ピクシブ百科事典

たつきショック

たつきしょっく

2017年9月25日夜投稿されたとあるツイートをきっかけに、メディアミックス作品『けものフレンズ』のフレンズたちを阿鼻叫喚の渦に叩き込んだ一大騒動のこと。<メイン画像は例のツイートを見た大半のフレンズの心境を表しているといえよう。
目次[非表示]

注意

この記事は、現在進行形の事象を取り扱っています。したがって記事内容の編集に関しては、事態の推移を注意深く見守りながら行いましょう。
ここは「気に入らない会社リスト」ではありません。他作品の似たような事例については極力掲載は控え、冷静かつ中立的な観点から取り扱うようにしましょう。

概要

2017年9月25日夜8:00、たつき監督が自身のTwitter上で衝撃的な発言を投下した。

突然ですが、けものフレンズアニメから外れる事になりました。
ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。すみません、僕もとても残念です
(原文ママ)

なんと2期からの降板の発表である。けもフレ界隈に激震が走った。
たつき監督の手腕があったからこそのアニメ版『けものフレンズ』人気と言っても過言ではなく、このツイートは瞬く間にネット上で拡散され、文字通り世界中のフレンズがショックを受けてしまった。

反響

ツイートから2時間足らずでリツイートが20万を超えた結果、ついに「たつき監督」というワードを
世界のトレンド1位にまで押し上げてしまった(日本は世界で最もTwitter人口が多いとはいえさすがに騒ぎ過ぎである)。当然ながら、たつき監督の続投を希望する声が殆どで、どういう経緯があってのことなのかは全くの不明な段階ながら、監督の降板を決めたとされるカドカワ方面に対する非難の声も凄まじいことになった。
ひどい時は代弁に度が過ぎてプロパガンダ的なイラスト・動画が作られる程(詳細は下記へ)。
先走るあまり「change.org」でたつき監督降板の撤回をカドカワに求める署名活動を始める者も現れ、この影響があってかカドカワの株価が一時若干値を下げる動きを見せ、「けものフレンズ」というコンテンツにおけるたつき監督の影響力およびファン動揺ぶりを浮き彫りにしてしまった。
また、ITmediaオリコン日刊スポーツなどを始めとするメディアにも取り上げられており、本件の反響の大きさをうかがい知ることができる。

海外の反応

前述の通り凄まじいリツイートによってこのニュースはインターネット中に、つまり世界中に瞬く間に拡散した。けものフレンズはSteam、ビリビリ動画、Crunchyrollなど公式な日本以外への配信サービスが行われ海外にもファンの多い作品で、そうした海外のファンの反応も日本のそれとほぼ同じであった。

2日が経過した27日には、ツイッターで韓国のけもフレファンにより"#NoTatsukiNoTanoshi"というハッシュタグが作られ、たつき監督の降板に、あるいはカドカワ方面の判断に対する、戸惑い、嘆き、怒りなどの声が多数投稿されている。

pixivでは...

当然ながら怒りや悲しみ、絶望に溢れたイラストが投稿されている。また、たつきショックのタグがついたイラストは大半がけものフレンズのキャラに絵師の意見を代弁させているものである。⇒実際投稿されたイラストはこちら。

関係各所への問い合わせテンプレート

騒動の規模が日に日に大きくなっていく中、『けものフレンズ』のスポンサー企業や文化庁をはじめとする関係各所への問い合わせやそれを推進する動きが発展した。しかしその中には、感情的・扇動的な言動も見られたため、問い合わせには情報の整理および最低限の礼儀が必要ではないかと様々に指摘が続いた。

既に一部ファンの過激化という論調の記事も出てしまっており、なおさら慎重な姿勢が求められていると言えるだろう。

ニコニコをはじめネット上では上述の状況を踏まえて、企業への問い合わせテンプレが作成された。
情報および対処法をまとめた「9.25けもフレ事件(たつき監督降板事件)まとめ」に適時掲載・修正されている。内容はリンク先を参照。

炎上の背景

まず最初に言っておくと、アニメ制作において同じ作品であっても作られる時期が違えばその制作に当たる監督を含めたメインスタッフの一部が変更されるというケースは決して無くはない話であり、なおかつ別にたつき氏個人に『けもフレ』というコンテンツの著作権があったわけでもない

ただ今回の場合、同氏はアニメ版において監督から脚本をはじめあらゆる部分で全面的に関わっていた人物でありそれが本作の面白さにつながっていたとして、ほとんどのフレンズはあくまで“たつき監督の作風で作られた『けものフレンズ』”を評価し、その上での続編を期待していた。しかし、その監督が変わるということは当然その続編全体の作風も雰囲気も大きく変わってしまう可能性が予想され(そうなった結果、売り上げが半分以下に落ち込み話数が減らされてしまった作品も過去にはあった)、その事に関して強い懸念と不安を感じている者が圧倒的に多いというのが実情である。

これに加え、“何か不祥事を起こした”や“既に別の仕事に取り掛かっている”というようなしっかりとした理由があるのならまだしも、本人のツイートを見る限りではたつき氏本人は2期制作への意欲を持っていたのにも関わらずの降板であったため、それらを鑑みるにKADOKAWA側から一方的に降板要請を突きつけられたのではないか、と受け取られるに至り、また一部では「KADOKAWAが利益を優先して『けもフレ』というコンテンツを自分達で全面的に一括運用するためにたつき氏を切ったのではないか」などといった憶測が飛び交い、それらが先行し肥大した結果ここまで反響が大きくなったのである。

その後の動き

けものフレンズプロジェクトAからの発表

9月27日午前0時過ぎ、『「けものフレンズ」の映像化プロジェクトに関するご報告』と題し、けものフレンズ公式サイトで以下のような発表がなされた。

“けものフレンズプロジェクトA
「けものフレンズ」に関しまして、すでに新規映像化プロジェクトの制作を発表させていただいておりますが、発表当初より同体制での継続か、新体制での新たな表現かも合わせて検討中で、現時点においてもまだ何も決定していない状況です。
そのような中、今年1月~3月に放送されたTVアニメーションと同様の体制を優先として、視聴者のご期待に沿えるべく調整をしておりましたが、アニメーション制作会社であるヤオヨロズ株式会社より8月に入った段階で辞退したい旨の話を受け、制作体制を一から模索することになっているのが現状です。
「けものフレンズ」は動物ファーストの理念のもと、関わってくださったすべての方々の手によってゲーム、コミック、アニメ、舞台と展開して参りました。広く門戸を開放し、理念に賛同していただける方々のお力添えをいただき、世界を広げていきたい。そのために誰のものでもないプロジェクトとして、動物のための「けものフレンズ」として活動を重ねて参りました。
しかし、アニメーション制作を担当していただきましたヤオヨロズ株式会社には、関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用がありました。映像化プロジェクトとしては次回の制作を引き続きお願いしたかったため、情報は事前に共有してほしい旨の正常化を図る申し入れをさせていただきましたが、ヤオヨロズ株式会社からは、その条件は受け入れられないので辞退したい、とのお返事でございました。
「けものフレンズ」の映像化プロジェクトに関しては、上記のような経緯で一部滞っておりますが、「けものフレンズプロジェクト」は今後も御協力をいただく皆様と共に作品を守り、ファンを守り、動物たちのことをもっと知ってもらう活動をこれからも初志貫徹、続けていく所存です。映像化に関しましても、改めて、そしてできるだけ早くご報告できるよう進めて参ります。
今後とも様々な「けものフレンズプロジェクト」をよろしくお願いします。”

この声明はKADOKAWAの公式ページからもリンク誘導されているので、実質的にKADOKAWA側の公式声明と見て差し支えない一方、これはけものフレンズプロジェクトとしての声明であるため共同出資者はこれを承諾している事となる。
この文章からはたつき氏を擁するヤオヨロズが「けものフレンズプロジェクトの許諾を取らないまま、けものフレンズを私的に利用したことがあった」と読める。この事案が具体的に何を指すのかまでは明示されていない。
直近の大きな企画として候補として上がったものとしては『12.1話 ばすてき』、JRAコラボの『けいばじょう』、日清食品コラボの『ふっくら』などがある。
まず『ばすてき』が声明にある「許諾しない作品利用」に当たるのかと言うとそうではなく、動画の投稿当初からプロジェクト側と連携した上で作られた旨が述べられていた。
(仮に『ばすてき』が問題の元凶だとしても、アップロード後に権利者による削除が行われておらず10月25日時点でも存続しているため許諾を得ないままであるとは考えづらい。ただしあくまでも既にクリアしているというだけであり、これが事後承諾であるならば「連絡がないままでの作品利用」に該当する可能性を否定できない)

JRAと日清食品からの発表

程なくしてコラボ先のJRAと日清食品もそれぞれ声明を発表。
両者共にコラボ動画は「けものフレンズプロジェクトとの連携の下に作られた」と述べている。
また、JRAによれば正規のライセンス窓口を株式会社KADOKAWAとしている。
詳細は下記参照。

このように作品利用の許諾なしの真否に関して『けいばじょう』と『ふっくら』は「許諾しない作品利用」に当たらないことがわかる。

様々な推測がなされてはいるが「関係各所」や「情報共有や連絡」が一体何を指すのかまでは現時点の公表内容では明言されていない。現在、KADOKAWA側とヤオヨロズ側の対談が行われており、今後の新たな説明が待たれる。

『第13回けものフレンズアワー』での本件に対する言及

騒動から2日後の本番組ではアニメ「けものフレンズ」のメイン声優7人が出演。このような渦中ということもあり、なにかしらのアナウンスがあるのであろうと思われていた。そして開幕直後、アライグマ役小野早稀氏による本件についての言及があった(なお勘違いしている方々もいるようだがこれは「謝罪」ではない)。

しかし当件における役員からの説明は一切無く、渦中のヤオヨロズを傘下に持つ芸能事務所ジャストプロの所属である小野氏に担当させていた事もあり、まるで声優を盾に逃げているかのような印象を視聴者に与え、twitterにて「声優の盾」がトレンド入り。過去にあった事件との類似性を見いだすファンもおり更なる炎上を招いた。

テレビ東京の反応

アニメ版『けものフレンズ』を放送しただけでなく、製作委員会にも名を連ねているテレビ東京は、9月28日、社長定例会見において、「個人の意見は差し控えますが」と前置きした上で、「我々もファンと同じ思いですね。第2期、どうにかならないものでしょうか?」という主旨のコメントを、社長直々に発表している。

ヤオヨロズ側の沈黙

渦中のヤオヨロズ、及び親会社であるジャストプロは担当者が不在とし一切の取材に応じていなかった。
即ち冒頭のtwitterの文章以後、一切の公式からの声明や発表は行われておらず、またヤオヨロズ関係者のtwitterを含み10月2日地点まで完全に沈黙した状態であった。

交渉の再開

10月3日13時半頃に井上伸一郎(KADOKAWA代表取締役専務執行役員)により以下の内容のツイートが投稿され、事態が進展した。


その直後にKADOKAWAと諸々の手続きをしているとされる福原慶匡(ヤオヨロズ取締役)により以下のツイートが投稿された。

関連リンク

ニコニコ大百科での記事

関連タグ

けものフレンズ(アニメ版) けものフレンズプロジェクト
震源地:KADOKAWA ヤオヨロズ

pixivに投稿された作品 pixivで「たつきショック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 568819

コメント