ピクシブ百科事典

ヨノワール

よのわーる

ヨノワールとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.477
英語名Dusknoir
ぶんるいてづかみポケモン
タイプゴースト
たかさ2.2m
おもさ106.6kg
とくせいプレッシャー/おみとおし(隠れ特性)


※プレッシャー:
(バトル時)このポケモンを対象とした技を使用した場合、その技のPPを1多く減らす。
(フィールド時)手持ちの戦闘にいると、レベルの高い野生ポケモンと出会いやすくなる。
※おみとおし:登場した際に相手の持っているアイテムを見通す。複数戦では全員のアイテムを見通すことができる。

進化

マフラー


ヨマワルサマヨール(LV.37)→ヨノワール(「れいかいぬの」を持たせて通信交換)

容姿

サマヨールの時に生えていた足が再び消え、代わりに腕が大きくなった。
腹部に巨大な口のような空洞があり、動く際は何かと開く。
頭部にある黄色いものはアンテナで、霊界からの電波を受信しているらしい。

ミナキゲットだぜ★


浮いてるけど浮遊じゃない。幽体かと思えば100キロを超える巨体。身長2メートル超えでふよふよしているので、実際に遭遇した時のトレーナーの「プレッシャー」は尋常じゃないと思われる。
最近ではこちらの持ち物も見通されてしまうらしい。


概要

初登場は第4世代(『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』)
名前は仏語を意味するノワール【Noir】と、『世の悪』ないし『夜』の掛け合わせと思われる。

RSEで対関係として登場していたジュペッタを差し置いて、第4世代にてサマヨールが更なる進化を遂げた。この世とあの世を行ったり来たり出来るポケモン。
誰かの指示を受けて人や行き場の無い魂を霊界に連れて行くという。恐らくギラティナの指示か。分類は「てづかみポケモン」。霊界に連れて行く際もその大きな手で魂を掴み、腹部の空洞に入れるのだろう。差し詰め黒いマスターハンドである。

対戦における性能

HPABCDS合計値
ヨノワール451001356513545525
サマヨール40701306013025455
進化前比較+5+30+5+5+5+20+70


進化前に比べ「こうげき」が飛躍的に上昇した。
自慢の耐久力も健在だが、相変わらずHPは低い。だが「いたみわけ」を有効に使えると見ればこれも長所。

ゴーストタイプだけあって補助技は豊富なので、耐久力と特性を駆使してノーマルタイプかくとうタイプの相手をするのが主なお仕事。

「こうげき」も100あるので、持久戦と見せかけた攻撃要員としても採用可能なのが魅力。
ダブルバトルでは「トリックルーム」を使い「まもる」+「ふういん」、「かなしばり」などで相手の自由を奪うサポートも可能。ちゃっかり「じこあんじ」なんて技も覚えたりする。

だがサマヨールほどではないが「はたきおとす」にかなり弱い為所有者には要警戒。
また、一致技の威力が最大60しかない。先制技「かげうち」があるのが救いだが、攻撃要員としてはやや火力不足。「じしん」「きあいパンチ」「かみなりパンチ」「れいとうパンチ」など、多彩なタイプの技を覚えさせてカバーしよう。

アニメのヨノワール

初登場はDP90話のサマースクール回。本物の人間の悪霊が登場し、それにポケモンが対抗するという衝撃的なオチで有名。

シンオウリーグでコウヘイが使用した。技構成は「かみなりパンチ」、「シャドーパンチ」、「くろいまなざし」、「トリックルーム」。
サマースクールで登場したヨノワールと同個体かは不明。
「トリックルーム」で素早さが入れ替わったことで最速となり、サトシのヨルノズクドンファンを立て続けに倒した。しかし噛みつき癖のあるフカマルに「シャドーパンチ」を噛みつかせてから「りゅうせいぐん」で打ち上げるという奇策にはまってしまい、最後はとどめの「りゅうのはどう」を受けて敗北した。
なお、「トリックルーム」を覚えていながら3番手として登場したのは、1番手のツボツボと2番手のベロベルトでサトシの手持ち3体のスピードを把握する必要があったからだと思われる。

外伝作品での活躍

ヨノワールといえばポケダンという人が多い。
いや、正しくは「ヨノワールさん」である。
ポケダンでは「探検隊のヨノワールさん」として登場。皆の憧れの的だったが、実はその正体は……。ラスボスの手前で静かに待ち構え、その後の展開で涙腺が崩壊したプレイヤー数知れず。
その後の物語(あさひのなかで)でも大活躍を見せ、ポケダンシリーズ屈指の演技派としてジュプトルセレビィ共々人気が高い。
だがそれに反比例するかのようにヨノワール本人を仲間にするのは物凄く大変。

「ポケモンレンジャー バトナージ」でもラスボスの手前で待ち構えている。奇しくもポケダンと同じ立ち位置だが、こちらのキャラ性は皆無である。

ポケモンGOにおいては2018年11月15日より実装。
サマヨールからの進化方法は「アメ100個+『シンオウストーン』」というもの。
シンオウストーンは現在のところフィールドリサーチの「大発見」(7日達成ボーナス)しか入手方法がなく、非常に稀少。こいつ以外にも進化先がたくさんいるので使用は慎重に。

性能はというと、防御力が非常に高く実装済みのポケモンの中で10番目に高い。
反面攻撃力は(サマヨールと比較すると大幅に強化されたとはいえ)控えめでHPに至っては最終進化系の中でも最低クラス。本家でもそうだがこのHPの低さが祟って防御力の高さに反して耐久力自体はそれ程高くはない。

ならば技はというと、タイプ一致のゲージ技が非常に威力の低いあやしいかぜしかなく、他のゲージ技もあやしいかぜ同様共通してしてあくタイプに軽減されるサイコキネシスあくのはどうとなっており、アタッカーは愚か防衛にも向いていない。

総じて非常に残念な性能となっており、今回実装された新進化系ポケモンの中では最も進化の優先度が低いポケモンと思われる。

なお実装当初は本家でも2.2mあるとはいえあまりにも体格が大きく、CPが隠れたり頭が枠からはみ出してしまったりといった弊害があった。
後に調整がされたものの今度は以前までのドサイドンを彷彿させるほどに小さくなってしまった。

なおあまりにも不釣り合いな体格が大きな話題となったドサイドンとは異なり、ヨノワールに関してはあまり話題になっておらず、結果として進化させたユーザーの少なさを物語ることとなった。

主な使用トレーナー


関連イラスト

幻影の拳Z
ヨノワール



外部リンク


関連タグ

ポケモン一覧
ゴーストタイプ
ポケダン繋がり:ジュプトル セレビィ ディアルガ ヤミラミ

pixivに投稿された作品 pixivで「ヨノワール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1752039

コメント