ピクシブ百科事典

たつきショック

たつきしょっく

たつき監督が突如自身の降板を伝えたことに端を発した、メディアミックス作品『けものフレンズ』に関する一連の騒動のこと。
目次[非表示]

概要

2017年9月25日夜8:00、アニメ『けものフレンズ』監督たつき氏が自身のTwitter上にて衝撃的な発言を投下した。

突然ですが、けものフレンズアニメから外れる事になりました。
ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。すみません、僕もとても残念です
(原文ママ)

なんと2期からの降板の発表である。けもフレ界隈に激震が走った。
たつき監督の手腕があったからこそのアニメ『けものフレンズ』人気と言っても過言ではなく、このツイートは瞬く間にネット上で拡散され、文字通り世界中のフレンズがショックを受けてしまった。

そしてとあるネットニュースのコメント欄にて「まさにたつきショックだ」と言及されたことで、pixiv内でもタグとして広まった。
別名「9.25けもフレ事件」「たつき監督降板事件」など。

反響

ツイートから2時間足らずでリツイートが20万を超えた結果、ついに「たつき監督」というワードを世界のトレンド1位にまで押し上げてしまった(日本は世界で最もTwitter人口が多いとはいえさすがに騒ぎ過ぎである)。
当然ながらたつき監督の続投を希望する声殆どで、どういう経緯があってのことなのかは全く不明な段階ながら監督の降板を決めたとされるカドカワ方面に対する非難の声も凄まじいことになった。ひどい時は代弁に度が過ぎてプロパガンダ的なイラスト・動画が作られる程(⇒実際投稿されたイラストはこちら)。
先走るあまりに「change.org」でたつき監督降板の撤回をカドカワに求める署名活動を始める者も現れ、この影響あってかカドカワの株価が一時若干値を下げる動きを見せ、『けものフレンズ』というコンテンツにおけるたつき監督の影響力およびファン動揺ぶりを浮き彫りにしてしまった(ちなみにchange.orgにおける署名は5万人分ほど集まり、KADOKAWAとテレビ東京へ提出したとのこと。ただし「change.org」の署名にどの程度効力があるのかについては実のところ不明。さらにこの署名サイトには良からぬ噂も存在すると一部では言われている(詳細はこの記事のコメント欄を参照されたい))。

さらにITmediaオリコン日刊スポーツなどを始めとする各メディアにも取り上げられており、本件の反響の大きさをうかがい知ることができる。

海外の反応

前述の通り凄まじいリツイートによってこのニュースはインターネット中に、つまり世界中に瞬く間に拡散した。けものフレンズはSteam・ビリビリ動画・Crunchyrollなど公式な日本以外への配信サービスが行われ海外にもファンの多い作品で、そうした海外のファンの反応も日本のそれとほぼ同じであった。

2日が経過した27日にはツイッターで韓国のフレンズにより"#NoTatsukiNoTanoshi"というハッシュタグが作られ、たつき監督の降板に、あるいはカドカワ方面の判断に対する、怒り・戸惑い・嘆きなどの声が多数投稿された。

フレンズ笑顔プロジェクト

降板ツイートが投稿され、上記のような今までけもフレの世界観に染まっていたとは思えないほどの感情に包まれた結果、大半のフレンズたちの心は荒んでしまった...。

そんな中、ツイッターちほーのとあるフレンズがこうした荒んだフレンズたちを笑顔にしようと、プロジェクト及びハッシュタグを立ち上げた。それこそ#フレンズ笑顔プロジェクトである。
詳細はフレンズ笑顔プロジェクトへ。

関係各所への問い合わせテンプレート

騒動の規模が日に日に大きくなっていく中、けものフレンズプロジェクトの出資企業(製作委員会)やコラボ先企業などの関係各所、さらには文化庁などへの問い合わせやそれを推進する動きが展開された。しかしその中には感情的・扇動的な言動が見られ、さらに一部ファンの過激化という論調の記事も出てしまったため、問い合わせには情報の整理や最低限の礼儀が必要ではないかと様々に指摘が続いた。

またニコニコをはじめネット上では上述の状況を踏まえ、企業などへの問い合わせテンプレートが作成された。テンプレの内容やそれについての詳細は「9.25けもフレ事件(たつき監督降板事件)まとめ」を参照されたい。

燃える紙飛行機に希望を載せて

9月30日には海外のフレンズによって立ち上げられた「ジャパリパークを救う会(⇒Twitter)」の主導により、同日夜7:00にTwitter上にて一斉ツイートを行いトレンド入りさせて関係者に抗議の声を届けようというプロジェクト「#燃える紙飛行機」が実行され、結果日本のトレンド6位入り、世界のトレンドでも48位入りを果たしてこのプロジェクトは一定の成功を収めた。
さらに10月20日夜9:00にはプロジェクト第2弾とも言える「#紙飛行機に希望を乗せて」が実行された。

ちなみに“燃える紙飛行機”というのはアニメ版最終話サーバルが苦手ながらも勇気を振り絞って行った「仲間を助けるためにとった行動」のことをいう(詳細は実際に本編を見てもらったほうが早いだろう)。

炎上の背景

まず最初に言っておくと、アニメ制作において作られる時期が違う場合同一作品であっても制作に当たるメインスタッフ(無論監督も含む)が一部変更されるというのは決して無くはない話であって、なおかつ別にたつき氏個人に『けもフレ』というコンテンツの著作権があったわけでもない

ただ今回の場合、同氏はアニメ版において監督から脚本を始めあらゆる部分で全面的に関わっていた人物でありそれが本作の面白さにつながっていたとして、ほとんどのフレンズはあくまで“たつき監督の作風で作られた『けものフレンズ』”を評価し、その上での続編を期待していた。しかし、その監督が変わるということは当然その続編全体の作風も雰囲気も大きく変わってしまう可能性が予想され(そうなった結果、売り上げが半分以下に落ち込み話数が減らされてしまった作品も過去にはあった)、その事に関して強い懸念と不安を感じている者が圧倒的に多いというのが実情である。

これに加え「何か不祥事を起こした」「既に別の仕事に取り掛かっている」というようにきちんとした理由があるのならまだしも、たつき氏本人のツイートを見る限りでは2期制作への意欲を持っていたのにも関わらずの降板であったため、それらを鑑みた結果「KADOKAWA側から一方的に降板要請を突きつけられたのではないか」「KADOKAWAが利益を優先して『けもフレ』というコンテンツを自分達で全面的に一括運用するためにたつき監督を切ったのではないか」などといった憶測が飛び交い、さらにそれらが先行してKADOKAWAに対するファンの怒りが爆発してしまった。

またKADOKAWAは過去に何度も問題を起こしてしまっており、今回に至ってもニコニコニュースやふたば☆ちゃんねるを始めとする掲示板などで工作を行った可能性があったり当時の重役が失言をかましたり等、ファンの心情を逆撫でする諸問題が次々と挙がって憶測に真実性が加わり、結果カドカワ方面の関連企業に集中砲火が浴びせられる事態となった。

これほどまでにこの騒動の反響が大きくなったのは、悲しみ・憎しみ・恨み・絶望などさまざまな感情が入り交じり、さらに便乗してきた荒らしアンチ、一企業を叩きたい人たちなどが余計に騒ぎ立て、完全に混乱状態に陥ってしまったからだろう。しかし騒いだことによってKADOKAWAはヤオヨロズとの交渉に入ったため、ファンの声が企業を動かした...というのも事実である。

関係各所の動き

けものフレンズプロジェクトAからの発表

2017年9月27日午前0時過ぎ、『「けものフレンズ」の映像化プロジェクトに関するご報告』と題してけものフレンズ公式サイトで以下のような発表がなされた。

“けものフレンズプロジェクトA
「けものフレンズ」に関しまして、すでに新規映像化プロジェクトの制作を発表させていただいておりますが、発表当初より同体制での継続か、新体制での新たな表現かも合わせて検討中で、現時点においてもまだ何も決定していない状況です。
そのような中、今年1月~3月に放送されたTVアニメーションと同様の体制を優先として、視聴者のご期待に沿えるべく調整をしておりましたが、アニメーション制作会社であるヤオヨロズ株式会社より8月に入った段階で辞退したい旨の話を受け、制作体制を一から模索することになっているのが現状です。
「けものフレンズ」は動物ファーストの理念のもと、関わってくださったすべての方々の手によってゲーム、コミック、アニメ、舞台と展開して参りました。広く門戸を開放し、理念に賛同していただける方々のお力添えをいただき、世界を広げていきたい。そのために誰のものでもないプロジェクトとして、動物のための「けものフレンズ」として活動を重ねて参りました。
しかし、アニメーション制作を担当していただきましたヤオヨロズ株式会社には、関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用がありました。映像化プロジェクトとしては次回の制作を引き続きお願いしたかったため、情報は事前に共有してほしい旨の正常化を図る申し入れをさせていただきましたが、ヤオヨロズ株式会社からは、その条件は受け入れられないので辞退したい、とのお返事でございました。
「けものフレンズ」の映像化プロジェクトに関しては、上記のような経緯で一部滞っておりますが、「けものフレンズプロジェクト」は今後も御協力をいただく皆様と共に作品を守り、ファンを守り、動物たちのことをもっと知ってもらう活動をこれからも初志貫徹、続けていく所存です。映像化に関しましても、改めて、そしてできるだけ早くご報告できるよう進めて参ります。
今後とも様々な「けものフレンズプロジェクト」をよろしくお願いします。”

KADOKAWAの公式ページからリンク誘導されているので、実質的にKADOKAWA側の公式声明と見て差し支えない一方、これはけものフレンズプロジェクトとしての声明であるため共同出資者はこれを承諾している事となる。
この声明により、降板の対象がたつき氏個人からヤオヨロズ全体であったという事を決定付けることとなった。

声明文の内容からはたつき氏を擁するヤオヨロズが「けものフレンズプロジェクトの許諾を取らないまま、けものフレンズを私的に利用したことがあった」と読める。この事案が具体的に何を指すのかは明示されていない。さらに、「これに情報共有を求めたが、ヤオヨロズ側が拒否して降りた」とも読めるが、これはたつき氏のツイートと矛盾していた。何故か色々なところがぼかされ肝心なところが抜け落ちまるでヤオヨロズに全責任を押し付けているような印象を読者に与えてしまい、結果声明はファンに対する十分な説明にはならずに「怪文書」のレッテルを張られ、騒動は終結に向かうどころか更に酷くなった。

私的利用の候補として上がった直近の大きな企画は『12.1話 ばすてき』、JRAコラボの『けいばじょう』、日清食品コラボの『ふっくら』である。

まず『ばすてき』が声明にある「許諾しない作品利用」に当たるのかと言うとそうではなく、動画の投稿当初からプロジェクト側と連携した上で作られた旨が述べられていた(仮に『ばすてき』が問題の元凶だとしても、アップロード後に権利者による削除が行われておらず現時点でも存続しているため、許諾を得ないままであるとは考えづらい。ただしあくまでも既にクリアしているというだけであり、これが事後承諾であるならば「連絡がないままでの作品利用」に該当する可能性を否定できない)。

JRAと日清食品からの発表

程なくしてコラボ先のJRAと日清食品もそれぞれ声明を発表。
両者共にコラボ動画は「けものフレンズプロジェクトとの連携の下に作られた」と述べている。
また、JRAによれば正規のライセンス窓口を株式会社KADOKAWAとしている。
詳細は下記参照。

このように作品利用の許諾なしの真否に関して『けいばじょう』と『ふっくら』は「許諾しない作品利用」に当たらないことがわかる。

様々な推測がなされてはいるが「関係各所」や「情報共有や連絡」が一体何を指すのかまでは現時点の公表内容では明言されていない

『第13回けものフレンズアワー』での本件に対する言及

騒動から2日後の本番組ではアニメ『けものフレンズ』のメイン声優7人が出演。このような渦中ということもあり、なにかしらのアナウンスがあるのであろうと思われていた。そして開幕直後、アライグマ役の小野早稀による本件についての言及があった(なお勘違いしている方々もいるようだがこれは「謝罪」ではない)。

しかし当件における役員からの説明は一切無く、渦中のヤオヨロズを傘下に持つ芸能事務所ジャストプロの所属である小野氏に担当させていた事もあり、まるで声優を盾に逃げているかのような印象を視聴者に与えた。twitterでも「声優の盾」がトレンド入り。
この件について過去にあった事件との類似性を見いだすファンもおり、更なる炎上を招いた。

テレビ東京の反応

アニメ『けものフレンズ』を放送しただけでなく製作委員会にも名を連ねているテレビ東京は、9月28日の社長定例会見において「個人的な意見は差し控えますが」と前置きした上で、「我々もファンと同じ思いですね。第2期、どうにかならないものでしょうか?」という主旨のコメントを社長直々に発表している。

ヤオヨロズ側の沈黙

渦中のヤオヨロズ、及び親会社であるジャストプロは担当者が不在とし一切の取材に応じていなかった。
即ち冒頭のtwitterの文章以後一切の公式からの声明や発表は行われておらず、またヤオヨロズ関係者のtwitterを含め10月2日の時点まで完全に沈黙した状態であった。
なお後に担当者が終日不在であることが判明したため、一部ではヤオヨロズ側、特に発端となったツイートをしたたつき氏や以前問題を起こしたとされる福原氏に対する批判もある。

交渉の開始

10月3日13時半頃に井上伸一郎(KADOKAWA代表取締役専務執行役員)により以下の内容のツイートが投稿され、ようやく事態が進展した。


その直後にKADOKAWAと諸々の手続きをしているとされる福原慶匡(ヤオヨロズ取締役)により以下のツイートが投稿された。

上記の動きに伴い、フレンズたちの大半が当事者らに迷惑をかけまいと静観に徹し始めた。
これによって騒動が一気に沈静化し、いわゆる休戦状態に突入した。
そしてフレンズたちは以前のように二次創作やイベントなどを楽しみながら、交渉の結末を、果てはコンテンツ自体の方向性に関する最終的な決定を待ち始めたのである。

最近のけものフレンズ界隈


実際10月7日・8日に幕張で開催された「Oh!祭りだよ!けものフレンズが~で~ん」についても、騒動勃発直後は「人が全く来ないのでは?」などと危惧されていたのに対して実際は大盛況に終わっており、また前述したフレンズ笑顔プロジェクトとも合流して、みな今を全力で楽しんでいたことが伺える。
つまり、10月3日をターニングポイントに名実ともに次の段階へと動き出したのである。

たつき監督の動向

10月9日には、たつき監督が冒頭のツイート以来初めてTwitter上で声明を発表した。


文中の「もくもく作っていく」という宣言通り、同23日に同氏の自主制作アニメ『傾福さん』の続編が公開されファンたちを歓喜させた。
さらに5日後の28日に背景美術の募集を始め、そのツイートのリプライ欄は実質ガチクリエイターらによる展覧会となった。11月22日にはアニメーターの募集も始めた

翌23日にはコミティアに一般参加したことを報告しており、ちゃんと前に向かって進み始めたようだ。

吉崎観音の沈黙

けもフレのコンセプトデザインを務める吉崎観音は騒動勃発以来上記の動きの中でも沈黙を貫いており、その徹底ぶりはtwitterはもとより「月刊少年エース」の12月・1月号の漫画家コメント欄でも担当編集者がコメントをしているほどである。

だがグレープ君が亡くなった際に描き下ろしイラストを寄贈していたり、コラボ企画やグッズなどで新規イラストが公開され続けているため、どうやら黙々とさまざまな仕事をこなしていたようだ。

交渉進捗状況

前述の通りKADOKAWAに対する悪評があり、さらに3日のツイート以降井上専務も沈黙を始めたため、一部では「実は既に交渉は終わっていてこの件を風化させるために沈黙を続けているのではないか」といった類の憶測がまことしやかにささやかれていた。

しかし11月11日に福原氏を招き開催された「『編集』の可能性を探求する『Editors'Lounge #11』」の講演内容によって、この時点でも交渉中であることが判明した。
同氏曰く「今発表されている情報がすべて」「最終的な発表は二者間合意の元行うので突発的な暴露はしない」「ジオン軍と連邦軍は同じ物見ても見解が違うだろう、だから今は憶測よりも発表を待ってくれ」との事。

終結

福原Pによる最終報告

2017年12月27日、福原氏は自らのツイッターにおいて次のようなツイートをした。


...約3か月の交渉も空しく、結局事態が変わることはなかった...。

細谷Pのコメント

その後12月31日のニコニコ生放送内にて、テレビ東京アニメプロデューサーである細谷伸之から(個人的ではあるが)本件に関する以下のようなコメントがなされた(「あのー」等の相づちは省略している)。

例のですね、福原さんのツイートが出る前に、出演を決めていたので、さすがに逃げる訳にもいかずにですね、ちょっと今日、参りました。
で、いろいろ、公式から何もないみたいな事がありますが、ずっと、みなさんに楽しんでいただいたけものフレンズがですね、このタイミングで、あ、このタイミングっていうかもう、夏以降からいろいろあって、非常に楽しい事が楽しくなくなってしまったなと、という事がとても申し訳ないなと思っております。
で、我々としては当然、たつき監督はじめヤオヨロズさんの、功績には非常に感謝をしておりますし、とても、たつき監督の2期を見たいなと、製作委員会一同もちろん思ってました
で、そこは、いやらしい話、ビジネス的にもそっちの方が絶対に上手くいくと、いうのも分かっていたんですが、いろいろな、まぁ事情があって皆さんそこは、とてもお聞きになりたいとは思うんですけれど、委員会は合議制でやってますので、誰がどうという事でも実はなくって、誰かが何かを言ったときに乗るか乗らないかと、という事が、いろいろあって、それを突き詰めていくと、逆に両方の個人攻撃にどうしても、成らざるを得ないですし、そこはちょっと我々としても本位ではないと、というところであまり…今日僕が委員会を代表して出て来ている訳ではないんですが、…という事になりますので、ちょっと今回は、いろいろと、ああいう福原さんからの発表がありましたが、我々としては9月の27日に出した、声明が、今の我々の見解であると、いう事になります。はい。
という事なので、この先ももちろん我々は、吉崎先生が作ってくれて、たつきさんが育ててくれたけものフレンズを、もっと、またみんなが楽しんでくれるような、コンテンツにしていくつもりで動いておりますので、この先も応援をしていただければなと、いう風に思っております。
これでご納得いただけないのは百も承知ではありますが、すいません今の僕にはこれしか言えないです。
で、みなさん、仰りたい事たくさんあるんでしょうが、残りを二人ゲストがいらっしゃるので、すごい楽しい話が聞けると思いますので、そちらを楽しんでいただければなと、いう風に思っております。はい、細谷です。よろしくお願いします。

また、生放送終了後に、自らのツイッター上で補足している。


一部では上述の細谷Pのコメントに対し非難や失望の声が上がっている。その理由として「数々の矛盾点が指摘され「怪文書」とまで言われたけものフレンズプロジェクトAによる27日付けの発表の正当性を主張しており、以前よりあったKFPに対する不信感がさらに高まったこと」が挙げられている(「怪文書」と扱われた理由にはたつき氏の件のツイートに誤りが存在しないという前提があったこともあるが)。

フレンズらの反応

当然ながら失望と悲鳴で埋まってしまった。

これら最終報告を受け、ツイッターちほーの2人のフレンズがそれぞれけもフレに対する愛の籠ったハッシュタグを立ち上げた。そしてそれを支持し引き続きけもフレを盛り上げんとする者、逆にバッサリと縁を切ってたつき・irodori・ヤオヨロズについていった者、またはこの両方に属する者に大きく分かれ、フレンズらは各々それぞれの道を進んでいった。まさにアニメ版ED曲「ぼくのフレンド」の歌詞にある『♪...ゴールは別々スタートライン 思い出しまい込んで 踏み出した先は未来へ~』が当てはまるだろう。

しかし監督降板によって皆が深い悲しみに暮れたことは事実であり、殆どのフレンズが望まぬ形でこの騒動は幕を閉じたのである。

付け加えて言えば「二期なんてなかった」「二期は永遠に失われた」と悲観するフレンズも実に多い。だが騒動が下火になったとはいえ起きた事実は変わらなかった以上、誰が犯人にしろ、何が原因にしろ、『けものフレンズ』を崩壊させた現実を作り出した者たちにこの騒動の全責任があることに対して、未だ憤りと悲しみを抱くフレンズたちがいることを忘れてはならない

余談

2018年2月22日に『けものフレンズぱずるごっこ』というアプリが配信されたが、アニメ版の映像を流用し違法サイトの音源を使用しているという指摘がなされ、福原Pが「看過できない」とツイートする事態へと発展した。
2日後の24日に公式ツイッターが「正式に許諾している」とツイートしたが、不信感が拭い切れていないのが現状である。

確定している事といえば、両者の溝は谷よりも深いという事だけだろうか。

関連タグ

けものフレンズ(アニメ版) けものフレンズプロジェクト
震源地:KADOKAWA ヤオヨロズ株式会社

外部リンク

9.25けもフレ事件とは - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「たつきショック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 771831

コメント