けものフレンズプロジェクト全体でのサーバルについてはサーバル(けものフレンズ)を参照。

概要(アニメ版)

CV:尾崎由香

本作におけるもう一人の主人公
ネコ目ネコ科ネコ属サーバルサーバルキャット)のフレンズで、広大な「ジャパリパーク」のエリアの一つ「さばんなちほー」の一角を縄張りとしている。

ある日、さばんなの樹上でくつろいでいる時に、下で誰かが草をかきわけ進んでいく音に気づく。跳び下りて駆け寄ろうとしたが、相手は走って距離をとろうとする。
それを『狩りごっこ』と解釈して追い掛け回し、ついに大きなジャンプで見事相手を捕獲(?)。
「た……食べないで下さあい!」
「た、食べないよぉっ!」

話を聞くと、気が付いたらこの場所にいたとのことで、自分が何者なのかすらわからないという。サーバルも、持てる知識で相手が何者か当ててみようとするも結局わからなかった。そこで最終手段として「わかんない時は『としょかん』で教えて貰うんだ」と、図書館に行く事を提案し、途中までの「がーいど!」もとい案内を買って出る。
しばらく行動を共にするなら呼び名が必要と考え「かばんちゃんでっ。どう?」と、とりあえずの命名をし「じゃんぐるちほー」の入り口へ向かい歩き始めた。

さばんなを二人で移動している間、かばんの持つ個性を徐々に把握していく。また入り口付近で遭遇した巨大なセルリアンとの戦いでは、かばんの作った紙飛行機の誘導により活路を見出すと共に、「ものを作る」ことが出来るかばんに非常に驚いてみせた。

その後、じゃんぐるの入り口で一度は別れたものの、「やっぱり気になる」と、別れて数分と経たない内にかばんに追いつき、彼女の旅に同行することを決めた。またこの時から、これまで余所余所しい敬語口調だったかばんに、自身のことを「サーバルちゃん」と呼ぶように促し、以降は彼女の良きパートナーとして親密な関係を築いていく。

性格・特徴

天真爛漫で心優しくポジティブな性格で、誰に対しても明るく好意的に接することが出来る。
「かばんちゃん」以外にも「シマウマちゃん」「トムソンガゼルちゃん」と他人をちゃん付けして呼ぶ場合があるが、誰にでもというわけではなく、カバは「カバ」と呼んでいた。

サーバルキャットの特性である柔軟な脚力と鋭い爪、優れた聴覚・嗅覚を持ち、自分のこうした能力に自信を持っている。しかしだからといってそうした力を持たない相手を蔑むことはなく、「フレンズによって得意なこと違うから!」と、その個性を受け止め認める寛容さを併せ持つ。実際、かばんとの旅では、非力なかばんに代わって力仕事を請け負う一方で、フレンズの悩み事など知恵を必要とする局面ではかばんに頼るなど、互いに長所を活かしつつ逆に苦手な面を克服することに努めており、良き共存関係を築いている。

非常に好奇心旺盛でもあり、かばんの閃きや他のフレンズの特技、初めて訪れるエリアなど、未知の物を見るたびにすっごーい!と感嘆の声を漏らす。そうした意味では、彼女にとってこの旅は驚きや感動に満ちていると言えるだろう。

その好奇心から色々なものに挑戦する行動派でもあるが、結果的に失敗しトラブルを引き起こしてしまうことも度々ある。そのせいか、同じエリアに住む友人のカバの「足も速いし鼻も耳もいいがおっちょこちょいで全部台無し」という言葉を皮切りに、「さばんなちほーのトラブルメーカーフォッサ)」「噂通りのドジっ子スナネコ)」…等々、行く先々で散々な評価を受けており、良くも悪くもパークでは名の知れた存在である模様。

こうした周囲の評価や、冒頭の「狩りごっこ」のような突拍子もない行動のせいか、視聴者からアホの子扱いされることもあるが、彼女以外のフレンズがやたらとアクの強い連中であるため、ツッコミ役に回ることの方が多い。
また、説明を受けた事柄に対しては要点を掴んでいたり(1話でかばんが紙飛行機を使ってセルリアンの気を引いたことに倣い、最終話で同様に紙飛行機を使って黒セルリアンの気を引いたことなど)、チャンバラの武器の持ち方やバスの運転も自分なりに試行錯誤したりするなど、学習能力自体は低くない。

余談

前向きで明るい発言・驚嘆・称賛する台詞を発することが多く、特に「わーい!」「すごーい!」といった非常に端的でわかりやすいものがほとんどであり、そのせいか放送開始以降、視聴者の一部が彼女のこうした発言を様々な場面で引用している。なお、「たーのしー!」という台詞に関しては第2話に登場したコツメカワウソが初出なので悪しからず(一応、サーバルも第5話で似たような台詞を発しているが)。

また、「フレンズ」という単語も何かと頻繁に使用されており、これについても「あなたは◯◯◯なフレンズなんだね!」といった形に変換させて使用されている。ただし、劇中でこのような台詞は実際には使用されておらず、おそらく、第1話でのかばんに対する台詞(「あなた、あんまり狩りごっこ好きじゃないケモノなんだね」「あなた、もしかしてナマケモノのフレンズとか?」等か)が混合されてしまったものと考えられる。

本作の爆発的な人気に肖ってか、ニコニコ生放送(niconico)では本作に縁ある動物たちの観察生中継が放送されることになり、その第1弾として、本項のサーバルのモチーフであるサーバルキャットの中継が行われた。
※ 詳細はコチラ。

サーバルちゃんかけたよー


また、『けものフレンズ』放送終了後に、NHKがけもフレ難民に対する緊急支援策として、自然番組『ダーウィンが来た!』のサーバル特集回「サバンナのネコ 強烈パンチ!」(2007年12月16日に放送されたものの再放送)を2017年4月15日深夜2時15分から放送したほか、同じく自然番組の『プラネットアースII 草原編』にもサーバルが登場する旨を告知している

関連タグ

けものフレンズ(アニメ) フレンズ(けものフレンズ)
さばんなちほー ネコミミ もう一人の主人公

表記揺れ

サーバル(けものフレンズ) サーバル サーバルキャット 

コンビ・グループタグ

どうぶつビスケッツ
さばんなコンビ

以下ネタバレ注意























道中の各スポットで、ラッキービーストが突然流暢に喋り出すことがたびたびあり、二人も(技術は不明だが)誰かによる「音声記録」であると認識していたが、第10話で滞在した「ろっじ」での謎の人影による騒動を機に、それらが実は「映像記録」であったことが発覚する。

この時、ろっじの一同は初めて記録内の声の主である「ミライさん」の姿を知ると同時に、彼女の傍にサーバル(CV:野中藍)が映っているのを確認する。サーバル自身はミライのことや映像内の出来事に全く覚えがなく、「(同種の)別の子だと思う」と発言している。が、映像越しのもう一人の自分の姿を見た彼女は、無意識のうちに落涙していた。

これらの出来事から視聴者の間でも様々な憶測が飛び交い、特に映像内の人物たちが過去のタイトルに関連深いことと合わせ「本作のサーバルの正体(前身)はアプリ版に関連する人物なのではないか?」という意見が多く挙がっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「サーバルちゃん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19813636

コメント