ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「キョダイゲンエイ…… かげふみだよ 逃げられない…… 逃がさない……!」


概要

ポケットモンスター ソード・シールド』に登場する、ガラル地方のジムリーダーの一人。

キャッチコピーは「サイレントボーイ」

背番号は「291」で、憎い(にくい)と掛けていると思われる。

英語版の名前はAllister


名前の由来はそのまま玉葱の英名「オニオン」(Onion)。

また、「鬼」とかかっているという説も。


ラテラルタウンのジムリーダーで、ゴーストタイプの使い手。

『シールド』版でのみ挑戦できるジムリーダーで、『ソード』版のみで挑戦できるかくとうタイプのジムリーダー・サイトウとは対になっている。『ポケモンBW』のシャガアイリスのように、バージョンによって異なるジムリーダーの前例はあったが、使用タイプまで異なるのは今作が初となる。


幼くしてジムリーダーをつとめる優秀なトレーナーだが、かなり内気なため、人目を恐れ顔を仮面で隠している。いつどこで仮面が外れても大丈夫なように、同じ仮面のストックを100個は用意しているらしい。人前では絶対に仮面を外さない彼だが、レアリーグカードを手に入れると…?

墓場

性格のためか口数が少なく、幽霊のように常にふらふらとした独特な挙動をしており、公式サイトによると、普段は遺跡や墓場に一人でいるという。


ほとんどのトレーナーが片手で投げるモンスターボールも、彼の場合は両手で掬い上げるように投げる。ヤローと同じように左右の腰にモンスターボールを提げているが、手持ちのポケモンを繰り出す際はダークボールを使用する。

ビートと同様グローブとダイマックスバンドを左手側に装着しているのを確認でき、設定画で左利きであることが明言されている(握手を交わす時は右手で行っている)。


リーグカードによると、4歳の頃に事故に遭い、生死を彷徨うほどの状態になったことをきっかけに、死んだゴーストタイプのポケモンも視えるようになったとインタビューで答えたようだが、本当かどうかは謎であるという。

設定画では、頭のアホ毛ゴーストタイプのポケモンを察知する役割にもなっているらしい。


また、前髪に隠れた仮面の上部分にはガラルサニーゴと同じ模様があり、彼らが進化する際遺される殻から作られている可能性が高い。

背中もよく見ると、着用しているサスペンダーがサニゴーンをイメージしたものになっているのが分かる。


ジムチャレンジ

彼のジムチャレンジはピンボールのような構造になっており、玉に見立てた遊園地のコーヒーカップのような乗り物に自分が乗り込み、Rスティックを操作して傾斜を下っていく必要がある(これは『ソード』版のサイトウの場合も同様)。

この操作はRスティックを「右回りにぐるぐる回す」と右方向に、左に回すと左方向に進むのだが、説明を聞き逃して普通に操作しようとしてもRスティックを倒すだけでは何も起こらないため注意。

ポケモンログ_03

そしてジムトレーナーが、オニオンとは対照的の老人ばかりであるのもまた個性的である。

歴代シリーズでも有数の若いリーダーを、経験豊富な大人達が支えるという構図だろうか。


手持ちポケモン

ジムバトル


チャンピオンカップ ファイナルトーナメント


トーナメント再戦

  • ヨノワール♂ Lv.60
  • シャンデラ♂ Lv.60
  • サニゴーン♂ Lv.61
  • デスバーン♂ Lv.61
  • ゲンガー♂ Lv.62(キョダイマックス)

ガラルスタートーナメント

タッグバトルの対戦相手またはパートナーとして登場

  • ヨノワール♂ Lv.72
  • サニゴーン♂ Lv.73
  • ゲンガー♂ Lv.74(キョダイマックス)

トーナメント再戦(ガラルスタートーナメント初回挑戦後)

  • ヨノワール♂ Lv.72
  • シャンデラ♂ Lv.72
  • サニゴーン♂ Lv.73
  • デスバーン♂ Lv.73
  • ゲンガー♂ Lv.74(キョダイマックス)

他媒体

アニポケ

【アニポケ】オニオンとゲンガー

CV:三浦千幸

新無印第91・92話で登場。サトゴウサトシのゲンガーキョダイマックスについて調べるべく彼の元を訪れた。第91話では、ラテラルタウンに向かうゴースト列車の中で、ミカルゲの魂に取り込まれたサトシを救出。この時はまだ名前を明かしていなかった。


続く第92話で、ゲンガーは現時点で(通常の)ダイマックスしか出来ないため、キョダイマックスさせるにはダイスープを飲ませるしかないと指摘。サトゴウと共に、ダイキノコ狩りに出かけ、ゲンガーのキョダイマックス成功の助力をした。


とあるシーンで、サイトウがオニオンに「珍しいですね、貴方が人の手伝いをするなんて。」と話しかける場面があり、少なからず、面識はある様子だが…?


薄明の翼

CV:広橋涼

第6話「月光」にて初登場。その後、最終話にも登場した。


月夜の墓場に一人でいたところを、入院中の親友・ジョンと喧嘩してしまい、そのまま気まずくなってしまったことから、仲直りのためにチャンピオン・ダンデの試合に招待して欲しいとトミーから懇願される。試合への招待は断ったが「仲直りしたいなら直接言いに行けばいい」と提案し、病院への道中に同行することになる。


最終話では、マスコミから(恐らくダンデに関する)インタビューを受けていた他、クライマックスではトミーと共にエキシビションマッチを観戦していた。


声をかける、手を差し出すといったトミーの行動にいちいち怯えてすくみ上ったり、インタビューですっかりあがってしまって満足に答えられないなど、ゲーム中でも語られた臆病な面が強調されている。

反面、病院の警備員の前にゴーストを頭に乗せて現れて彼を絶叫させたり、いつの間にかアーマーガアタクシーの座席に乗り込み、驚く運転手の背後から手持ちのゴーストポケモンを近づかせてさらに追い打ちをかけたりと、他人を驚かせることは好きなようである


作中では、ゴース・ゴースト・ゲンガーの三匹を連れている(ゲンガーは恐らく試合中に切り札として使用してくる個体と同一だと思われる)。彼らはオニオンの手持ちであると同時にボディガードのような役割を担っているらしく、トミーを驚かせて追い返そうとしたり、なおもオニオンに近づこうとする彼の前に立ちはだかったりしている。

ただし、ジョンとの仲違いの話を聞いた時には悲しげな表情を浮かべながら同情する等、心優しい面もある。


第6話の主要キャラではあるが、作品のテーマがトミーとジョンの仲直りであるため、ストーリー上の立ち位置としては脇役といえるかもしれない。


また、最終話でトミーとオニオンが一緒にいた描写についてもファンの間では様々な意見が飛び交っている。

直前の6話で交流を持ったことをきっかけに仲良くなったと見ることが一般的だが、トミーは6話~7話の間の時点で既に亡くなっており、あの場にいたのはトミーの霊魂だったのではと考える視聴者もいた(実際には6話時点でトミーは退院しており、病院関係者でない彼がチャンピオンの試合に行くには、彼自身が言ったようにジムリーダーであるオニオンを通すほかない)。


ポケットモンスターSPECIAL

第15章(ソード・シールド編)に登場。

ジムチャレンジ4番目・ラテラルタウンのジムリーダーの1人。本作ではラテラルタウンの一つのスタジアムを切り替えて担当している。


霊感があり、それを活かしたバトルをする。内気且つネガティブな性格で、思っていることを言葉にするのが苦手だが、慣れればしぐさや動きや目の表情で考えを読みやすいらしい。


創人とシルドミリアのジム戦の後、マグノリア博士が持っていた「しんさくフォルム」のヤバチャとポットデスを見ようとマグノリア号に乗り込みそのまま出発してしまう。博士が2匹と出会ったルミナスメイズの森で車が止まったので、同じくしんさくフォルムを捕まえられるかと考えて車から降り、シルドミリアのテラと戦っていたドラメシヤとドロンチに出会う。2匹の捕獲後、シルドミリアやジムを不在にしたことに文句を言いに来たエール団の2人組と2人を追いかけてきたマリィと一緒に森を脱出する。


手持ちポケモンはデスマス、サニゴーン、ゲンガー、ドラメシヤ、ドロンチ。


ポケモンカードゲームやろうぜ~っ!(ソード・シールド編)

オニオンをモデルとした、球根環(たまね たまき)が登場する。

こちらは、仮面がジャックオーランタン風になっている。


ポケモンマスターズ

CV:広橋涼

2021年10月14日開催のエピソードイベント「ゴーストと舞い踊る夜」にて登場。ボスとして戦うことができた。バディはゲンガーで、キョダイマックスが可能。

その後、10月22日からプレイアブル実装。


声優は薄明の翼と同様。


余談

男性のゴーストタイプの使い手は『金・銀・クリスタル』のマツバ以来である。


彼に勝利すれば技マシンとトレーナーウェアを貰えるが、『剣』版ではショップで購入するしか入手出来ない。


その風貌から人気も高いオニオンだが、資金集めにトーナメント周回をするとなると一転して厄介極まりない相手となることで有名。

理由は、手持ちがすべてゴーストタイプであるが故にノーマルタイプを無効化してしまい、キョダイニャースキョダイコバンが使えなくなってしまうため。

最大まで強化したニャースにキョダイコバンを3回撃たせれば1試合当たり99999円という大金ががっぽり手に入るため、これを使えなくなってしまうというのは資金集めの効率の面から見れば案外馬鹿にならないロスとなる。


もちろん、みずびたしまほうのこな等で無理やりノーマル技を通すという芸当もできなくはないが、ゴーストタイプのポケモンは耐久が低い者が多く、最悪の場合最大強化したニャースのキョダイコバン一発で即退場なんてことも珍しくないため、やはり現実的とは言えない。

このため、資金集めのためにトーナメントを周回している廃人の中には、オニオンが参加しないorこちらとマッチングしない組み合わせ(ホップやダンデ等確実に勝ちあがってくるトレーナーに打ち負かしてもらえる組み合わせ)になるまでリセットを繰り返しているという者も少なくないようだ。


サイトウとの関係

193/291

同じく両バージョンで対となっているマクワメロンが親子であることが判明しているのに対し、サイトウとオニオンに関しては明確な関係性について特に語られておらず、両者がどういった関係にある存在なのかは不明となっている。

pixiv等の二次創作においては、絡みがないということを逆手にとって描き手が両者の関係を自由に想像して描いているケースが多い。


薄明の翼やアニポケでは両者が同時に存在しているという前提で描かれており、ラテラルにはスタジアムとは別に2つのジムが存在するらしい。

後者では両者が会話するシーンもあり、オニオンは性格上萎縮気味だが、お互いに悪感情は抱いていない模様。

もしかすると共同でジムリーダーの座に就いており、サイトウが修行で出払った時には彼がジムリーダーの仕事を熟していたりするのかもしれない。


関連イラスト

⚔🛡はじめてのともだち


タグ付けの注意

pixivでは「オニオン」だけで検索すると「玉葱」や「オニオンリング」や「オニオンナイト」などの作品まで引っかかるため、「ポケモンのキャラクターのオニオン」の作品にタグを付ける場合はなるべく「オニオン(トレーナー)」と付けるのを推奨。


関連タグ

ポケモン剣盾 ジムリーダー(ガラル) ラテラルタウン

ゴーストタイプ ゲンガー



  • ツクシ:幼くしてジムリーダーに就いた者繋がり。どこか中性的な外見も共通している。
  • ヘイホー:よく似たデザインのマスクをつけている。彼らがマスクをつける理由は「恥ずかしがり屋」だからであり、英語名は"Shy Guy"。
  • 邪神ニズゼルファ:やはりマスクがそっくり。
  • アレイスター・クロウリー:イギリス出身の神秘学者・作家で、黒魔術師としても知られる。英語版名の元ネタになったと思われる人物だが、こちらの名前の綴りは"Aleister"であり、若干異なる。

他のゴーストタイプの使い手

キクコ マツバ フヨウ メリッサ(トレーナー) シキミ アセロラ(ポケモン) ライム(トレーナー)

関連記事

親記事

ジムリーダー(ガラル) じむりーだーがらる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38689605

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました