ピクシブ百科事典

モミ

もみ

モミとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する人物である。
目次[非表示]

CV:川村万梨阿(アニポケ)/能登麻美子(吹き替え版ジェネレーションズ)

概要

ダイヤモンド・パール・プラチナ』に登場したキャラクター。
名前の由来は恐らく「籾(脱穀前の)」または「樅(モミの木)」。

ハクタイのもり」を通り抜けるときに、主人公と協力する。
性格はおしとやかで、いわゆる「お姉さん」キャラである。
綺麗な色の髪をした女性。その緑の長い髪を編んでいる。
服も髪の色を反映して、緑を基調としたものを着ている。
またピクシブ内では、必要以上にグラマラスな外見で描かれる事がほとんどである。
その性格と見た目の影響もあり、サブキャラクターであるにもかかわらず、かなり人気の高い。
また「ハクタイのもり」に関連して、ジムリーダーナタネと一緒にしばしば描かれている。

その後に「バトルタワー」で主人公と再びタッグパートナーの一人として登場する。
また『プラチナ』では、「しょうぶどころ」で毎日ランダムで戦う事が出来る様になった。

ハクタイの森で「バトルが苦手」と言っておきながら、対戦で使用するポケモンはHPでの立ち回りを基軸としたガチパーティ編成で勝負を挑んでくる。モミさん、あなたはそういう方だったんですね。
なお、ドットの構成のせいなのかは分からないが、対戦時の彼女の顔はなぜか悪い顔をしている。

「しょうぶどころ」でも使用ポケモンは、全てHP種族値が140以上あるタフなポケモンを使用。
ひょっとして彼女自体も結構タフだったりするのだろうか。

ポケモンジェネレーションズ

そして時は流れて2016年秋。ポケモン生誕20周年と11月のポケモンSM発売を記念し、初代から第6世代までの各世代をテーマとした全18篇のショートアニメをネット配信するアメリカの企画『ポケモンジェネレーションズ』の第10話「The Old Chateau」で、なんと主役として登場する。

同作は歴代でも屈指のホラーイベント「もりのようかん」を題材とした物語。
ライバルや悪の組織、伝説のポケモンなどを主軸に据えた話が大半を占めるジェネレーションズの中にあって、これらの要素が関係しないばかりかストーリークリアにも不要なサブイベントでしかない上に、そもそもモミ自身は原作のイベントに一切絡まないのに実際に関わりのあった人を差し置いて主役に抜擢されるという破格の扱いを受けている。

まぁ、原作でのナタネの性格を考えれば洋館に入ることはあり得ないのだが…
ちなみに本作に登場するモミは体型こそ普通だが作画は妙に気合が入っており、頬がやけに赤みがかっていたり潤んだ唇が何度もアップで描かれるなど、やたらとエロい。

所持ポケモン

ハクタイのもり


バトルタワー(マルチバトル)

しょうぶどころ

アニメ

その他のタッグパートナー


関連タグ

ポケモン DPt
ラッキー ハピナス
表記揺れ:モミ(トレーナー)

pixivに投稿された作品 pixivで「モミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1554292

コメント