ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「炎は 上に 燃えあがる! ぼくらも 上を めざす!」

概要

ポケットモンスター ソード/シールド』に登場する、ガラル地方のジムリーダーの一人。
キャッチコピーは「いつまでも 燃える 男」
背番号は「187」で、火花(ひばな)と掛けていると思われる。

エンジンシティのジムリーダーで、ほのおタイプの使い手。1作目のカツラ以来となる年配のほのおタイプ使いでもある。
初登場はエンジンシティへと至るだい2こうざんの内部。トロッゴンの邪魔をしたエール団に注意する等、非常に真面目そうな印象を受けるナイスミドルおじさんだが、一人称「ぼく」だったり、ポケモンを「くん」付けで呼んだりと、愛嬌のある部分も。ジムリーダーに復帰するまでもこの口調だったかどうかは不明。ランニングが趣味なのか、肩にタオルをかけており、常に小走りで移動している。公式イラストでは中々の悪人面をしている。

ホウエン地方出身らしく、よく見ると確かに比較的東洋人らしい顔立ちに見えないこともない。
白髪交じりの髪や皴の入った顔、さらに自分のことを(冗談交じりではあるが)「じじい」と呼んでいること等から、ガラルのジムリーダーの中でも年配の部類に入る事が伺える。

カブ

炎の男


プレイヤーが初めて対決するキョダイマックス使いのジムリーダー。
ジム戦においては登竜門のような扱いを受けているようで、多くの挑戦者が彼に及ばず敗退していくため、彼に勝った者は優秀なトレーナーとされる。

リーグカードに書かれた経歴によると、過去何度かチャンピオンになれる機会があったが、一歩およばず逃していることや、マイナークラスに降格した時期もあると語られている(数年前にジムリーダーに復帰した模様)など、様々な経験を積んだ歴戦のベテランであることが示されている。一時期は勝つためには何でもするようなスタイルを取っていたらしいが、ダンデとの名勝負を経て自分の伸びしろを感じ改めてポケモンと向き合うようになったことが語られている。
「人生死ぬまで修行 学びつづけよう!」が口癖。
ストーリークリア後に入手できるレアリーグカードでは、若い頃の彼の様子が描かれている。

彼とバトルするには、ジムトレーナーと競いつつフィールド内のポケモン(ヒトモシロコンヤクデ)を捕まえるか倒すかし、5ポイント先取する必要がある。ゲットするか(チャレンジ後に手持ちになる)、倒すかは自由で、ゲットすると2ポイント、倒すと1ポイント。
なおジムトレーナーはこちらの味方ポジションでバトルに参加するが、あくまで競う相手であるため、ジムトレーナーに野生ポケモンを倒されてしまうとチャレンジ失敗に繋がる。
と言うか、ヤクデとのバトルで競うトレーナーに至ってはダイレクトにこちらに攻撃してくるため、野生ポケモンより先にジムトレーナーを始末しなければならない。

vsカブ


他のジムリーダーはチャレンジャーとは反対の方向からスタジアムに入場してくるが、カブだけはチャレンジャーと同じ入り口から(相変わらずの小走りで)入場する(クリア後のトーナメントでは、他のジムリーダーと同様、主人公とは反対の方向から入場してくる)。
ボールはハイパーボールを愛用。プロ野球選手の村山実を想起させる体ごと前に出るほど豪快なフォームでボールを投げ、ポケモンがボールから飛び出してくると同時に軽くバックジャンプして定位置に着く。
戦闘時にはサッカーゴールキーパーのような中腰の姿勢を取っており、指示を出す際に体を大きく振りかぶりながら天を人差し指でさす仕草を取る。
また、キョダイマックス発動の際には一瞬目に炎が灯るというほのおタイプのジムリーダーらしい演出がある。

なお、試合に負けると、燃え尽きたかのようにがっくりとその場に崩れ落ちて膝をつく等、最後の最後まで熱いところを見せてくれる。

手持ちポケモン

カブ&マルヤクデ
ほのおタイプのジムリーダー


カントー地方のジムリーダー、カツラとも似た編成である。
ライチュウ1体しかいないピカ版のマチスを除けば)3番目のジムの段階で全てのポケモンが最終進化形というのは、シリーズでは初めて。
この段階で見た目的に大型な最終進化系のポケモンがいきなり登場する、というのはかなりのインパクトがある。
対戦相手は3匹とこの1つ前のルリナと同じく少なめだが、いずれも能力値が高く、ほのおタイプと相性の良いタイプをぶつけたとしても、こちらのレベルが低いと苦労する。
ちなみに、ジムチャレンジで捕まえることができるロコンとヒトモシは特性「もらいび」を持っていることがあるため、そのまま対策として使用できる。

メイン火力が「ひのこ」止まりであるため見た目のインパクトほど大火力ではないが、「おにび」による火傷でこちらの攻撃力を落としたり、「かみつく」でこちらを怯ませて攻撃を妨害するなどの絡め手も用いてくるため、設定どおり「ジムチャレンジ最初の壁」に相応しい強さと言えるだろう。

ジムバトル


チャンピオンカップ再戦 トーナメント(クリア後)

  • コータス♂ Lv60
  • キュウコン♀ Lv60
  • ウインディ♂ Lv61
  • エンニュート♀ Lv61
  • マルヤクデ♂ Lv62(キョダイマックス)


余談

名前の由来はそのまま、アブラナ科アブラナ属の越年草である野菜のだろう。
検索の際は「カブ ポケモン」で検索…したいところだが、思わぬ落とし穴があったりするためマイナス検索を駆使する必要がある。この辺りはナギなど二文字名のトレーナーの宿命だろうか。

彼の着用しているユニフォームは、他のジムリーダーと比較するとサッカーのユニフォームに近いデザインになっており、試合時のポーズや仕草にもサッカーへのオマージュと思われるものが多い。
エンジンシティのモデルはマンチェスターだと言われているので、欧州サッカーの名門で色をチームカラーに持つマンチェスター・ユナイテッドがモチーフになっている可能性もある。ジムリーダーが東洋系の人物なのも、かつて同クラブで活躍した東洋人が存在する事からあながち不自然なものでもない。
ベテラントレーナーとして扱われ、ジムバトルで彼に勝利すると観客から「カブ!」と声援が出されたり、チャンピオンの座を何度か逃すなどの設定を持つ彼は、今でも現役サッカー選手として活動しているこの人と似ているかもしれない。

【ポケモン剣盾】炎のスーパータッグ


ホウエン地方出身であることや年配の外見から、元四天王という設定のアスナの祖父ではないかとする説が一部で囁かれており、それに所以する2人が一緒に描かれたイラストも存在する。

しかし、カブは若い頃からガラルに渡って研鑽を積んでいた事が明言されているのに対し、アスナの祖父は元四天王として長きに渡って活動していたらしいため経歴が噛み合わない。
またアスナの祖父はポケモントレーナーとしては現役を引退している事が仄めかされていたりと、語られる情報からはガラルで現役ジムリーダーをしているカブと同一人物とは考えにくいと言わざるを得ない。
公式からも2人の関係については特に何も言及されていないため、現時点では非公式の二次創作設定に過ぎない事に注意。

一方で、祖父でこそないにせよホウエン出身のほのおタイプジムリーダーという事で、2人に血縁ないしなんらかの面識がある可能性は十分ある。

関連イラスト

カブ&マルヤクデ
Young VS Old


カブさんといろいろlog
カブさん



関連記事

ポケモン剣盾 ジムリーダー(ガラル) エンジンシティ
ほのおタイプ マルヤクデ

他のほのおタイプの使い手

カツラ アスナ オーバ ポッド パキラ カキ

関連記事

親記事

ジムリーダー(ガラル) がらるのじむりーだーたち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カブ(トレーナー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9177531

コメント