ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第2世代
威力なつき度×10÷25(最大102)
命中率100
PP20
タイプノーマル
分類物理
範囲1体選択
直接攻撃
効果自身のなつき度が高い程威力が上がる
英語名Return


概要

第2世代から存在する技。
トレーナーに対する恩義を力に変えて攻撃する技。
普段の鬱憤を晴らす攻撃であるやつあたりとは対に当たる。
第2世代以降、わざマシン27の座を死守している(初代のこの枠はじわれLPLEはおんがえし自体存在しない)。
わざマシンが使えるポケモンは一部を除き全員が習得できる為、汎用性が高い。

ポケモンを育成する中でなつき度は自然に溜まっていく為、この技の威力も自然と上がっていく。
ずっと手持ちに入れているポケモンであればシナリオ上でも使い勝手は良いだろう。
むしろ育成環境の中でおんがえしの威力が全然上がらないパターンがあるとは思えない。
通信で新作や他のROMに移された場合はなつき度が70にリセットされるが、現在はなつき度が上げやすくなっているため大した問題ではない。

通信対戦においてもかなり有用な技。
ノーマルタイプのメインウェポンだけでなく、サブに乏しいポケモン(ギギギアル等)のサブとしても使い勝手が良い。
そしてデメリット無しで最高威力102が出る。

サン・ムーン』で登場したQRレンタルチームに登録されているポケモンはなつき度が70に固定され、この技を覚えているポケモンが最大威力を発揮できないので注意したい。

第8世代ではなつき度システムの廃止と同時に技ごと消滅してしまった。
多くのノーマルタイプのポケモンがメインウェポンを威力はより高いが反動があるすてみタックルや威力は低くなるがまひの追加効果が期待できるのしかかりなど代わりになる技はあるのでさほど影響はしていない。

ポケモンGOでの性能

ライトポケモンシャドウポケモンをリトレーンした個体)の専用技として実装。
リトレーンが完了すると、それまで覚えていた「やつあたり」を忘れて自動的にこの技を覚えてくれる。ライトポケモンを進化させてもこの技は固定で覚えている。自分をシャドウポケモンの状態から解放してくれた恩返し…ということなのだろうか。

本作にはシステム上なつき度の概念がないため、ジム戦およびレイドでは威力35の3分割ゲージ技、トレーナーバトルでは威力130のフルゲージ技として設定されている。

一見すると「やつあたりよりはマシだが低威力で使えない技」と思われがちだが、技が出終わるまで0.7秒と異常に早く、相手に出されるととっさに避けにくいという地味に嫌らしい技となっている。
特にタイプ一致で使えるノーマルタイプのポケモン(カビゴン)がジム防衛に回ってこの技を繰り出してきた際はかなりの難敵と化すほか、ポリゴンZは、元の攻撃力の高さ&タイプ一致補正に加え、ゲージ回収能力の高い「ロックオン」と組み合わせることでこの技を高威力で連発するというとんでもない芸当が可能(これにより、それまでコレクション要素以外の面で殆ど注目されてこなかったポリゴン系統を一気に強キャラの座へと押し上げることとなった)。
一方でトレーナーバトルでは「はかいこうせん」や「ギガインパクト」の劣化のような技になっており、あまりお勧めできない。

ライトポケモンならほぼ例外なく習得できるものの、上記の特徴から、総じて一部のノーマルタイプ向けの技としての側面が強く、使いこなせる者はかなり限られている。
幸い、「やつあたり」と異なりわざマシンで他の技に差し替えられるので、余程こだわりがない限りは他の技に変えてしまうのがおススメである。

ちなみにコミュニティ・デイで覚える特別な技とは両立できない(当日にライトポケモンから進化させた場合、おんがえしではなく特別な技の方を覚える)ことが公式からアナウンスされている。

関連タグ

ポケモン わざ(ポケモン) ポケモン技一覧 ポケモン技絵 ノーマルタイプ
わざマシン一覧 やつあたり

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「おんがえし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14797

コメント