ピクシブ百科事典

れんぞくぎり

れんぞくぎり

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場する技の一つ。
目次[非表示]

データ

初出第2世代
タイプむし
威力10(〜第4世代)→20(第5世代)→40(第6世代)
命中率95
PP20
分類物理
範囲単体
直接
効果攻撃を当てるたびに威力が2倍になる。
英語名Fury Cutter


概要

第2世代から存在する技。
カマやツメで相手を攻撃し、その威力を高めていく技。
なお、最大威力は160で変わっていない。

第4世代までは初撃が10と低く、最大威力まで持ち込むのが難しい事から採用率は低かった。
第5世代では初撃が20になったがそれでも相変わらずである。
「初撃の威力が低い」「ゴーストに半減」という理由から、ケッキングが相方のデスカーンを無理矢理殴って最小限のダメージで特性ミイラをいただく戦法で稀に使われるぐらいか(これすらロマン度が高すぎて実戦で狙うのは困難である)。

しかし第6世代では初撃威力が40に上昇し、ある程度使えるほどの威力にはなった。
主に特性・テクニシャンストライクコロトックに採用させる事が多い。

欠点は技を止められると威力が元に戻ってしまう事。
まもる等の防御技には細心の注意を払おう。

ポケモンGOでは通常技としての扱いを受けており、むしくいと並ぶむしタイプの基本技となっている。
本作のバトルはターン制ではないため、当てるごとに威力が高くなっていくという仕様は撤廃されている。
威力は3とすべての技の中でも最低クラスの威力だが、半面連射性の高さはすべての技の中でもトップクラスに高く、スペシャルアタックの発動に必要なゲージを溜めるのにはうってつけ。
エスパータイプあくタイプ等のむし弱点のポケモンに対しては、「れんぞくぎり」と「シザークロス」を連発しているだけであっさり撃破できてしまうことも珍しくない。
むしタイプの習得者が多いが、それ以外だと、カモネギジュカインザングース等が習得できる。

ポケダンにおいても同様に当たるごとに威力が高くなる仕様は無いが、代わりにダブルアタックなどと同じく1ターンに2回連続で攻撃する技となっている。
探検隊においてはテクニシャンで強化される対象の技となっており、レベル1ダンジョンにおいて敵のハッサムがおぞましいほどのダメージを叩き出すこともある。連続技はやや命中率が低めに設定されているもののレベル1ダンジョンのハッサムは賢さ「集中」(自身の命中率が1段階上がる代わりに、自身の回避率は1段階下がる)を身に付けているため避けることは期待出来ない。むしのしらせも同時に発動していた場合は1発目で斬り殺される事も珍しく無いので要注意。

余談だがカイロスはシザークロスが登場するまでタイプ一致で使える技がこの技しかなかった。
その為第3世代まではタイプ一致技をめざめるパワーで代用するケースもあった。

なお、特性がテクニシャンだと、途中から特性が適用されなくなる。

関連タグ

ポケモン むしタイプ  ポケモン技一覧 ポケモン技絵

関連記事

親記事

ポケモン技一覧 ぽけもんわざいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「れんぞくぎり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 162

コメント