ピクシブ百科事典

ワシミミズク(けものフレンズ)

わしみみずく

『けものフレンズ』に登場するキャラクターなのです。
目次[非表示]

概要

鳥綱フクロウ目フクロウ科ワシミミズク属ワシミミズクフレンズ
けものフレンズ』のどの作品でも常に行動を共にしているアフリカオオコノハズクとは博士と助手という関係にあり、コノハズクが博士でワシミミズクが助手である。

「ふわふわのコートを着た小柄な体格」は両者とも共通であるが体色が大きく異なる。白や灰色がベースとしているのが博士、茶色をベースとしているのがワシミミズクである。また「けもフレ図鑑」での博士の発言によると「(助手は)脱いだらすごいらしい」とのこと。
ただしアプリ版6章のレースで登場したスタイルが良いフレンズに対し、博士と共に嫉妬の視線を向ける描写がある。更にジャイアントモアのキャラクエストでは色々と大きくなる為に教わったり、「脱いだらすごいのですよ…」と目を逸しながら発言したりする場面があり、実際にどの程度すごいのかは不明である。

博士とは以心伝心とも呼べるほどその言動が連携されており、「です。/~のです。/~なのです。」などの口癖や辛辣な物言いなどまで共通している。その一方で、自分で説明して博士が発言するタイミングを奪ったり手を貸さざるを得ない状態に持ち込むなど、博士に比べて変化球で人を振り回す黒い一面が見え隠れする。
なお「博士は天才でとても偉いので、その助手である自身も偉いため、敬われて然り」という持論を持っており、博士同様に図々しいところがある。かと思えば、ヘラジカのキャラクエでは彼女のエスコートに罪悪感を覚えたり、「けものたらし」の称号を与えたりと妙に憎めない部分も多い。
ちなみに、ワシミミズク本人の回想によると博士の助手となった経緯は、「キャラが被っているから」とのこと。

こうした経緯から、Pixivにおいてもそれぞれ単独で描かれたイラストよりも博士と助手のセットで描かれることが多い。

アプリ版

CV:大和田仁美
アプリ版ではミミちゃん助手という愛称がある。博士(こちらもアプリ版ではコノハ博士という愛称がある)と共に2章で登場。
※ 詳細は別記事「ミミちゃん助手」を参照。

アニメ版

CV:上原あかり
第7話から登場。じゃぱりとしょかんに博士のアフリカオオコノハズクと共に住んでいる。
キャラ設定は上述の概要に準じたものであり、博士同様にほかのフレンズに比べ格段に知性が高く、図々しく辛辣な物言いも博士と同じ。「~です/~なのです」という口調も博士と共通しているが、助手のほうが声のトーンがやや低めで淡々としており、博士よりも若干大人びた印象を受ける。

博士と同じく「料理」というものに興味を持っており、いっしょに文字が読めるフレンズを探していた(文字が読めれば料理本も読むことが出来るため)。自分が何の動物かを訊きにとしょかんを訪れたかばんが、側にあるクイズのアトラクションをクリアしたことを見込み、彼女に料理をさせる。
出来上がったカレーを食べ、当初は博士と同様「辛い」と文句を垂れたが、文句を垂れながらも最終的には完食している。

5月26日22:00よりニコニコ生放送にて開催されたたつきおにいさんコメント参加【ライブビューイング同時開催】「けものフレンズ」全12話一挙放送において、たつき監督より博士はひらがなが、助手はカタカナがちょっと読めるとか考えてたかも(嘘かも)という発言がなされた。
そのため彼女達による情報は正確性に欠ける可能性があることを留意する必要がある。

関連動画


関連タグ

けものフレンズ フクロウ
コノハ博士 としょかんコンビ じゃぱりとしょかん(ジャパリ図書館)

表記ゆれ

ミミちゃん助手 ミミ助手

最終回ネタバレにつき閲覧注意!


























ラッキービーストの緊急通信によってかばんの危機を知り、「夜目が利かないだの地図が読めないだの、ポンコツだらけなのです。」と愚痴をこぼしながら増援のために博士共々パーク中のフレンズたちを連れ出して、最終的にかばん救出及び黒セルリアン討伐成功の大きな役目を果たした。
戦闘後のBパートのパーティーでは火を恐れないヒグマに料理を指導し、料理を食べるためにかばんの言葉を遮ったりしていた。
かばん出港の際には「お前ならなんだかんだ大丈夫なのです。」と励ましの言葉をかけ、その船出を見送った。

pixivに投稿された作品 pixivで「ワシミミズク(けものフレンズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6936774

コメント