ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ヨノワール

よのわーる

ヨノワールとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0477
シンオウ図鑑No.191
ガラル図鑑No.137
ヒスイ図鑑No.160
キタカミ図鑑No.141
ローマ字表記Yonoir
ぶんるいてづかみポケモン
タイプゴースト
たかさ2.2m
おもさ106.6kg
せいべつ50%♂・50%♀
とくせいプレッシャー/おみとおし(隠れ特性、第6世代から)
タマゴグループふていけい

各言語版での名称

英語Dusknoir
ドイツ語Zwirrfinst
フランス語Noctunoir
韓国語야느와르몽
中国語黑夜魔灵

進化

Dusks

ヨマワルサマヨール(LV.37)→ヨノワール(「れいかいのぬの」を持たせて通信交換(LEGENDSアルセウスでは使用))


概要

第4世代『ポケットモンスター ダイヤモンド・パールから初登場。第3世代『ルビー・サファイア』で対関係として登場していたジュペッタを差し置いて、第4世代にてサマヨールが更なる進化を遂げた。


名前は仏語を意味するノワール【Noir】と、『世の悪』ないし『夜』の掛け合わせと思われる。


この世とあの世を行ったり来たり出来るポケモン。

誰かの指示を受けて人や行き場の無い魂を霊界に連れて行くという。恐らくギラティナの指示か。分類は「てづかみポケモン」。霊界に連れて行く際もその大きな手で魂を掴み、腹部の空洞に入れるのだろう。差し詰め黒いマスターハンドである。対象が生きていても死んでいても霊界からの指令ならば遂行する仕事人気質なポケモンである様子。

第8世代の図鑑では衝撃的な事が記載されており、なんと『意思があるのかわかっていない』というのである。霊界からの指示がないと動かないラジコンのような存在なのだろうか。


サマヨールの時に生えていた足が消えて元に戻り、代わりに腕が大きくなった。腹部に巨大な口のような空洞があり、動く際は何かと開く。頭部にある黄色いものはアンテナで、霊界からの電波を受信しているらしい。

デザインモチーフは進化前がミイラな点からも、同じくエジプト由来の冥界の神オシリスだろう。(アテフ冠が頭部、オシリスの顔面と髭がデフォルメされ腹部を構成していると思われる。)

ミナキゲットだぜ★

浮いてるけど浮遊じゃない。幽体かと思えば100キロを超える巨体。身長2メートル超えでふよふよしているので、実際に遭遇した時のトレーナーの「プレッシャー」は尋常じゃないと思われる。

最近ではこちらの持ち物も見通されてしまうらしい。


アニポケのED後のミニコーナーでは、黄色い模様を発光させてオーキド博士の体から魂を取り出して見せたり、シールドのポケモン図鑑では腹の口で丸呑みにした対象の魂だけ取り出して、肉体は吐き出すと解説されており、どうやら魂の回収の仕方にも色々あるようだ。方法は違えど目的はあくまで魂である事がわかるだろう。


ゲームでの特徴



  • 第8世代『ソード・シールドではワイルドエリアのストーンズ原野にシンボルエンカウントで出現。魂を捕らえるはずのヨノワールが人間に捕獲されるとはこれ如何に。 また、『シールド』版ではストーリーにおいて、チャンピオンカップでのジムリーダー・オニオンの手持ちとして立ちはだかる。




性能

種族値

HPABCDS合計値
ヨノワール451001356513545525
サマヨール40701306013025455
進化前比較+5+30+5+5+5+20+70

進化前に比べ「こうげき」が飛躍的に上昇した。

自慢の耐久力も健在だが、相変わらずHPは非常に低い。だが「いたみわけ」を有効に使えると見ればこれも長所。

ゴーストタイプだけあって補助技は豊富なので、耐久力と特性を駆使してノーマルタイプかくとうタイプの相手をするのが主なお仕事。


「こうげき」も100あるので、持久戦と見せかけた攻撃要員としても採用可能なのが魅力。

ダブルバトルでは「トリックルーム」を使い「まもる」+「ふういん」、「かなしばり」などで相手の自由を奪うサポートも可能。ちゃっかり「じこあんじ」なんて技も覚えたりする。


6世代(第5世代では隠れ特性を与えられなかった)以降会得した隠れ特性は「おみとおし」。相手の道具を見られるので、ラムのみを持たないポケモンに「おにび」を使ったり、きあいのタスキを持つポケモンに対して「かげうち」でトドメを刺すまで温存する事ができる。


主な欠点は、一致技である「シャドーパンチ」の威力が低い事。先制技「かげうち」があるのは救いだが、攻撃要員としてはやや火力不足。

じしん」「きあいパンチ」「かみなりパンチ」「れいとうパンチ」など、多彩なタイプの技を覚えさせてカバーしよう。



対戦での変遷

第4世代で初登場。当時はゴーストタイプのポケモン自体が少なく、特に耐久向けのゴーストタイプがほとんど居ないのもあって高い採用率を誇った。

当時の配布イベント『最強ポケモンがキミの「ダイヤモンド・パール」にやってくる!!』でもジュペッタを差し置いてゴーストタイプの物理最強ポケモンとしてノミネートされていた程である。


ところが扱いが変わったのが第5世代。

しんかのきせきにより、進化前のサマヨールが超耐久を獲得してしまったのである。

元から耐久面の数値はサマヨールと大差無かったことが災いし、耐久型としての需要はすっかり逆転されてしまった。


以降は物理火力を活かしたアタッカー重視で差別化される事が多くなっていったが、前述のとおり主力技の威力不足に長らく悩まされることになる。



第6〜第7世代では「おみとおし」で「トリック」を安定させたり、「Zうらみ」で全回復しながら相手のPPを一気に6も削ったりと持ち物が自由なことを活かした芸当で差別化も可能に。

耐久型としての役割はサマヨールとそこまで差が無いこともあり、こだわりトリック戦法などが致命傷にならないヨノワールを採用するメリットも増えた。


その一方で、ギルガルドミミッキュなど耐性に優れた複合タイプや強力な特性を併せ持つゴーストタイプが続々と登場し、アタッカー・耐久型の両面で後輩たちに採用機会を奪われ気味になってしまう。



第8世代にも続投されたが相変わらず主力技は改善されず、わざマシンとして登場しているにもかかわらず「ゴーストダイブ」を習得出来ない結果となった。

・・・が、DLC「鎧の孤島」にて解禁された教え技でポルターガイストを習得。デメリット有りだが威力110という強力な一致技を手に入れる事が出来た。特性「おみとおし」により、相手がすぐ消費する道具を持っている事が分かる為、「ポルターガイスト」を不発させにくいのも長所。他にはダダリンサニゴーンも覚えるが、豊富な補助技や耐久力により、差別化は容易。

また、以前まではポケモンXD限定だった「てだすけ」を習得出来るようになり「おみとおし」との両立が出来るようになったため、ダブルバトルにおいては前作よりもやや動きやすくはなっている。

依然としてサポート・耐久型ではサマヨールに譲るものの、アタッカー型では覚醒期に入ったと言えるだろう。


ちなみに「ポルターガイスト」習得前は最高火力はメガトンキックだった。

足がないのにキックしたり、手が無いのにパンチしたり、ゴーストタイプはその名の通り不思議なタイプである…。



第9世代ではDLC『碧の仮面』で復帰。

SVにてようやく「ゴーストダイブ」を習得した。基本的には「ポルターガイスト」の方が汎用性が高いが、一致技の選択肢が増えたのは強化点。

また、『LEGENDSアルセウス』からは「きゅうけつ」も習得している。回復技が「いたみわけ」程度しかないヨノワールにとって攻撃しながら回復できるサブウェポンは貴重であり、苦手なあくタイプに刺さるのも嬉しいポイント。てづかみポケモンらしくハードプレスを習得した。



使用トレーナー

ゲーム版

※1:バトルタワー

※2:強化後

※3:ORAS

※4:シールド及びチャンピオンカップから

※5:ヒコザル選んだ場合及び殿堂入り回数10回以上から

※6:主人公がクワッスを選んだ場合(DLC番外編)


アニメ版


漫画版

  • ヒロオ(ポケスペ)
  • ミツミ(DP物語)
  • リリ(快盗!ポケモン7)※元はギンガ団のポケモン
  • ソロ(トライアドベンチャー)

番外作品

ポケモン不思議のダンジョン

  • ヨノワールといえばポケダンという人が多い。いや、正しくは「ヨノワールさん」である。
  • 詳細はヨノワール(ポケダン)にて

ポケモンレンジャー

「ポケモンレンジャー バトナージ」でもラスボスの手前で待ち構えている。奇しくもポケダンと同じ立ち位置だが、こちらのキャラ性は皆無である。

「ポケモンレンジャー 光の軌跡」においても過去世界編のラスボス前のステージボスとして登場。なお使い手のエウロンに勝利した際には「私の使いこなす能力が足りなかったのか? いやそんな事はない!選ぶポケモンを間違えた!」と扱き下ろされた挙句、その暴言に対するフォローが一切されないという、非常に不憫な扱いをされてしまっている。

また現実世界でもヨノワールを仲間にする事ができるが、仲間にする場合はサマヨイのもり内のサマヨールを全員キャプチャして野生個体をマップから消さないと出現しない特別仕様になっている。

これはヨノワール特有のギミックであるため、知らないとライブラリのコンプリートに手こずるかもしれない。

が、出現条件のヒントを出すNPCがサマヨイのもり直前にいるため、内容を把握しておこう。

ちなみに序盤の時点で仲間にできるためかアシストレベルはまさかのレベル2でサマヨールと同等。2進化の最終進化系としては異例の低さであり、他にレベル2止まりなのはマリルリワタッコといったファンシーな見た目のものばかりであるため、2進化相応の屈強な外見をしたヨノワールはかなり浮いている。



ポケモンGO

⊂進化!赤い彗星⊃

2018年11月15日より実装。

サマヨールからの進化方法は「アメ100個+シンオウのいし」というもの。

シンオウのいしは発表当時はフィールドリサーチの「大発見」(7日達成ボーナス)しか入手方法がなかったが、後にトレーナーバトルの報酬でも入手可能になった。


性能はというと、防御力が非常に高く実装済みのポケモンの中で10番目に高い

反面攻撃力は(サマヨールと比較すると大幅に強化されたとはいえ)相変わらず控えめで、HPに至っては最終進化系の中でも最低クラス。本家でもそうだがこのHPの低さが祟って防御力の高さに反して耐久力自体はそれ程高くはない。


ならば技はというと、タイプ一致のゲージ技が非常に威力の低い「あやしいかぜ」とチャージ量が多いフルゲージ技「ポルターガイスト」しかなく、他のゲージ技もあやしいかぜ同様共通してあくタイプに軽減される「サイコキネシス」と「あくのはどう」となっており、アタッカーは愚か防衛にも向いていない。一応、GOロケット団との戦闘後にリトレーンした個体であれば「おんがえし」というあくタイプに軽減されない技を覚えられるが……


そのため、技の方面で改善されない限りジム戦やレイドは勿論のこと、ジムの防衛にもトレーナーバトルにもまずお呼びがかからないことが多い。


総じて非常に残念な性能となっており、今回実装された新進化系ポケモンの中では最も進化の優先度が低いポケモンと言われている。図鑑を埋めるために一匹(人によってはオスとメスを一匹ずつ)進化させてそれっきり…という人もかなり多いと思われる。


なお実装当初は本家でも2.2mあるとはいえあまりにも体格が大きく、CPが隠れたり頭が枠からはみ出してしまったりといった弊害があった。

後に調整がされたものの今度は以前までのドサイドンを彷彿させるほどに小さくなってしまった

しかも、あまりにも不釣り合いな体格が大きな話題となったドサイドンとは異なり、ヨノワールに関してはあまり話題になっておらず、結果として進化させたユーザーの少なさを物語ることとなってしまった


余談だが進化前のサマヨールは攻撃力の低さに加えて優秀なほのおのパンチれいとうパンチが習得可能でスーパーリーグではかなりの需要を誇っている。


コミュニティ・デイ

ヨノワール

現在ゴースト技の中で最強級である「シャドーボール」はどうしたのかと嘆くユーザーも少なくなかったが、まさかの限定技として覚えることになった。これにより、「あくのはどう」に代わってメインウェポンをタイプ一致付きで撃てるようになった。


とはいえ、トレーナーバトルで運用するにもあくタイプにいまひとつなのは相変わらずであり、結果「おんがえし」をも覚えた個体でなければ難しいのが現状(両立させるには期間外で進化させて解放した後にすごいわざマシンスペシャルを使わなければならない。希少である上こいつ以外にも優秀な限定技を覚えるポケモンは沢山いるため使用は危ぶまれる可能性が高い)。ジム・レイドバトルで活躍しようにも古参のゲンガーや最近実装されたフーパ、さらに言えば攻撃種族値が同じで覚える技も被るフワライドとライバルが多すぎる始末。追加進化なのに。


このため、ユーザーからはメリープマンムーの次に最悪」と落胆の声が上がった。

開発側もさすがにこのままではただの残念イベントになってしまうと危惧したのか、野生ポケモン捕獲時に取得できるほしのすなの数を3倍に設定(ほしのかけらも併用すれば最大4.5倍にまで引き上げられる)、ほしのすな入手のための救済イベントも兼ねることで何とかプレイヤーの参加意欲を引き上げようとした。

また、他のコミュニティ・デイ同様に色違いの出現率も大幅に上がっていたため、色違い個体を持っていなかったというユーザーの救済にはちゃんとなっている。


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • DP90話「放課後はゴーストタイム!?」
    • 初登場。なんと本物の人間の悪霊が登場し、それにポケモンが対抗するという衝撃的なオチで有名。


  • BW137話
    • 勇者ウッデートを尊敬するゴーストポケモンで登場。

  • XY20話
    • バトルシャトーでニコラと対戦したファレルのポケモンで登場。

  • 新無印75話
    • ロケット・ガチャットから排出されたポケモンでムサシが使用。


『アニポケ・リコとロイの旅シリーズ


〈その他〉

  • 9話
    • リコのパパ・アレックスが描いた絵本の表紙で登場。

関連イラスト

幻影の拳Zセンシティブな作品

お菓子くれなきゃシャドーパンチヨノワール詰め


外部リンク


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン DPt BDSP

ポケモン一覧 ゴーストタイプ ヨマワル サマヨール


0476.ダイノーズ0477.ヨノワール→0478.ユキメノコ


4世代追加進化仲間


同ゴースト単タイプ


通信進化

関連記事

親記事

サマヨール さまよーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6373029

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました