ピクシブ百科事典

としょかんコンビ

としょかんこんび

『けものフレンズ』における、コノハ博士(アフリカオオコノハズク)とミミちゃん助手(ワシミミズク)のコンビタグ。
目次[非表示]

概要

「としょかんコンビ」とは、『けものフレンズ』におけるコノハ博士(アフリカオオコノハズク)とミミちゃん助手(ワシミミズク)とのコンビタグ。
アニメ版でもアプリ版でも、「博士と助手」という関係性は変わらず、常に揃って行動している。

アニメ版では、二人で図書館の主、そしてフレンズらの「長」を務める。
フレンズやセルリアンなど、ジャパリパーク内の事に精通しており、二人揃って「我々はかしこいので」が口癖。
しかし、かばんに文字を読ませたり、料理を作って貰う為に彼女を利用する。更にカレーの食べ方でかばんから突っ込まれたり、カレーが辛いと言いながらも完食した際には、ああ言えばこう言う図々しい態度を見せるなど、本当は「我々はずる賢いので」の方がしっくりくる様な気が……。
また、フレンズ化したばかりの者に自分が何のフレンズかを教えているらしいが、かばんに至っては既に自分がヒトでは無いかと確信していたので、ヒトだと伝えてもあまり驚かなかった彼女に、少々つまらなそうな態度を見せていた。

口調や思考まで似ており(アプリ版ではワシミミズクが博士と出会った第一印象は、「キャラが被っている」。それ故か助手の立場に甘んじつつ美味しい所だけいただく黒い言動が多く、互いの存在が牽制し合う妙な関係にある)、容姿もあってほとんど双子に見える。というか、アニメ版のCGモデルに到っては彩色以外ほぼ使いまわしである。
同じことはゆきやまコンビにも言えることだが、一枚絵の場合コピペ&色替で作画されてる絵師さんも多い。
ジャイアントモアのキャラクタークエストでは、彼女の大きくなるトレーニングに参加するが、よく動きよく食べる中で、食べるだけだったりと図々しい。

ただし現実のアフリカオオコノハズクワシミミズクよりずっと小さい(アフリカオオコノハズクが全長19~24cmに対し、ワシミミズクの全長は3倍近い72cm。「ばすてき」では助手に「お前達は小さい」と言われたフェネックが「ほぼ変わらない」と反論していたが、極端な話アニメに登場したフレンズの中では、そのフェネックをはじめとした30cm前後のオグロプレーリードッグパンサーカメレオンアリヅカゲラを抜いて断トツに小さい)。それを反映してか、博士の方が声のトーンは高く、アニメではカレースプーンもお子様持ちだった
また、カレーを食べるようすから、カレーの鳥と形容されるようにもなった。

けもフレ漫画(カレー with 叡智)


そうしたキャラもあってかどちらか単体にピックアップされることは少なく、二次創作でもどちらかが出るならもう片方も一緒に出るというほど一心同体度が高いが、逆に互いの感情に触れた創作は少ない。
(ただし中には(前述のサイズ差を意識してか)助手が博士に下克上を図ったり、ドッキリを仕掛けるなど弄って楽しんだりしてる創作も時折見かける)

けもフレまんが「ぼうえいはんのう」
助手は博士になりたかったのです


むしろ、揃って他のキャラと絡むことが多いようだ。
また、リアルのワシミミズクはアフリカオオコノハズクを捕食する事もある為、喰う側と喰われる側のコンビという事になる。

食べ頃なコノハちゃん博士
【けもフレ】かわいい上司【4コマ漫画】


また、現実のコノハズクには嘴の根元に髭にも見える羽毛が生えており、これがコノハズクが博士になった由来だろう。

自分の描く手乗りコノハ博士とリアルコノハズクの比較


関連イラスト

辛いのです
Kemono Friends - Wild Instinct



両者のサイズ差

けものサイズ


関連タグ

けものフレンズ(アニメ版/アプリ版)
コノハ博士(アフリカオオコノハズク)
ミミちゃん助手(ワシミミズク)

pixivに投稿された作品 pixivで「としょかんコンビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5903092

コメント