2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ポケットモンスターダイヤモンド・パール・プラチナ及びBDSPにおけるダンジョンのひとつ。ハクタイのもりの出口付近にある左右対称の洋館。入り口は細い木で塞がれている
そのため入れるのはハクタイジム攻略後、いあいぎりがフィールドで使えるようになってから。

出現するポケモンはゴースとその進化系だが全国図鑑入手後、夜(20時~3時59分)に洋館の中にあるテレビを調べるとロトムと戦うことが出来る(プラチナは殿堂入り前でも可能)。

ウキ



内部状況

もりのようかん


内部は荒れ果てており、無人になって久しい様子が見受けられる。BGMは雰囲気的に非ヘッドホン・イヤホン推奨。
みんなのトラウマ黒い任天堂のひとつ。BGMだけでトラウマになった人も少なくないかもしれない。
このような惨状であるにもかかわらず、テレビはロトムを捕まえた後でも付けっ放しである。

数々の噂

トラウマの原因のひとつである2人の幽霊がたびたび出現する。1人は2階の部屋に出てくる少女の幽霊、もう1人は食堂に出てくる老人の幽霊である。
彼らはまるでスライドするようにスーッと滑るように移動するが……。後を追ってもそこには誰も居ない……
この2人に関しては様々な噂がある(後述)。

また、洋館の建物が左右対称であることから豪邸を構えているウラヤマ、洋館の調査を拒んでいたジムリーダーのナタネが何かしらの形で関わっているのではないか?といった様々な説がある。
それに関連してとある人によってそれを裏付けるような動画が制作されたりするも、ナタネ説に関しては公式で否定されている。…認めたらそれはそれで大問題だが。
ウラヤマ説は洋館のエントランスにある石像が右側だけ無くなっており、それと同じデザインの石像がウラやまのポケモン屋敷で確認でき、この石像こそ、洋館のエントランスにあった石像なのではないかという考察だが、根拠に乏しい。

ポケモンジェネレーションズ


一方でYouTubeにて、ラッキーとモミがこの建物内で発生した怪奇現象に恐怖するという公式オリジナル短編アニメのポケモンジェネレーションズがアップされた。
しかしながら、老紳士がモミと達に料理の幻覚を見せてもてなしたり、老紳士が歩いた跡に毒沼が出来てその中に沈んでいったり、メモを見てしまったモミたちに顔色の悪い少女が襲い掛かったり(その際に顔がゲンガーを思わせる者に変化していた)と起こった怪奇現象は原作とはかなり異なっている(一応絵画の目が動いたりと原作ネタはあったが、その絵画が洋館の奥ではなくエントランスにあったり、エントランスの石像が左右存在していたりと内部構造もゲームとは異なる)。
その後、モミがどうなったのか不明らしいポケモンマスターズではモミの会話で「森の洋館で酷い目にあった」というセリフがあるが、似た出来事を原作のモミも体験していたのかもしれない。

また、木のグラフィックは他のどの建物にも使用されていない専用のものだったりする。

他にもこちらのほうをみているように思える紫色の赤い目をした肖像画や二階の右の小部屋に「あんなえたいのしれ...にモ...をもっていかれるとは...」と殴り書きされている書物が存在する(この書物はプラチナ版での追加要素)。

様々な謎に包まれた屋敷であるが、ここで「何か」があったのは間違いないだろう……。

考察

手記からの考察

「あんなえたいのしれ…にモ…をもっていかれるとは…」を穴埋めするとこうなるのではという説がある。(下記参照)↓
「あんな得体のしれないやつらにモーターをもっていかれるとは……」
モーターとはこのダンジョンで入手できるロトムのことらしく実際にロトムの英字表記を逆にすると「Motor」となる(なお、北米版では「モ…」が「mot…」になっている)。
ゲーム内でも特殊なモーターが入った電化製品でロトムがフォルムチェンジすることは知られている。

では「えたいのしれないやつら」とは何者かというと、いくつか候補が考察されているのだが、有名な説が『ギンガ団』の関係者というもの。
その論拠として考えられるのはもりのようかんであるハクタイのもりはハクタイシティに隣接しており、ハクタイシティにはギンガハクタイビルが建てられている点。
そこで配信アイテムであるひみつのカギを使う事でロトムのへやに入ることができるのだが、そこにはアカギプルートなどのギンガ団関係者が書いたと思しき手記が確認できる為、ギンガ団に関係しているのではないかという説が浮上したのである。

絵の正体について

こちらを見てくる赤い目が光る紫色の絵画の正体はゲンガーではないかという説がある。
これは実際にダブルスロット(差し込むソフトは第3世代のソフトであればなんでもいい)という方法でこの場所でゲンガーを捕獲することができるためである。
余談だが、Wii用ソフト「ポケパークWii~ピカチュウの大冒険~」ではハウスゾーンという洋館をイメージしたエリアでゲンガーが絵画に化けていたりする。

その他

なお、謎の女の子とおじいさんの正体についてはポケモン大好きクラブの企画「本当は怖い!?ポケモン」で取り上げられたことがある。
それによれば少女がポケモンを追いかけて洋館に入り行方不明となり、彼女を探しに洋館に入った祖父もまた洋館で行方不明になったというもの。

女の子が出現する部屋で「みがわり」が拾えるなどの意味ありげな演出があったり、「どくけし」が拾える事から、毒殺説が唱えられたりとアイテム面から考察するユーザーも多い。なお、どういうわけだか、突き当りの部屋で「こわもてプレート」が拾えるが、このプレートは「あくタイプ」を象徴するものである。なぜゴーストタイプを象徴する「もののけプレート」ではないのかは謎である。この事件に何らかの悪意が関わっているとでも言うのだろうか。

LEGENDSアルセウス』で判明した事実として、現在のハクタイの森に当たる黒曜の原野にはそれらしき建物は建造されていない。なので建てられた時代は『LEGENDS』よりも後であると推察される(すでにお菓子としてのもりのヨウカンが存在する為、洋館の方が後に出来た存在であることを伺わせている)。

リメイク版では

BDSPではグラフィックの向上により、内状がより詳細になった。
テレビは古びた雰囲気に合わせてか白黒テレビに変更され、例の絵画も『ポケモンジェネレーションズ』同様男性の肖像画である事が判明している。
なお、BGMに混じって何者かの笑い声が聞こえたり、心霊現象が起こると効果音が鳴るなど演出面はより恐ろしさを増している。
一方で日中は窓から日光が差し込んでいるお陰でビジュアル面での怖さは薄れた。
また、ロトムをゲットするとひみつのカギを入手でき、プラチナ版と同様にギンガハクタイビルの隠し部屋に入る事が出来る為、ますますあの組織との関係を匂わせている。

特にこれといって追加イベントがないのでこの廃墟で起こった事件の全貌は結局、謎のままである。

アニポケ

DP編第105話「羊羹とロトム!」(2008年12月4日)放送。
こちらではミオシティにあるもりのヨウカンが名物なだけの普通のホテルという設定。
嵐で送電線が切れて休業中だった為、サトシ達はアクシデントで動き出した自動機械からレシピを教わろうとしたのだが、いたずら好きなロトムに散々な目に遭わされてしまう。
脚本はカオスな展開に定評のある米村正二氏で、ゲームで背筋を凍らせた視聴者達の腹筋を破壊するトラウマブレイク回となっている。

余談

もりのヨウカン


ここで拾えるハクタイの隠れた名物。なんでもなおし同様、全ての状態異常を回復できる。
余談だが、名称は海外版でもシャレが意識されており、英語版では建物側が「Old Chateau」に対してアイテム名が「Old Gateau」となっている。

詳細はリンク参照

関連イラスト

もりのようかんでおめかしを
もりのようかん
ウキ
シンオウ地方、ハクタイの森の洋館
祝ダイヤモンドパール10周年
主を待つサーナイト、あるいは亡霊
ポッチャマともりのようかん
UBは旅をする ~もりのヨウカン~
サダコが あらわれた!



関連動画






関連タグ

ポケモン DPt シンオウ
みんなのトラウマ
新月島/戻りの洞窟:BGMが同じ。

トラウマスポット繋がり
Nの部屋 ストレンジャーハウス 心霊スポット

関連記事

親記事

ハクタイの森 はくたいのもり

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 351822

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました