ピクシブ百科事典

ジュカイン

じゅかいん

ジュカインとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.254
英語名 Sceptile
ぶんるい みつりんポケモン
タイプ くさ
たかさ 1.7m
おもさ 52.2kg
とくせい しんりょく / かるわざ(夢特性)


他言語版の名称

英語 Sceptile
イタリア語Sceptile
スペイン語Sceptile
フランス語Jungko
ドイツ語 Gewaldro
韓国語  나무킹
中国語 蜥蜴王


進化

草の親子


キモリジュプトル(レベル16) → ジュカイン(レベル36) → メガジュカイン(メガシンカ)

概要

『ポケットモンスター ルビー・サファイア』(第三世代)に初登場したポケモン。
ジュプトルの時期より爬虫類っぽさが増した外見になった。名前の由来は「樹海」と思われる。

密林では無敵の強さを誇るポケモンで、後ろや頭上からの敵の隙を突いた攻撃が得意。腕の葉っぱの切れ味を持ち、大木をも容易く斬り裂く。
その一方でを大切に育てる優しい一面もあり、背中には栄養分を貯めた黄色いを6つ付けている。

よく進化前のジュプトルの方がかっこいいと言われ、そのジュプトルがポケダンでお株を上げたために、さらに比較の対象にされて何かと不憫に見られがち。
だが草御三家としてはドラゴンに近い割とオーソドックスな外見で(実際ドラゴンタイプの素養を秘めていた)、そのクールな性格や独特のスタイリッシュさからこちらも根強い人気を博している。

ゲームにおける特徴

それまでのくさタイプ御三家がレベル32での進化なのに対し、このポケモンは初めてレベル36での進化となった。
また、くさタイプ御三家の最終形態では数少ない二足歩行であり、合計種族値もくさタイプ御三家では最も高い。この2点はカロス御三家であるブリガロンにも共通する。

御三家最終形態ではゲッコウガに次ぐ素早さを持ち、くさタイプとしても幻のポケモンシェイミスカイフォルムを除けば最速。
そしてメガシンカ形態であれば、それすら上回る素早さを得ることが可能。

特攻も高く、現在に至るまでくさタイプ御三家では最も高い。
一方で防御・特防は低く、耐久数値だけ見ればマニューラとほぼ同じレベルという、分かりやすい速攻型のポケモンである。


また、くさタイプとしては珍しく粉系の補助技を一切覚えず、くさらしい補助技というと「やどりぎのタネ」や「くさぶえ」くらいしかない。
その代わりくさの中でもそこそこ攻撃技に恵まれており、特殊技では「エナジーボール」「リーフストーム」「りゅうのはどう」「きあいだま」などを覚えられる。
特に「きあいだま」を覚えられるおかげで、特殊型でもはがねタイプで止まらないのは大きい。

二足歩行の性か物理技も多く覚え、「リーフブレード」「じしん」「いわなだれ」「かみくだく」「かみなりパンチ」「シザークロス」と、特殊技を凌ぐレパートリーを誇る。
つるぎのまい」も覚えられ、「こうげき」も低くはないので物理主体でも十分戦えるのが強み(というか物理技を使わないとジュカインをシナリオで使う事はかなり難しい)

主な戦法としては、リーフストームの撃ち逃げ、「みがわり」で「ヤタピのみ」としんりょくを安全に発動させるもの、「みがわり」とやどりぎのタネを組み合わせる所謂「やどみが」、「つるぎのまい」からの物理型などがある。
メガシンカもできるが弱点や耐性、特性ががらりと変わり、色々な持ち物と相性が良い為、敢えてしないまま戦っても十分強い。


隠れ特性は「かるわざ」。
元々が早いので素早さが2倍になったところで無駄に思えるが、「おいかぜ」やスカーフ持ちの上を取りやすいので出番がないわけではない。
安全に発動させるなら「しろいハーブ」を持って「リーフストーム」を使うのがよい

登場したBW時代当時は「ひこうのジュエル」からアクロバットを使ってもよかったが、現在この戦法を取ることはできない。
現在はカプ神達が展開する4大フィールドで「~シード」を消費し、かるわざを発動するというコンボが主流となっている。

ポケモンGOでのジュカイン

草御三家全体にも言えることだが、進化前のキモリは出現率が高めなので進化や強化がバシャーモラグラージに比べて遥かに楽。

原典同様、耐久は低めだが、攻撃はかなり高めなステータスとなっている。

通常技候補は「タネマシンガン」と「れんぞくぎり」。
ゲージ技候補は「リーフブレード」、「じしん」、「つばめがえし」。

代名詞とも言える「リーフブレード」は1/3ゲージなのに威力70というかなり優秀な性能。発生の速い「れんぞくぎり」で素早くゲージを貯め、相手の技を回避しながら確実にリーフブレードを決める戦い方が強力。今後キモリのコミュニティデイで「ハードプラント」を習得できればさらなる火力アップも期待できる。

アニメでのジュカイン

サトシのジュカイン

ジュカサトオオオオオ


CV: うえだゆうじ

AG編161話にて、サトシのジュプトルが、一目惚れしたメガニウムを守ろうとしたことがキッカケで進化する。
しかしこの恋は失恋に終わり、スランプに陥って技を出せなくなってしまうが、同163話で克服。以降はAG編におけるサトシのエースポケモンとして活躍した。

体が大きくなっても持ち前のスピードは落ちることなく、瞬間的な速さならばデオキシスのスピードフォルムにも匹敵する。

DP編では、シンオウリーグの準決勝(189話)で久々に登場。強敵・タクトダークライを4体目にして撃破という快挙を成し遂げた。

ショータのジュカイン

ポケモントレーナーのショータが勝負をしかけてきた。


CV: うえだゆうじ

XY編にて、新人トレーナー・ショータの最初のポケモンであるキモリが登場し、同75話でジュプトルに進化する。
ショータ自身がキモリをジュカインに進化させ、更にメガシンカさせることを夢としており、XY&Z編OP「XY&Z」にてメガジュカインが登場したため、その夢が実現する可能性が高まっていた。

そして同13話でジュカインに進化して登場し、同33話のカロスリーグ準々決勝でメガシンカを初披露、ショータを準決勝へと導いた。メガストーンは首に巻いたスカーフの留め具として身につけている。
同34話、35話で行われた準決勝ではショータの6体目として登場し、サトシのピカチュウゲッコウガと対戦する。
このバトルはスタッフの気合いが込められた一戦となっているので、未視聴の方には是非お勧めしたい。

その他

AG編での初登場は、127話でサトシとバトルしたテツヤというトレーナーのポケモンとして。
担当声優は阪口大助

本編のサイドストーリーを描いたオリジナルアニメ『ジェネレーションズ』では、ユウキ(トレーナー)の手持ちとして登場している。

ポッ拳でのジュカイン

2015年12月10日、『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』にて通算11番目のファイターとして参戦することが発表され、翌週17日のバージョン"L09"を以て開放された。ジュナイパーが参戦するまでは、バトルポケモンで唯一のくさタイプだった。



  • タイプ:スピード
  • バーストアタック:夢想・樹海新生

スピードタイプだけあって火力は控えめだが、時間差で効果を発揮する設置技を数多く持ち、相手を追い詰めつつじわじわと体力を削る持久戦を得意とする。

その他にも、相手の体力と共鳴ゲージを吸収する遠距離投げのギガドレイン、一定時間無防備になる代わりに成功すれば体力と共鳴ゲージを回復させられるバックシュート、攻撃力が下がるものの、共鳴ゲージを増やしながら大ダメージを与えられる対空投げ技リーフストームなど、個性的かつトリッキーな技を多数有する軽業師。

反面、それらの技はトリッキーゆえ扱いづらいものも多い。また相手と密着しての殴り合いでは単発火力の無さで力負けすることも多く、遠くまで届く飛び道具もないため、間合いの調節が難しい。やや上級者向けのキャラといえよう。

共鳴バーストするとメガジュカインにメガシンカ。各種攻撃にりゅうのいぶきへの派生が追加され、投げ技の威力が上昇、さらに設置攻撃の弾数や攻撃のタイミングも変化し、積極的な攻撃にも強くなる。
同キャラ(ミラー)戦では、通常・共鳴時共に緑の部分が濃紺に変化する。

余談

初登場の「ルビー・サファイア」のグラフィックはラグラージ以上にキモいという声があるほど不評だった。
だが世代を追うごとに徐々にスマートになっていき、現在ではかなり落ち着いたデザインになっている。

関連イラスト

ホウエン御三家はいいぞぉ!
やすらぎ



関連タグ

ポケモン一覧 RSE くさタイプ リーフブレード
樹海/密林/ジャングル ヤモリ アサシン 新緑

ホウエン御三家の最終形態
ほのおタイプ / バシャーモ
みずタイプ / ラグラージ

他の地方のくさタイプ御三家
カントー / フシギバナ
ジョウト / メガニウム
シンオウ / ドダイトス
イッシュ / ジャローダ
カロス / ブリガロン
アローラ/ジュナイパー

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュカイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2482952

コメント