ピクシブ百科事典

たつき監督

たつきかんとく

日本のアニメーター・アニメ監督。
目次[非表示]

概要

本名および旧名義は「尾本達紀(おもと たつき)」。
ヤオヨロズ所属のアニメーターであり、同人自主制作アニメーションサークル「irodori」の代表。

来歴

出身は京都府だが、幼少期はケニアで過ごしており、アフリカの自然の中で日常的に動物と接して育つ。

帰国後に京都の美術大に進学し、サンライズでCGアニメを担当。これを機にアニメの自主制作に対する関心を深めていき、大学の同期であった伊佐佳久白水優子と共に自主制作アニメーションサークル「irodori」を立ち上げる。2008年9月20日からニコニコ動画にて「irodori」名義のアカウントで自主制作アニメを投稿。アカウント開設以来月1ペースで作品の投稿を続け、累計投稿数は100を超える(現在は不定期)。

サンライズを離れフリーとなった頃に参加したコミックマーケットでアニメプロディーサーの福原慶匡に声をかけられ、放送作家石ダテコー太郎を加えた3人で2013年8月にアニメ制作会社「ヤオヨロズ」を立ち上げた。

2017年1月より放送開始されたTVアニメ『けものフレンズ』にて初めて商業作品の監督を務め、総監督およびプロジェクトのコンセプトデザイナーである吉崎観音とともに大ヒットへと導いた。また、同時期に自身のtwitterアカウントにて「#傾福さん」とハッシュタグが添えられたオリジナル短編アニメを公開し話題を呼び、ファンの間では様々な考察が展開されている。

後述する騒動の発端となった降板ツイートから長らく沈黙が続いていたが、同年10月9日ツイートし復帰。件の騒動についてはとくに言及されなかったものの、生存報告に多くのファンが安堵した。

10月23日には「傾福さん」の第2作目を公開。28日には背景美術のスタッフを一般公募するなど、相変わらずな姿を見せてくれた。

人物像

ケニアで過ごした幼少期の経験から動物好きで、加えて写真撮影やCG制作を趣味としている。CGに関しては「週に5日は仕事でCGを制作し、残り2日は趣味でCGを制作する」ほどらしい。CGモデルや監督以外にも脚本、演出といったアニメーションにおける大多数の役職を兼任することも比較的多い。

けものフレンズのアニメ放送終了後も、独自に『けものフレンズ 12.1話』を自主制作して投稿したり自身のtwitterにてCGモデルを用いたイラストを公開するなど、氏の作品への愛着が強く感じられる。

代表作品(商業)

※ 同人での活動については「irodori」を参照。

余談

ヘラジカ監督

本項のメイン画像となっているのは件のアニメに登場するキャラクターのヘラジカである。
経緯としてはアニメのオープニング(第7話以降)にて、スタッフロールの「監督 たつき」のテロップが表示されるタイミングに堂々と腕組みをした威厳溢れるヘラジカの姿が重なることから、それが“それっぽい”などの理由でファンの間では「たつき監督=ヘラジカ」として扱われることが多い。Pixivにおいても、本項のタグが使用されるイラストは概ねヘラジカがメインとなっている。

因みに、アニメ放送当時の本人のtwitterアイコンはアニメ版主人公のかばんちゃんであった。

降板騒動

初監督を務めたアニメ『けものフレンズ』は、その反響から放送終了から間もなく第2期の制作が決定。たつき自身も制作に強い意欲をみせ、各社とのコラボ企画による短編アニメーションやドラマCDの発表などを展開し、視聴者からの期待も一層高まりをみせていた。

ところが2017年9月25日、たつき本人のツイートで第2期の製作から外されたことが表明される。この突然の発表は「たつき制作のけもフレ2期」を期待していたファンの間で大きな波紋を呼び、プロジェクトの出資元のひとつであるKADOKAWAをはじめ、コラボ各社まで巻き込む一大騒動に発展してしまった。
詳細はたつきショックを参照。

関連タグ

アニメーター 監督 アニメーション監督
ヤオヨロズ株式会社 irodori

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「たつき監督」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 309732

コメント