ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. ポケットモンスターシリーズわざの一つ。本項で解説する。
  2. ファイナルファンタジーシリーズに登場する技。

データ

初登場ポケットモンスター ダイヤモンド・パール
いりょく140(第4~5世代)→130(第6世代)
めいちゅう90
PP5
タイプくさ 
ぶんるいとくしゅ
直接攻撃×
範囲単体
効果攻撃後、自分の「とくこう」が2段階下がる
英語名Leaf Storm

概要

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』から登場するわざ

尖った葉っぱで嵐を巻き起こし、相手を攻撃するくさタイプ屈指の大技。

説明文からして「はっぱカッター」と同じ物理技のイメージがあるが、実際は特殊技である。

ハードプラント」を除けば、くさタイプの特殊技における最高威力の技となる。


習得できるポケモンはくさタイプが多い。『ポケットモンスター ソード・シールド』からはミュウや、もともとがくさタイプのバドレックスも習得できるようになった。主に補助技が少なめのアタッカーが習得する傾向にある。なお御三家はブリガロン以外全員習得可能。

達筆すべきはやはりジャローダで、隠れ特性・あまのじゃく下で放つとダメージ+自身は特攻2段階上昇(=次の「リーフストーム」の威力がさらに上がる)と追加効果のデメリットが一転してメリットでしかない事から、居座り型でも主力技として採用する事が多い。放つ度に2倍3倍4倍と上昇した特攻に悪寒が走るかも知れない。こだわり系アイテムを持たせればなお良し。


もっとも、隠れ特性持ちのジャローダが例外なだけで、その威力ゆえデメリットは小さくなく、使用した後に自身の特攻が2段階下がってしまう。

つまりオーバーヒートサイコブーストりゅうせいぐんと同じ仕様である。

上記三つの技と同様、リスクもある事から撃ち逃げが主流。但しくさタイプの技はあまり通りがいいものでは無い為、使い勝手はあまりよくない。


とはいえソーラービームと違って溜め無しでも撃てる事や、二発目でも70とそこそこの威力も出る事から単純に火力を求めるだけなら強力な技。


ポケットモンスター X・Y』では特殊技のテコ入れで威力が130に下がってしまった。


「葉っぱが激しく吹き荒れる」という技の構図から、pixivでイラスト化する際は構図がやや被るグラスミキサーとの違いをはっきりさせなければならない。絵師にとっては再現難易度の高い技である。

そしてこの2つの混同が『Newポケモンスナップ』でも発生。ジャローダが技を発生させる場面があるのだが、どちらの技なのかパッと見ではハッキリせず混乱が見られた(正解は「グラスミキサー」)。


外伝作品での登場

ポッ拳

ジュカインのポケモン技として実装…されたのだが、

その実態は前方へと掴み属性を持った小ジャンプを繰り出し、ヒット時は相手の体を抱きかかえて拘束し、回転を加えながら逆さまに落下して脳天から地面に叩き落とすというもの。

まさかのリーフストーム(物理)という凄まじいアレンジが加えられている。

発動時と拘束直後には葉っぱが舞い散り、回転には旋風のエフェクトが伴い、叩き落としの祭には広範囲に葉っぱと風のエフェクトが吹き荒れる…と原作同様の演出を備えてはいるのだが、それでもなお物理攻撃と化したインパクトは凄まじい。


空中の相手しか掴めない・ヒット時には原作同様に攻撃力ダウンのバッドステータスが一定時間付与されるという欠点はあるものの、発生の速さと判定の強さが非常に優秀であり、地面設置技の多用により相手のジャンプ頻度を上げる事のできるジュカインにとっては差し込むチャンスの多い優秀な技と言えるだろう。

慣れればバシャーモブレイズキックの一段目と二段目の間に強引に差し込んで撃ち勝つという、三すくみの仕様は何だったのかと言いたくなる光景を創り出す事も可能。


また、このポッ拳版リーフストームは海外の公式アニメ作品である『Pokémon Generations』にてジュカインの技として逆輸入された。

作中ではタイプ相性が最悪(四分の一)なはずのゴルバットを一撃でノックアウトさせるという無類の威力を発揮している。


関連イラスト

ツタージャのリーフストーム!ジャローダのリーフストーム!

センシティブな作品キレイハナでリーフストーム


関連タグ

ポケモン ポケットモンスター わざ(ポケモン)


オーバーヒート りゅうせいぐん サイコブースト フルールカノン

関連記事

親記事

特殊技 とくしゅわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21086

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました