ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第3世代(FRLG)
タイプくさ
威力150
命中90
PP5
分類特殊
範囲相手一体
直接攻撃×
備考使ったポケモンは次のターン、反動で動けない。
英語名Frenzy Plant


概要

第3世代初登場の技。
上記データからも分かるように草タイプ版はかいこうせん
習得できるのは草御三家の最終進化形のみである。

150という威力は魅力的ではあるが、実際の使用率は低い。
と言うのも、草タイプは基本的に補助技を活かしてテクニカルに攻める戦法がメインになる。
行動回数が重要になる補助戦法で1ターンの行動ロスは相当痛い。
物理アタッカー寄りのドダイトスブリガロンは特攻が低く活かしきれない。
ジュカインにしても、低耐久での行動ロスは辛すぎる。ジャローダについてはこっちの技連射した方が強いので使われない。
そもそも御三家特攻ワースト1のゴリランダーは言わずもがな。
使えるとしたらやはりメガニウムだろうか。第3世代地点ではくさタイプはまともな技が少なかったのでフシギバナに採用するケースもあったが第4世代で草特殊の安定技エナジーボールが出たのでほぼ使われない。
採用するなら「しんりょく」発動時の最後っ屁として使うと良いだろう。

……と思っていたら、ポケモンSMポケモンUSUMZワザ「ブルームシャインエクストラ」や、ポケモン剣盾ダイマックス技「ダイソウゲン」、フシギバナの「キョダイベンタツ」のベース技として需要が出てきた。
他の技に比べて威力が高くなる上にダイマックスであればそれまで不可能だった連発もできるため、採用率が高まっている。
場合によっては素で使うこともなくはないようだ。

2015年のポケモン映画前売り券で入手できるアルセウス様は「ブラストバーン」と「ハイドロカノン」は覚えているが、なぜかこの技だけは覚えていない。その代わりなのは「だいちのちから」である。おそらく映画内の「いましめの壺」の復元精製が「火・水・土により生み出された」とされて草タイプが入っておらず、地面タイプが代役となったため。
初代のイーブイが使える買える進化の石といい、草はハブられる運命にあるのだろうか。

余談だが、英語名は2つが同じ名前なのに対し、ハードプラントだけは「Frenzy Plant」になっている。

ポケモンGOでは

スペシャルアタック(ゲージ技)の一つとして登場。

コミュニティ・デイの対象となった草御三家を、イベント期間中に最後まで進化させることで、この技を習得した特殊な個体へと進化することができる。
イベント以前に捕まえておいたポケモンを進化させても習得可能な一方、既存の最終進化ポケモンにわざマシンスペシャルを使ってこの技を習得させることはできないので注意。

2021年8月現在、

に習得のチャンスがあった。
恐らく、今後追加される草御三家の最終進化系も習得できるようになるものと思われるので、今のうちから個体の厳選等を行っておくのが良いだろう。

肝心の性能は、ゲージ消費が1/2であるのに対し、威力は100と1/2ゲージ消費技の中でトップクラスに高く、それでいて技の硬直時間も短めというとんでもないもの(早い話が、シャドーボールマジカルシャインのくさ版と思っていただければ良い)。
ぶっちゃけ原作での不遇っぷりが嘘であったかのような超高性能な技であり、現在では草御三家の最強技としての地位を欲しいがままにしている。

フシギバナの場合

これまでのフシギバナは、通常技では「つるのムチ」による圧倒的な連射性を持ちながら、くさタイプのゲージ技では、威力こそ抜群だが非常に出の遅い「ソーラービーム」か、出は速いもののフルゲージ技としてはいささか威力の低い「はなふぶき」のどちらかしかなかったため、爆発力はあるものの小回りが利きにくいという難点があった。
また、通常技の出こそ早かったものの、フシギバナ自身の攻撃力はそこまで高くはないため、同じソーラービームを覚えるくさポケモンであるナッシーに比べて火力の面では劣ってしまうのが現状であった。

しかし、この技を習得したことで、フシギバナは圧倒的なゲージ回収能力とゲージ技の驚異的な連射性の2つを同時に手にすることとなり、遂に長年の弱点を完全に克服それまでくさタイプの中で最も攻撃力があると言われていたナッシーとも互角に渡り合えるほどの強キャラへと一気に変貌を遂げたのである。

このため、現在ではジム攻略・防衛の双方およびレイドバトルにおいてもこのハードプラントを習得したフシギバナを多く見かけるようになり、ソーラービームに代わるフシギバナのメインウェポンとして大活躍している。
本編での不遇っぷりが嘘であるかのような大躍進を遂げたと言えるだろう。

メガニウムの場合

コミュニティ・デイの対象に選ばれたことにより、メガニウムにもつるのムチ+ハードプラントという草タイプ最強と言える技の組み合わせが与えられることになったのだが、攻撃種族値がフシギバナ以上に低かったのが難点であった。
ハードプラントを習得しても尚、フシギバナやナッシーといった優秀アタッカーには幾分も劣っているため、実用性を求めずに「コミュニティ・デイに参加した証」程度に考えておくのが良い…とされていた。

しかし、トレーナーバトルの実装後は、メガニウムの耐久性の高さが注目されるようになり、低めの火力もこのハードプラントである程度は補えることもあって、十分に実用性のある技として再評価がなされている。

ジュカインの場合

ジュカインは通常技でむし技「れんぞくぎり」を覚えられる。
一見するとタイプ不一致なので微妙と思われがちだが、この技、単発の威力は低いながらもつるのムチを上回る驚異的な連射性能の高さとゲージ回収能力を誇る技であり、これによってジュカインは他の草御三家よりも短いスピード&スパンでハードプラントを使用できるという強みを持っている。

なお、ジュカインはこれ以外にも威力70の3ゲージ技である「リーフブレード」を持っており、こちらは総合的な威力ではハードプラントには劣るものの、硬直時間が更に短く、より安定した立ち回りができるというメリットもあるため、性能面では一長一短となっている。

ドダイトスの場合

ドダイトスの通常技の候補はダメージが高い代わりにゲージの貯まる量が少ない「はっぱカッター」「かみつく」である。
他の御三家と異なりゲージ効率に優れた通常技が無いため、ハードプラントを発動できるゲージを貯めるまでに時間がかかってしまい、時間あたりの攻撃力ではフシギバナやジュカインに一歩劣ってしまっている。
が、草御三家の中でも高水準の耐久力や、独特な複合タイプであることに由来する耐性の違いがあるため、他の草御三家との差別化は十分可能である。

ジャローダの場合

耐久がフシギバナよりも高く割いているため、主にジム防衛やトレーナーバトル向きのポケモンになる。
汎用性はあまり高くなく、1/2で攻撃を2段階下げる「グラスミキサー」、ひこうタイプの「つばめがえし」ぐらい。前者は不利対面の相手に後遺症を残すチャンスがあること、後者はくさ・かくとう・むしタイプ相手に弱点を突けることが利点。どちらを選ぶかはプレイヤー次第。
因みに、エアームドデンチュラにはつばめがえしよりハードプラントの方がダメージが入りやすい。威力が2倍近く違う所以である。

ブリガロンの場合

現在は未実装であるが、覚えさせれば「エナジーボール」を上回る回転率を誇るだろう。
能力も平均的なので、様々な場面で使いやすい。

類似技

タイプ分類わざ
ノーマル物理ギガインパクト
特殊はかいこうせん
ほのお特殊ブラストバーン
みず特殊ハイドロカノン
くさ特殊ハードプラント
かくとう物理スターアサルト
エスパー特殊プリズムレーザー
いわ物理がんせきほう
ドラゴン特殊ときのほうこうムゲンダイビーム


関連タグ

ポケモン ポケモン技絵 ポケモン技一覧
くさタイプ
ポケモン御三家
究極技

他のポケモン御三家究極わざ
ブラストバーン ハイドロカノン

ポケモン御三家限定わざ
くさのちかい ほのおのちかい みずのちかい

関連記事

親記事

はかいこうせん はかいこうせん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハードプラント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145721

コメント