ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

しんくうは

しんくうは

複数のゲームにおける真空波を使う技。ここではポケモンの技を主に解説する。
目次 [非表示]

曖昧さ回避



データ

初出第4世代
威力40
命中100
PP30
タイプかくとう
分類特殊
攻撃範囲単体
直接攻撃×
効果必ず先制攻撃できる。攻撃優先度+1
英語名Vacuum Wave

概要

第4世代から存在する技。

拳を素早く振り、真空の波を飛ばして攻撃する。

いわゆる先制技の一種であり、その中でも数少ない特殊技となっている。当然ながら非接触。

かくとう特殊技としても貴重な技。


自力習得可能なポケモンはかなり少なく、第9世代現在でもエビワラーストライクルカリオ系統・カミツルギのみ。タマゴ技として習得可能なのもたった3種。

第4世代では教え技となっており、主にかくとうタイプに与えられている……が、揃いも揃って特攻低めで活かせるポケモンはあまり多くなかった。ちなみに、教え技時代はなぜかストライクに教えられない(先述の通り自力で覚える)と言う妙な仕様になっていた。


その後、第5世代で教え技から外されるも、第9世代でわざマシンとして復活。

非常に多くのポケモンが新規に習得した。

現在は主に特殊型のかくとうタイプや、エンペルトサーナイトなどの特殊ポケモンに採用されることが多い。


ちなみに、ゴウカザルはマッハパンチもレベルアップで覚えるので、どちらか一方あれば戦え、マッハパンチはピンクの悪魔を倒すために使われることが多く、しんくうははハガネールなど、防御が高く特防が低いポケモンに使われる。

まれに両方を併せ持つ猿もいたりするものの、どちらもPPの割にどうみても火力不足なのでPP切れを狙わない限りどちらかに絞った方が吉。


ルカリオはこれ以外にもバレットパンチしんそくを覚えられる。

メガシンカするとしんくうはとバレパンはてきおうりょく込みで威力80になり、不一致のしんそくと同威力になるが、しんそくは優先度+2とねこだましであいがしら以外なら先制技相手でも確実に先制可能、バレットパンチはかくとうと範囲は少々被るが無効タイプがなくフェアリータイプ相手にもよく刺さるという強みを持つため、どれを覚えさせるかは技構成と相談することになるだろう。


またさめはだてつのトゲで相討ちに持って行かれやすいサメハダーナットレイには一応こちらの方が有効。

また、最近流行のからをやぶる使いは大半がパルシェンのような低特防・かくとう弱点なので結構この技が刺さる。


ちなみにポケダンにおける刃を広範囲に飛ばす「しんくうぎり」とは別物。

また、技説明で「拳を振って真空の波を巻き起こす」とは書かれているが、てつのこぶしは適用外である。直接殴らないと意味が無いと言う事なのだろう。



余談

アニポケ等の媒体では、進化するまで「はどうだん」を使えないリオルが代わりに使うケースが多い。


実際、第7シリーズの第45話でサトシのリオルがルカリオに進化した際に「しんくうは」を指示したのに対し、波動で「はどうだん」を覚えた事を伝え、それに応じたサトシが「はどうだん」を指示し直した、という描写がある。

(少なくともゲーム内では)ある技が進化して別の技になる、という要素は無いため、恐らく進化時に「しんくうは」を自発的に忘れ、「はどうだん」を覚えたものと思われる。

通常、ポケモンに技を忘れるのにはトレーナーの力を借りなければならない筈だが、ルカリオのような知能が高いポケモンならばそれも自ら行える、という事なのだろうか。


いずれにせよ、先制技を忘れてしまった事が今後のバトルにおいてどれだけ影響を及ぼすか、気になる点ではある(アニメでは先手後手の描写は不明瞭だが、「しんくうは」のような先制技は連射が利いたりするという形で優先度の高さが描かれている)。


関連タグ

わざ(ポケモン) ポケモン技絵 かくとうタイプ

はどうだん きあいだま


先制技関連

でんこうせっか マッハパンチ こおりのつぶて バレットパンチ かげうち アクアジェット

ふいうち しんそく

ねこだまし

関連記事

親記事

特殊技 とくしゅわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9812

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました