ピクシブ百科事典

ソーラービーム

そーらーびーむ

ポケモンの特殊わざのひとつ。初代から登場。
目次[非表示]

データ

初出第1世代
いりょく120
めいちゅう100
PP10
タイプくさ
わざ分類特殊
攻撃範囲単体
直接攻撃×
備考1ターン目に光を吸収し、2ターン目に攻撃する。天候が「はれ」状態なら1ターンで撃つ事が出来る。天候が「あめ」「すなあらし」「あられ」状態の場合は威力が半減する
英語名Solar


概要

初代から存在する技。永遠の技マシン22。
太陽の光を浴び、その光から得たエネルギーをビームとして撃ち放つ大技。
しかし溜めタイプの技であるため、第1世代では草タイプ最高威力の技でありながら(草タイプ自体が不遇だった事もあり)採用率は低かった。
エフェクトの変貌がかなり激しい技で、初代~RSまでは単純なビーム発射だがDP辺りでは天から降り注いだりXYではエネルギーを打ち上げて斜めに照射したりと全く違う技になっている。

第2世代からは、「にほんばれ」等天候「はれ」の下では溜め無しで放てるようになり、主に晴れパーティで採用されるようになった。
さらに第4世代からはほのおタイプが軒並みこの技を覚えられるようになった。というかほのおタイプの最終進化系でこの技を覚えられないのはこいつしかいない。第7世代になってこの技を使えない仲間が増えた。(ヒートロトムオドリドリ(めらめらスタイル)も覚えないがこれらは所謂フォルムチェンジの一つという特殊な事情が絡んでいるのでこの限りではない)

…が、草タイプは「はれ」による炎技の威力上昇が痛く、むしろ炎タイプが弱点対策として導入することが多い。
特性ひでりもちのキュウコンメガリザードンY、第7世代からはコータスまでもがいきなり撃つ事ができる。また一回きりだがパワフルハーブを持たせても溜め無しで撃つ事が可能。
また、ようりょくそ持ちのくさタイプの特殊型とも相性はいい。
なお、「ひざしがつよい(はれ)」ときと通常以外の天候で放つと威力が半減してしまう。

余談だが、第2世代でソーラービームを覚える炎タイプの最終進化系は(伝説系統を除けば)ヘルガーだけだったりする。

また、第6世代では威力120の特殊技が軒並み110に下げられたが、溜め技なのが幸いしたのかきあいだま同様威力が120のままになっている数少ない技。また、はなびらのまいの方も威力は据え置きのままである。リーフストームは下げられたが。

アニポケ(ベストウイッシュ)ではデントヤナップの必殺技としてもよく使用された。

関連タグ

ポケモン技一覧 ヤナップ はなびらのまい

pixivに投稿された作品 pixivで「ソーラービーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 222137

コメント