ピクシブ百科事典

ガーメイル

がーめいる

ガーメイルとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.414
英語名Mothim
ぶんるいミノガポケモン
タイプむし / ひこう
たかさ0.9m
おもさ23.3kg
とくせいむしのしらせ/いろめがね隠れ特性


進化

ミノムッチ ┬(Lv.20以上、♂)→ ガーメイル
      └(Lv.20以上、♀)→ ミノマダム

概要

HP攻撃防御特攻特防素早さ
709450945066


初出は第4世代(『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』)
ミツハニーから蜜を奪うことばかり考えているポケモン。進化の都合上、雄の個体しかいない。
そのうち女王様からパワージェムでお仕置きされるだろう。

♀の方のミノマダムはミノに応じて3形態もいるのに対して、こちらはどのミノから進化させても同じガーメイルになるのがやや寂しい。タイプも至って平凡なむし・ひこう複合だし。

種族値自体は両刀なのだが、まともに使える物理技は「とんぼがえり」「とびかかる」と、アイテム無しで放つ「アクロバット」くらいで、物理のサブウェポンに乏しい。今後の強化に期待したいところだ。
こうげき以外はメガヤンマに劣り、鈍足で耐久力もない上に技の面でも厳しい部分があるが、BWではステキな積み技「ちょうのまい」を覚えた。
それでもアゲハントの上位互換どまりであり、このポケモンならではという戦術に乏しいのが現状である。

現実に存在するミノガ同様、外見的に雄が蛾で雌が蓑虫である(一応完全変態である)。
また、ミツバチから蜜を奪うのはミノガではなく、クロメンガタスズメである。
実は、成虫のミノガは口が無く、幼虫の頃に貯めた栄養分の分だけ生きられる。
ミノガ以外にもフユシャクなど、雌は翅を持たない種類がいくつか存在する。
こちらもそのうちポケモンになるかもしれない。

アニメでのガーメイル

ダイヤモンドパール30話でモミのポケモンのミノムッチが進化して登場。
技はまもるサイケこうせんたいあたりめざめるパワー、更に本来は覚えないちょうおんぱを使用。

ポケモンGOでは

2019年5月18日に実装された。

進化前ミノムッチが激レアになってしまったため、このポケモンに進化することすらかなりの苦行。
性能も原作譲りのため、どちらかと言えばコレクション向けだろうか。
一応ミノマダムと異なり進化はどの♂でもよいため、揃えること自体はあちらより楽。

関連イラスト

お花畑で捕まえて
ガーメイル



関連タグ

ポケモン一覧 DPt
ミノムッチ ミノマダム
モルフォン ドクケイル ウルガモス……蛾繋がり

関連記事

親記事

ミノムッチ みのむっち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガーメイル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105755

コメント