ピクシブ百科事典

ポケモンジェネレーションズ

ぽけもんじぇねれーしょんず

ポケモンジェネレーションズとは、海外で放送されるポケモンのアニメ。
目次[非表示]

概要

アニメポケモンシリーズの、ポケモンアニメ。
正式名称は『Pokémon Generations』。

ポケモンシリーズ20周年を記念して、現在放送中。
第1世代から第6世代までの全てのゲーム作品の世界観を舞台に、ゲーム本編では描かれなかったエピソードを描くショートアニメ(1話あたり3~5分)となっている。

作画は従来のサトシが主役のアニメ版とは大幅に違い、どちらかというと大人向け寄りになっている。
前述したように、世界観もアニメ版ポケモンシリーズとは無関係である。
なお、制作自体はアニポケと同じくOLMである。

ゲーム版の主人公にあたる人物(レッドヒビキユウキトウヤカルム)は、シルエット描写などで素顔を一切伏せられた演出を施されており台詞も一切話さない。

大半の話で原作のキーパーソンと言っても過言ではないハンサムが物語に関わる。

YouTubeで配信され、日本でも視聴できたが当初は日本語には対応していなかった

現在はポケモンYouTube公式チャンネルで日本語吹き替え版が配信されている(ただしタイトルや字幕は英語のまま)。

登場キャラクター・声優陣

性質上、原作に登場していながらアニメでは登場しなかった、あるいはリメイクに当たって追加されたキャラクターにも声が充てられている。
アニメに出演していたキャラの声優も全てアニポケとは異なっている。かつてメインキャラクターを担当した声優が別役で再出演している事もあるので、見比べてみるのも一興。

ハンサムのみ途中から藤原啓治から堀内賢雄に変更されているが、これは藤原氏が休養する前の2016年8月以前に収録が開始されたからとみられる。

キャラ名アニポケ ※()内は他のアニメ媒体ポケモンジェネレーションズ
シゲル,グリーン,挑戦者小林優子江口拓也福山潤
サカキ鈴置洋孝三宅健太小山力也大塚明夫
ハンサムてらそままさき藤原啓治堀内賢雄
カンナ川村万梨阿折笠富美子
シバ森川智之星野貴紀
キクコ杉山佳寿子京田尚子
ワタル千葉進歩(川島得愛)細谷佳正
ミナキ川田紳司土田大
サカキの息子出演なし逢坂良太
ラムダ出演なし高木渉
マツブサ藤原啓治佐々木誠二
カガリ出演なし福圓美里
ホムラ風間勇刀陶山章央
アオギリ相沢まさき小山力也
イズミ津田匠子本田貴子
ウシオ出演なし稲田徹
マリ(アナウンサー)出演なし坂本真綾
ダイ(カメラマン)出演なし保村真
ソライシ博士西村朋紘飛田展男
モミ川村万梨阿能登麻美子
アカギ三宅健太津田健次郎
シロナ櫻井智遠藤綾
マーズ田中理恵北原沙弥香
ジュピター西村ちなみ鷄冠井美智子
サターン岡村明美山下大輝
バク渡辺明乃下野紘
プルート緒方賢一富田耕生
アイリス悠木碧日高里菜
シャガてらそままさき岩崎征実
アロエ田中敦子高宮彩織
カミツレ小林由美子沢城みゆき北原知奈
フウロ植田佳奈芝崎典子
ジャロ出演なし小室正幸
ヴィオ出演なし志村知幸
スムラ出演なし松田修平
リョクシ出演なし岡部涼音
アスラ出演なし安部亮馬
ロット出演なし伊原正明
アクロマ東地宏樹諏訪部順一川島得愛
ゲーチス相沢まさき速水奨
N中村悠一神谷浩史石田彰
フラダリ手塚秀彰東地宏樹
パキラ渡辺明乃井上麻里奈
カルネ折笠富美子大原さやか
マチエール出演なし内田真礼
AZ出演なし土師孝也

サブタイトルとあらすじ


Episode 1: The Adventure (冒険)

 ポケットモンスター赤バージョンのオープニングから始まり、カントー地方からカロス地方まで世界中を駆け巡るレッドの冒険が描かれる。
 主人公に台詞は一切なくダイジェスト形式の映像となっている。冒頭のゲーム画面からアニメに移行する演出は記念すべき1997年のアニメ第1話を彷彿とさせ、この手法は同じくゲームを元とした映像化作品である「ポケットモンスター THE ORIGIN」でも使われた。このエピソードだけは吹き替え版がない。

Episode 2: The Chase (追跡)

 ロケット団のボスであるサカキの行方が遂に突き止められ、警察の機動隊がトキワジムへ突入する。
 時系列はトキワジム戦終了後。原作には未登場であるハンサムの視点で語られる。

Episode 3: The Challenger (挑戦者)

 カントー地方にある全てのバッジを集めたグリーンがカントー四天王に挑む。
 原作では主人公が到達すると既にグリーンがチャンピオンになっていたが、ここではそのグリーンがチャンピオンになるまでの過程が描かれる。

Episode 4: The Lake of Rage (いかりの湖)

 赤いギャラドスに異変を感じたワタルが怪電波の発生源を突き止めロケット団残党のアジトに潜入する、金銀における怒りの湖イベントの映像化回。
 リメイク版であるHGSS準拠であるため協力者にヒビキ、アジトの指揮官としてラムダが登場する。

Episode 5: The Legacy (継承)

 3年の月日が流れるも未だサカキの行方が掴めないハンサム。サカキの息子を突き止め接触するも知らぬ存ぜぬで手掛かりは掴めず3年前の回想に入る。
サカキとその息子の確執を描いたウバメの祠イベントの映像化回。

Episode 6: The Reawakening (再生)

 伝説のポケモンであるスイクンを追う青年ミナキ
 エンジュシティの焼けた塔に足を踏み入れ、ホウオウの言い伝えに思い耽る。150年前のエンジュシティにおける焼けた塔が出来るまでを映像化した回で、その都の様子は現実で言う江戸時代に近い。

Episode 7: The Vision(ビジョン)

 6話までとは一風変わって、悪の組織であるマグマ団の視点で物語は進む。マグマ団がカイナシティで奪った潜水艦を使って海底洞窟に向かうまでのイベントを、マグマ団視点で描いた回。
 ORAS準拠であり、ユウキジュカインと共に登場。また、かの有名な「エンゲイジ」のシーンである。

Episode 8: The CavernDeep(海底洞窟)

 7話とは違い、今回は悪の組織であるアクア団の視点で物語が進む。海底洞窟まで到達し、藍色の玉でカイオーガを呼び起こすまでのイベントを映像化した回。

Episode 9: The Scoop(スクープ)

 テレビ局で働くマリダイは、不自然な隕石破壊の真実を求めてトクサネ宇宙センターに潜入する。潜入して見つけた映像には、隕石破壊の衝撃的な真実が記録されていた。時系列はORASでの追加エピソード「エピソードデルタ」の後。「エピソードデルタ」におけるメガレックウザのイベントを、マリとダイの視点から改めて見る回となっている。

Episode 10: The Old Chateau(森の洋館)

 ハクタイの森を歩くモミラッキー。歩いていると森の中で大きな洋館を見つけ、一晩そこに泊まる事になる。
 しかし、洋館の住人と思われる人物はどこか様子がおかしく…。
ポケモンDP屈指のホラー要素である森の洋館を題材に映像化した回。ゲームに違わず、全体的にホラー風味で話が進む。

Episode 11: The New World(新しい世界)

 赤い鎖を使いディアルガパルキアを喚び出し、新世界を作ろうとするギンガ団
喚び出した2匹を鎖で縛り操ろうとするが、そこに影から現れた謎のポケモンが襲いかかる。ポケモンPtにおける槍の柱でのイベントを映像化した回。
 ただし本来は主人公(コウキ)がギンガ団を止める所が、シンオウのチャンピオンであるシロナに変わっている。

Episode 12: The Magma Stone(火山のおき石)

 ギンガ団の残党・プルートはハードマウンテンに眠るヒードランの封印を解くが、覚醒めたヒードランは暴走を始める。
そこに駆けつけたバクとハンサムは、ヒードランの暴走を食い止めるために協力する。
 ポケモンPtにおけるハードマウンテンでのイベントを映像化した回。ただしプルートの目的が置石でなくヒードランになっている等、細かく違う点がある。

Episode 13: The Uprising(反乱)

 ポケモンリーグに突如として謎の城が姿を現した。単身プラズマ団に立ち向かうアイリスであったが、そこへイッシュ地方のジムリーダー達が応援に駆け付ける。
 ブラック・ホワイトにおけるNの城でのジムリーダー集結シーンを映像化した回。原作通りサンヨウシティのジムリーダー達は残念ながら登場しない。

Episode 14: The Frozen World(凍える世界)

 プラズマ団のヴィオは「いでんしのくさび」を奪うべくシャガに接触する。同じ頃、飛空艇プラズマフリゲートではアクロマの街一つ巻き込む壮大な実験が行われようとしていた。
 ブラック2・ホワイト2でのソウリュウシティが氷に包まれるシーンを映像化した回。いでんしのくさびを奪い取る役がダークトリニティからヴィオに変わっている。

Episode 15: The King Returns(帰還)

 キュレムを従えたゲーチスの野望を打ち砕くために現れたのは、かつてプラズマ団の王と呼ばれたNだった。しかし、いでんしのくさびを取り込んだキュレムの前にNのレシラムは歯が立たず逆に吸収されてしまう。ホワイト2でのホワイトキュレムへのフォルムチェンジの映像化。
 基本的に原作を踏襲しているが、最後にゼクロム前作主人公が駆け付けるシーンはオリジナルの展開。

Episode 16: The Beauty Eternal(永遠の美)

 映像装置ホロキャスターをカロス地方中に広めたフラダリラボ。そのトップであるフラダリは、カロス地方が誇る大女優カルネに「いつまでも若い役を演じたくはないか」と持ち掛ける。
 フラダリがカロス地方で起こした行動の全て、ホロキャスターの開発・発売からカルネとの接触、そしてイベルタルと対峙するまでを描いた回。

Episode 17: The Investigation(操作)

 ある夜のミアレシティの路地裏でポケモン泥棒エスプリを捕まえようとするハンサム。しかし、もこお(ニャスパー)のなつき具合に違和感を感じ、ポケモン泥棒はアシスタントのマチエールではないかと疑問を持ち始める。
 クリア後のハンサム探偵イベント2・4・5話を映像化。ゲームでは主人公がフラダリラボに入りクセロシキが開発したスーツを着用したマチエールを止めようとするが、アニメではハンサムがフラダリカフェで犯人を追いつめるシーンと違う点がある。

Episode 18: The Redemption(贖い)

 新しいポケモンリーグのチャンピオン誕生を祝しミアレシティで祝賀祭を行っている最中、AZが現れ「わたしと戦ってくれ。トレーナーとは何か知りたい。」とバトルを挑まれる。
 ポケモンリーグ制覇後のミアレシティでのイベントを映像化。またフラダリラボで発生したAZの昔話も映像化されている。


関連動画



関連タグ

アニポケ ポケットモンスター ポケモン
YouTube
ポケットモンスターTHE_ORIGIN…3年前に制作されたアニポケ特番。恐らく本シリーズのきっかけになったと思われる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモンジェネレーションズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25460

コメント