ピクシブ百科事典

目次[非表示]

一般的な用法としては→不意打ちを参照のこと。

データ

初出第4世代
威力80(~第6世代)→70(第7世代)
命中率100
PP5
タイプあく
わざ分類物理
攻撃範囲単体
直接攻撃
備考攻撃優先度+1。ただし、相手が攻撃技を選択していない場合は失敗する
英語名Sucker Punch


概要

第4世代で登場した、あくタイプの先制技。
他の先制技より威力が高い反面、相手が攻撃技を選択していた場合のみ技が成功するという、なんともあくタイプらしい捻くれた条件が備わっている。
あくタイプを中心に、ゴーストタイプクチートウソッキーなど相手を欺く習性を持つポケモンが習得する傾向にある。

第4世代限定で教え技になっており、ゴローニャカポエラー、果てはラティアスまでこの技を使えたりする。第5世代以降習得する術は無くなったのだが、『ORAS』よりレーティングバトルにおいては過去作産のポケモンの使用自体ができなくなったため、現在では意識する必要性も薄れてきている。
その反面、いかにも不意討ちが得意そうなマニューラは習得できず、教え技の対象からも弾かれていたりする。


攻撃や効果を活かす上で相手の行動を読む必要があるというのはこのタイプには珍しくない事なのだが、「ふいうち」はPPも5(最大8)しかないため、特に正確な読みを要求される上級者向けの技と言える。
ちなみに「ソーラービーム」を始めとした溜め技の溜めターンは「攻撃技を選択」と見なされるが、「はかいこうせん」を始めとした反動技の反動時はそう見なされない。ただし第4世代では反動中も「攻撃技を選択」扱いとされていた。

あくまでも優先度は+1であるため、優先度+2以上の攻撃には打ち勝つ事ができない。具体的には「しんそく」・「フェイント」・「ねこだまし」・「であいがしら」の4種類となる。
同じ+1の場合には素の素早さ勝負となる。「ふいうち」同士てかち合った場合も速い方のみが不意討ちできる。
基本的に既に行動している相手にふいうちは通じないという認識で問題ないだろう。

一方、発動条件が「攻撃技を選択」である事から、ダブルバトルマルチバトルにおいては自分が攻撃対象でなくとも成功できる
反面、優先度+3である「このゆびとまれ」や「いかりのこな」を使用されると攻撃が引き寄せられてしまい、攻撃技では無い上に既に行動も終えているという事から当然失敗してしまう。


第6世代では種族値等の兼ね合いから、トップメタであるメガガルーラメガクチートが本家あくタイプと同等かそれ以上にこの技を使い環境を席巻するという現象が発生した。特に先制技を持たないアタッカーにとってはかなり辛かった。

さすがに問題視されたのか、第7世代では威力が70に下げられた。
それでもまだ並の先制技よりは威力が高いのだが、巻き込まれたあくタイプの心境やいかに。

関連タグ

あくタイプ ポケモン技一覧

他の先制攻撃技

でんこうせっか マッハパンチ バレットパンチ かげうち アクアジェット
こおりのつぶて しんくうは であいがしら ねこだまし フェイント しんそく

pixivに投稿された作品 pixivで「ふいうち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 347406

コメント