ピクシブ百科事典

カラキュル

からきゅる

アニメ『けものフレンズ2』におけるカップリングタグの一つ。
目次[非表示]

概要

アニメ『けものフレンズ2』に登場するカラカルキュルルのカップリング。
ここにサーバルを加えた場合の内容はさばんなトリオ2を参照。

旅を始めた当初こそ「サーバルが行くなら」程度の軽い気持ちでキュルルに付いて行ったカラカルだが、旅を続けていくにつれて心境に変化が現れていき、キュルルに危険が及びかけると率先して彼(彼女?)を守ろうとする、はぐれたキュルルを思ってどこか寂しげな表情を浮かべる、再会したキュルルがイエイヌと親しげにしているのを見てまるでヤキモチを焼くかのように喧嘩するなど、サーバルと比較するとキュルルに対して取り分け思い入れがあるような描写が多く見られる。

コミカライズ版では自覚的にも無自覚的にもそれが顕著で、有事の際には小脇に抱えたりお姫様抱っこしたりする。
他、面倒見の良いところが随所で描写されており、アニメ版よりも明らかに幼いキュルルを細やかにフォローしている様子が見て取れる。
反面、キュルルへの執着も強く、キュルルの「おうち」が見つからないことを喜んだ自分を強く恥じる、突然現れたダブルスフィアに対し鬼のような顔で威嚇してしまうなど、感情の起伏が激しい部分も。

アニメ版4話後半を元にしたコミカライズ版7話では、とある不安を抱えて苦しむアードウルフのために心を砕くキュルルを見て「これだ」という何かの確信を得ている。
サーバルにその気持ちを吐露したところ、サーバルからは「わかる! そういうのすっごくよくわかるー!」と同意されている。
またキュルルの方も、湿っぽくなった空気の中で心配する順番が「アードウルフさん…カラカル…みんな…」というふうにカラカルの優先度が高い。

また、過去に開催されたチェインクロニクルとのコラボイベントでユニットとして実装されたカラカルの特殊セリフの中には、パークに残してきたキュルルが寂しがっていないかを心配するセリフも存在する。

pixivにおいてはキュルルのデザインに男性的要素が見受けられる事もあってか、おねショタ要素を含むカップリングとして扱われる傾向にある。

関連イラスト

終わりが来るとわかっていても
三話



関連タグ

けものフレンズ2
カラカル(けものフレンズ) キュルル(けものフレンズ)
けものフレンズコンビ・カップリングタグ一覧

関連記事

親記事

けものフレンズコンビ・カップリングタグ一覧 けものふれんずこんびかっぷりんぐたぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カラキュル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 196164

コメント