ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

剣盾ショック

けんたてしょっく

関連イラストにおいて、一部ユーザーによる中傷目的のイラストが確認されています。気分を害された場合は表示イラストの閲覧をお控えください。それでも閲覧したい場合、当該イラストに対して運営に通報してくれると人物への中傷撲滅 への適切な対応に繋がりますので、可能であれば通報にご協力くださいますようお願いします。
目次 [非表示]

注意

関連イラストにおいて、一部ユーザーによる中傷目的のイラストが確認されています。気分を害された場合は表示イラストの閲覧をお控えください。それでも閲覧したい場合、該イラストに対して運営に通報してくれると人物への中傷撲滅への適切な対応に繋がりますので、可能であれば通報にご協力くださいますようお願いします。


ポケットモンスターシリーズを純粋に楽しみたい方や、この一連の騒動は知っていても特に問題視していない・そこまで共感出来ないという方はブラウザバックを推奨します。


騒動の発端

2019年6月11日、アメリカ、ロサンゼルスで行われたゲームのプレゼン発表会「E3 2019」にて、任天堂ニンテンドーダイレクトを通して、2019年11月に発売される最新シリーズ、ポケットモンスターソード・シールドの新情報を発表した。新しいポケモンや広大で綺麗なフィールド等が報じられた一方、登場するポケモンについて以下の発表があった。


"これまでのポケモンシリーズは、全種類のポケモンをポケモンバンクから連れてくる事ができました。でも、ニンテンドースイッチに移行してから、ポケモン一匹ずつに対する表現が非常に豊かになりました。そしてポケモンは800匹を超えています。一匹ずつのクオリティを大事にして、バトルバランスも取って、限られた開発時間でお届けする為に、長い間議論を重ねた結果、ポケモンホームとソードシールドの間を行き来できるポケモンを、ガラル図鑑に登場するポケモンに絞る事にしました。"


すなわち今後のポケモンシリーズでは、ひとつの作品や世代で全てのポケモンを使う事は出来なくなるという旨であり、これを受け、「互換切り」という言葉が拡散していった(ガラル図鑑に登場するポケモンなら連れて行くことが可能であるため正確にはポケモンの選抜が近い)。

さらに、ガラル図鑑に載れなかったポケモンでも、アニメやポケモンGOポケモンマスターズダイパリメイク等の別作品では普通に登場している為、ポケモン界から完全に姿を消した訳ではない。


国内外における発表後の反応

登場ポケモンの制限については日本はもとより世界中で話題になった。

日本国内でもゲームフリークに対する非難やショックだという意見が当初は大いに噴出したものの、「いつかこうなるとは思っていた」「仕方ない判断」「今後のシリーズに自分の好きなポケモンが一切登場しないと決まったわけではない」とポケモンの選抜を受け入れる者達も次第に現れ、話題はどのポケモンが出て来ないのか、新ポケモンはどれくらいいるのか、等の”次の段階”にシフトしていった。


しかしその一方、欧米諸国では日本国内を上回る数のユーザーがこの発表に大激怒

関係者のTwitterは炎上、世界中からバッシングを受ける破目になり、「◯◯出ないなら買わない」といった書き込みの他、ポケモン引退やゲームフリークに対する失望や罵倒のコメントが次々と寄せられた。

さらには本作に全ポケモンを出すよう署名活動を行うユーザー達も現れ、Twitterでは「#BringBackNationalDex」(「全国図鑑を(仕分けから)取り戻せ」)、「#BoycottSwordShield」(「ソードシールド(の購入)を放棄しろ」)、「#TrushCurry」(「(ポケモンではなく)カレーライスを捨てろ」)等のタグを拡散したり、整理反対を訴える広告を掲げたりと、まるで政治活動の政権批判を想起させる程の反対ぶりに発展してしまった


Youtubeの海外版の紹介PVでは公開1週間後の6月18日時点で高評価1万2千に対し低評価が6万5千となり、コメント欄には海外ユーザーからの批判や罵倒がひしめいていた。

ニンテンドーオブアメリカはこれを受けて、DL版を含む剣盾の予約キャンセル及び返金を許可する事になった


主な批判意見

「何故これほどの騒ぎになっているのか」と感じる方もいるかもしれないが、まず前提として、ポケモンのシリーズの根幹はポケモンの存在そのものである。自分が好きなポケモンを使ってプレイ出来ないことこそが多くのユーザーにとっての不満になり得る。

本家シリーズの新作の醍醐味の一つに新ポケモンの登場があるとはいえ、既存のポケモンが登場しない可能性というのはそのポケモンに思い入れがある程辛く、なぜそのポケモンがオミットされたのか納得出来ないという意見がある。

そのため「なぜ開発期間延長や開発スタッフ増員等の対応をしないのか」「新システムであるポケモンキャンプのカレーのバリエーションよりポケモンの方を優先すべきだ」と訴えるユーザーも多く見られる。


また、宣伝及び情報公開に対する苦言も存在する。

海外向けの公開はされたものの、日本国内の公式サイト等の宣伝情報にはこの事実の言及が一切無く、外部機関であるファミ通のインタビューで言及されている程度。このため、ポケモン剣盾で登場ポケモンが制限されていることは認知されづらい状況にあった。

一方で日本向けの広報においては、過去作からポケモンが集結するTVCMやポケモングレートストーリーなど過去作をフィーチャーした宣伝が盛んに行われている

こういった宣伝方針も「ポケモン剣盾ではすべてのポケモンが登場する、という誤解を招く」といった批判を集めている。


(ちなみにポケモンキャンプのカレー作りに関しては発売後、グラフィックの使い回しにより種類を6倍近くにして百数十種としているのであり、カレー関連の批判には批判側の早とちりもあったことがわかった。詳しくはポケモンキャンプの記事参照)


決断に至るまでの背景

今回のゲームフリークの判断の背景は以下の通り(概ね公式の発表をおさらいしたものである)。


一つ目は開発期間・工数の問題。

約四半世紀の歴史を持つポケットモンスターシリーズにおいて、第7世代では807種のポケモンが出演し、さらには色違いフォルムチェンジメガシンカリージョンフォームといったバリエーションも存在しているが、今後のシリーズが続いていけばポケモンの種類も更に増えていくため、これまでのポケモンを全員登場させ続けるとすると製作期間が長期化してしまう。

「製作期間は1年と定めその中でのベストを尽くす」というゲームフリークの方針もあり、すべてのポケモンを今後も登場させ続けることはどこかでやめないといけないと判断されたと考えられる。

ただし、製作期間の長期化がもたらすデメリットとして下記が挙げられる。

  • 次回作を期待しているファン達を待たせてしまうことになる。
  • 新作発売が遅れればタイアップとして公開されているアニメの公開時期などといった予定にも大幅な影響が生じ、各商業展開が破綻してしまう。
  • ゲーム機(ハードウェア)開発スピードへの追随が難しくなる。
  • キャッシュフローが悪化する。

また、この事情についての批判の批判として以下が挙げられている。

  • サブでしかないカレーに100種類も費やすなど矛盾しているという意見もあるが、当然カレーとポケモンが同等の手間・工夫・容量なわけもなく、カレーを消せば全てのポケモンを出せるという話でもない。
  • 開発期間に関しても、確かにブラック2・ホワイト2のように1年9ヶ月で大幅にやり込み要素が増えた例もあるのだが、ドットでなくなってポケパルレが登場した3DSから一気にモーションが充実した事を考えれば、純粋な比較対象にはなり得ない。

総じて、他を妥協してポケモンに回せばいいという措置で解決するような問題とは言い難い。


二つ目はゲームバランス調整の問題。

公式からのコメントにもあるようにゲームバランスを取ることが困難になり、対戦等のゲーム性が失われる事も十分に考えられる。

これまでのポケモンは未進化ポケモンや活躍にあたっての差別化が難しいポケモンが多々存在し、その数十倍の数のキャラを使った戦法を維持しながら、最低限楽しめるラインは守るというギリギリの環境にあり(実際に上手くいっていたかはユーザーによって大きく異なるだろう)、開発スタッフがこの点に苦心していたであろうことは想像に難くない。

ポケモンが代を重ねるごとに、育成RPGやキャラゲーの要素以上に対戦ゲームとしての側面が強くなり、eスポーツなどの隆盛、ゲーム大会の大規模化への対応も考えると、新作が出ても似たような構成が対戦で使われない様にする強制シャッフルを試みたことで、対戦と大会をマンネリ化させない為のローテーション制に移行したと言う見方も出来る。

剣盾にて新登場する要素であるダイマックスが、今回オミットされるメガシンカとZワザの合体ともとれるシステムになっているのも一例である。


過去の類似事例

なお、ルビー・サファイアが発売された際にも技術的な問題から金・銀・クリスタルからポケモンを連れてくる事が叶わず、最終的にはポケモンコロシアムファイアレッド・リーフグリーン及びエメラルド等の後発のソフトと通信を行う事で全てのポケモンを揃えられるようになった。

剣盾の時との相違点は、第二世代→第三世代への全ポケモンの移送が技術的にできなかった事が挙げられる。当時もこれらに関する批判はあり、これを受けて引退したユーザーも存在したが、100%技術的な都合であったため仕方ないという意見が多かった。前述の通りわずか2年で全てのポケモンに対応したこともあり現在ではまず槍玉に挙げられることはなく、その後は剣盾まで同様の事例がなかった。


今回の剣盾の発表がここまで大事に至ったのは、ネット文化が普及した背景や期待の裏返し以上に、10年近く何だかんだ出来ていたことが突然出来なくなったことによるショック、そして(最初は詳しく語られていなかったが)今後のシリーズの方針も半ば決まってしまったことに対する不安というものが大きいのだろう。


登場が確定したポケモン

公式からは「出演ポケモンの明確な数は公開しない」という方針が語られているが、「公開されているPVに出ているポケモンの進化系はすべて出ます」という法則性についても明かしている。

一部ユーザーの間では出演が決まったポケモンを「内定が決まった」と表現し、一覧を作る等といった動きが盛んになっている。登場ポケモンを購入判断材料にする場合は参考になるものになっている。


発売直後の評価

ガラル図鑑には既存の伝説ポケモンタイプ:ヌルシルヴァディを除き存在しなかったため伝説ポケモンの愛好者からは落胆の声が聞かれた一方、対戦環境に対してのみだが環境で猛威を振るっていたポケモンがいなくなった事を評価する声もあった。

また、ヒトカゲ系統は図鑑に掲載されたものの、カントー御三家の他2種は図鑑には掲載されない等、一部ポケモンの優遇が露骨になっているという声もあった(ただしHOME解禁後に連れてくることが可能になった)。


さらに使えなくなった技もあることが判明した。

おんがえし」「おいうち」「シグナルビーム」がデータこそあれど使えない状態となっていた。 有用なめざめるパワーに関しても廃止されたが、これについては当該記事参照。

人によってはこれらの件も含めて「剣盾ショック」とする場合もある。


...等々の細かい指摘はあったものの、そもそもとしてポケモンの選抜に関しては一部の既存ユーザーにとって大きな関心ごとである一方で購入者の大多数を占める新規ユーザー、ライトユーザーには影響がなかった(新規ユーザーは既存ポケモンを知らないため、ライトユーザーは登場ポケモンの種類によって作品購入をやめたり評価を下げたりしないため)。

公表当時は非常に騒がれた(6.11事件と呼ばれたほど)ものの、いざポケモン剣盾が発売されると売上は堅調に推移し、最終的にはあまり大事に至らず沈静化した。


その後

【情報過多】

2020年1月9日(発売から約2ヶ月後)のダイレクトにてポケットモンスターシリーズで、史上初の有料DLCとなるエキスパンションパス『鎧の孤島』と『冠の雪原』のリリースが決定。

これまでのアップデートは不具合の修正が主であり、追加要素の実装や大幅な仕様変更が加わった事例は初となった。

そして、2020年1月時点でガラル図鑑に登場していないポケモンが200種以上登場することが告知され、リストラされていたポケモン達の復帰という異例の売り文句の元、UBや準伝説含む全ての伝説ポケモンがガラルへ参入する結果に。

追加されるポケモンは通信交換やポケモンホームを用いた過去作からの移動を行うことで、エキスパンションパスを購入せずとも入手すること自体は可能となる無料アップデートも併せて行われる。

ただ『冠の雪原』でも登場しない種は依然残っている。


2022年11月18日に第9世代となる『ポケモンSV』が発売され、剣盾と同じくおよそ400種類のポケモンが登場。

剣盾やBDSPに登場しなかったポケモンを中心に選抜されており、この作品でポケモンの総数が遂に1000種類を超える事となった。

こちらも剣盾と同じく2023年に有料DLC『ゼロの秘宝』が発表され、9月13日に配信された「碧の仮面」と12月14日に配信された「藍の円盤」で230種類以上のポケモンが復活される事がアナウンスされている。しかし、その中には『ソード・シールド』で追加されたポケモンが登場しなかったポケモンもいる。


関連タグ

  • ポケモン剣盾
  • 6.11事件:表記揺れ。かつてはこちらの方が広まっており、本記事でも使われていた。
  • RSE:本シリーズの過去作。上述のように、こちらも技術的な問題から過去作から選抜が行われたが、オミットが行われなかった事例。ホウエン地方にいないポケモンも内部データに存在しており、新作との連動によって当時の全てのポケモンを入手できた。
  • ポケモンスタジアム:同上。NINTENDO64DDで開発予定であり、後に全ポケモンが出場可能な拡張ディスクを販売する予定の為に選抜が行われた。

オミットの影響を受けない作品

関連記事

親記事

○○ショック まるまるしょっく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 288112

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました