ピクシブ百科事典

剣盾ショック

けんたてしょっく

E3の裏で明らかになった、今後のシリーズにも影響しかねない、運命の分岐となった事件。
目次[非表示]

この記事自体が発売前であるポケットモンスター ソード・シールド、あるいはシリーズ全体に対して物議を醸す為に作成されたものです。
ポケットモンスターシリーズを純粋に楽しみたい人はブラウザバックを推薦します。

事件の発端

2019年6月11日、アメリカ、ロサンゼルスで行われたゲームのプレゼン発表会「E3 2019」。(ちなみに、タイトルが英語である事からも解る通り北米を中心とした海外向けの動画であり、日本へ向けて発表されたわけではない)
その中で任天堂はニンテンドーダイレクトを通して新ゲームの情報を発表した。

ダイレクトでは、2019年11月に発売される最新シリーズ、ポケットモンスターソード・シールドの新情報を発表した。
新しいポケモンや広大で綺麗なフィールド等が報じられたが、そんな映像が吹き飛ぶ程の衝撃事実がこの場で発表された。

それが以下の発言である。

これまでのポケモンシリーズは全種類のポケモンを
ポケモンバンクから連れてくる事ができました。

でも、ニンテンドースイッチに移行してから
ポケモン一匹ずつに対する表現が非常に豊かになりました。
そしてポケモンは800匹を超えています。

一匹ずつのクオリティを大事にして、バトルバランスも取って
限られた開発時間でお届けする為に
長い間議論を重ねた結果、
ポケモンホームとソードシールドの間を行き来できるポケモンを
ガラル図鑑に登場するポケモンに絞る事にしました。

これを受け、「互換切り」という言葉が拡散していった。
確かにガラル地方に連れて行けない種がいるという点では間違いでは無いのだが、ガラル図鑑に登場するポケモンは剣盾に連れていく事が出来る為、より正確に表現するのなら、ポケモンの選抜と言うべきであろう。

また、ガラル図鑑に載れなかったポケモンでもポケモンGOポケモンマスターズに登場したり第1・第2世代に続く新たなVC版でお目見えしたりする可能性は大いにある為、実際にそうなった場合ポケモンの気持ち的に言えばこの地方は寒いから、お留守番しているねのような形になりポケモン界から完全に姿を消す訳ではないという事になる。

選抜の基準

ちなみに、このファミ通インタビュー内で言及されている通り、「今後はそのソフトに合ったポケモンを連れて行けるようにする」「アップデート等については未定」というとなっているが、過去のアップデートで追加要素が実装されたことがあったかと言われると…お察しください
つまり、今後方針の変更が無い限りは、一度ガラル地方に合わないと判断されたポケモンをソード・シールドにアップデートで対応するつもりは毛頭無く、ガラルから締め出されたポケモン達は後にあるであろう「合う作品」の発売を待つ必要がある。

そのため、伝説ポケモン全般はガラル図鑑に載る理由が特に思い当たらない為、ガラル行きは絶望視されている様子。
例えばアローラ組であれば、土着の土地神であるカプ神や、そもそもプレイヤーが冒険する舞台となる地方の出身ではないウルトラビーストが対象となる。
記事トップ絵にウルトラビーストの集合絵がチョイスされているのもその為。

発表後の動乱

注目のシリーズ最新作において、登場しない既存ポケモンがいるというこの情報は、日本はもとより、世界中のポケモントレーナー達に大きな衝撃を与えた。
海外向けの公開はされたものの、日本国内の公式サイト等の宣伝情報にはこの事実の言及が一切無く、外部機関であるファミ通のインタビューで言及されている程度。よほど頻繁にネット情報を追いかける熱心なユーザー出ない限り、この騒動はまず認知されていないと考えてもいいくらい。

しかしながら、日本国内でもゲームフリークに対する非難やショックだという意見が当初は大いに噴出したものの、「いつかこうなるとは思っていた」「仕方ない判断」「今後のシリーズに自分の好きなポケモンが一切登場しないと決まったわけではない」とポケモンの選抜を受け入れる者達も次第に現れ、話題はどのポケモンが出て来ないのか、新ポケモンはどれくらいいるのか、等にシフトしていった。

一方、欧米諸国では日本国内を上回る数のユーザーがこの発表に大激怒
関係者のTwitterは炎上し、世界中からバッシングを受ける破目になり、Twitterには◯◯でないなら買わないの他、ポケモン引退やゲームフリークに対する失望や罵倒のコメントが寄せられた。
これだけならまだしも、剣盾に全ポケモンを出すよう署名活動を行ったり、Twitterでは「#BringBackNationalDex」のタグを付けて阻止活動を拡散したり、整理反対を訴える広告を掲げたりと、まるで政権批判を想起させる程の反対ぶりに発展してしまった

さらにYoutubeの海外版の紹介PVでは低評価が大量に付き、1週間後の6月18日では高評価1万2千に対して低評価がなんと6万5千というとんでもない数値を叩き出した。当然、コメント欄には海外ユーザーの罵倒がひしめいていた。
また、2019年8月現在では高評価が約2万2千、低評価が8万5千と高評価の3倍を超える勢いで伸び続けている。

決断に至るまでの背景

(ポケットモンスターシリーズを純粋に楽しみたい人にはあまり意味は無いかもしれません)


ゲームフリークの判断にも理由が存在する。
20年以上の歴史を持つポケットモンスターシリーズは、第7世代『ウルトラサン・ウルトラムーン』では800種以上のポケモンが登場しているが、『ウルトラサン・ウルトラムーン』には理論上16年前の作品である『ルビー・サファイア』のポケモンを連れてくる事が出来る。そして今後のシリーズが続いていけば、その分ポケモンの種類も更に増えていく。

その為、これまでのポケモンを全員登場させ続けるとすると、シリーズが進む度に製作時間がどんどん長くなって次回作を期待しているファン達を待たせてしまうことになるし、ハードのスペックが足りなくなる懸念もある。またその分ゲームバランスを取ることが困難になり、対戦等のゲーム性が失われる事も十分に考えられる(これに関しては今も不十分という声も多いが……)。
特にドットでなくなってポケパルレが登場した3DSから一気にモーションが充実した事を考えれば尚更である。


しかし一方でポケモンのシリーズの根幹はポケモンの存在そのものであり、ゲーム自体の完成度や実際に旅やバトルで活躍出来るのかは二の次で、自分が好きなポケモンを使ってプレイ出来ないことこそが大半のユーザーにとっての最大の不満でもある。
新作の醍醐味の一つに新ポケモンの登場があるとはいえ、自分の相棒と言っても良いポケモンと別れるかもしれないというのは思い入れがある人程に辛く、ゲームそのものが成り立たなくなるからといってその犠牲になるのが納得出来ないというのもおかしくはない。開発期間に関しても、ブラック2・ホワイト2のように1年9ヶ月で大幅にやり込み要素が増えた例もあるため、いずれにせよ割り切れないという人も多いと考えられる。

もっとも、本編におけるポケモンの選抜自体は今回が初めての事ではない
ルビー・サファイア発売時にも技術的な問題から金・銀・クリスタルからポケモンを連れてくる事が叶わず、最終的にはポケモンコロシアムファイアレッド・リーフグリーン及びエメラルド等の後発のソフトと通信を行う事で全てのポケモンを揃えられるようになった(国内ではそこまで騒ぎになっていないのもこれに起因してる)。

当時もこれらに関する批判はあり、これを受けて引退したユーザーも存在したが、100%技術的な都合であったため仕方ないという意見が多かった。前述の通りわずか2年で全てのポケモンに対応したこともあり、現在ではまず槍玉に挙げられることはない。
今回の発表が大事に至ったのは、ネット文化の普及や期待の裏返し以上に10年近く何だかんだ出来ていたことが突然出来なくなったことによるショックというものが大きいのだろう。


ポケモンの3Dモデルはそもそも複数作品でのリソース共有も想定して作られており、それを3DSの性能に合わせた画質で表示しており、事実、ポケモンガオーレ等への流用にも成功している。
この特集内ではリファレンスモデルとゲームモデルを同期させるツールを製作し、流用の効率化を図っているという記述もある。
ゲームフリークオフィサルサイト内でも既存のモデルを効率よくリファインする方針という明言をしている。

ポケモンUSUM内に存在する3Dモデルも3DSの実機無しで起動すれば3DSよりも高画質で表示できる。
USUM発売前にエミュレータで起動したと思わしきウルトラネクロズマのフラゲ映像が出回る等の騒動があり、それらが3DSのゲーム画面よりも明らかに高画質な映像であった事から副産物的にこの事は一部で話題になった。ちなみに現在でもyoutube上にはその手の映像がまだ転がっており、マザービーストの記事にもフラゲの言及がある通り、フラゲが盛んなのはシリーズ恒例である。

既存の3Dモデルがスイッチの高画質に耐えられないという事は無く、ファミ通のインタビューで「グラフィックをあえてリアルにし過ぎず、ファンタジーらしさを出すことで、まわりでゲームプレイを見ている親御さんがビックリしないような配慮をしています」と発言する等、過剰なリアルさを追及しない方針の作品である故にスイッチ向けに極端にリアルなモデリングをしなおす必要も無い。

発売前映像等を見るに、既存ポケモンの「バトルでの」グラフィックやモーションは基本的に既存のものの流用であり、目立ったモーション変更などは見られていない。
(バトルに限定したのは、ポケモンキャンプ映像内で確認できるブイズのモーションにパルレ流用のものと新規らしき前足を上げて喜ぶ動作が混在している為。他のポケモンに新規モーションがあるかは不明)
歩行モーションについてはSMの時点で全ポケモンに用意されている事が解析で判明しており、(海外のyoutubeユーザーが動画として丸上げしたりもしている)キャンプやシンボルエンカウントするポケモンの歩行モーションを新規作成する手間も特に生じていない。
その為か、「ゲームフリークの技術力不足」「時間をかければいいだけ」といった指摘もある。
だが、近年開発ペースが上がっているのも、「製作期間は1年と定めその中でのベストを尽くす」という意向によるものであり、本編の発売を遅らせるとタイアップとして公開されているアニメの公開時期などといった予定にも大幅な影響が生じ破綻してしまう為、今から軌道修正するのは不可能だと思われる。ただし、これからは全ての地方が舞台と明言したアニポケがどれだけ剣盾と連動した内容なのかは不明。


ポケモンが代を重ねるごとに対戦ゲームとしての側面が強くなり、eスポーツなどの隆盛もありビデオゲームの大会が大規模になっていったと言う点から見ると、新作が出ても似たような構成が対戦で使われない様にする強制シャッフルを試みたことで、対戦と大会をマンネリ化させない為のローテーション制に移行したと言う見方もできる。

公式大会の場(JCS2018)では、バトルディレクターの森本氏が「若干フィールドが多すぎるな」「猫騙し使いとしてはカプ・テテフにはいなくなってほしいと思うくらい」「自分がフィールドに困ってますからね。カプ・テテフ本当に困るんですよ。猫騙しうてないんで」等の発言をしており、公式の人間がゲームバランスという観点で失敗したポケモンを排除したがっているのは間違い無い様子。

同じく撤廃が判明して物議を醸したレート対戦については、代替の新しいシステムに切り替わることが発表されている。

また、海外の公式サイトで公言が公開されたものの、日本語訳も載せているとはいえ、あくまでドメインは海外であり、国内での認知度は不明。

内定

「プレイの楽しみを奪ってしまうので、出演ポケモンの明確な数は公開しない」という方針だが、「公開されているPVに出ているポケモンの進化系はすべて出ます。たとえばダンデがリザードンを連れているという事は、ヒトカゲも当然いるという具合」という法則性についても明かしており、一部ユーザーの間では出演が決まったポケモンを「内定が決まった」と表現し、内定ポケモン一覧を作る等といった動きが盛んになっている。

上述されている通り、現在はどのポケモンが出演するのかを話題にするユーザーも発生しており、PVなどが公開される度に内定ポケモンに衆目の視線が向かい、内定表が充実する事は間違いないので、お気に入りのポケモンがガラルから締め出されていないか心配な場合は、内定ポケモンについて検索するようにしよう。

関連タグ

  • ポケモン剣盾
  • RSE:本シリーズの過去作。上述のように、こちらも技術的な問題から過去作から選抜が行われたが、オミットが行われなかった事例。ホウエンにいないポケモンも内部データに存在しており、連動によってすべてのポケモンを入手できた。
  • ポケモンスタジアム:同上。NINTENDO64DDで開発予定であり、後に全ポケモンが出場可能な拡張ディスクを販売する予定の為に選抜が行われた。
  • ポケモンGO:どうしても選抜から漏れた自分の相棒ポケモンと冒険したければ、今後追加が濃厚なこちらをメインにプレイするのもひとつの手。
  • 番外旧作:剣盾以前の旧作品に走り、思う存分愛でるのも可能。この機にレンジャーや不思議のダンジョンなどの番外旧作に手を出すのも良いかもしれない。

関連記事

親記事

ポケモン ぽけもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「剣盾ショック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4225

コメント