ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ編集

初出第4世代
効果技のタイプ一致補正が1.5倍から2倍になる
英語名Adaptability

概要編集

第4世代から存在する特性。

効果はタイプ一致補正が1.5倍から2倍になるというシンプルながら非常に強力なもの。倍率にして1.33倍となり、「かたいツメ」「ちからずく」や各種スキンの倍率をわずかに上回る。

所有者は通常特性でイーブイポリゴンZバスラオ隠れ特性ではヘイガニ系統・ヒンバスクズモー系統・ヤングース系統、メガシンカではメガルカリオメガスピアーがいる。


補正を強化するという都合上、威力の高い技に対しての恩恵の方が大きくなる。

例を上げるとポリゴンZの「はかいこうせん」が実質威力300と一致「じばく」レベル、イーブイの最大威力「じたばた」に至っては実質威力400と、一致「だいばくはつ」すら上回る、ポケモントップクラスの威力を叩き出すことが可能になる。


また、低威力の技が恩恵を受けにくいというわけではなく、「でんこうせっか」や「アクアジェット」が実質不一致「しんそく」並の威力になると言えば中々強力なのが分かるだろう。


そしてタイプ一致補正が2倍になるということは半減相手でも不一致等倍レベルのダメージを叩き出せるということでもあり、ある程度のごり押しまで利いてしまうのも利点と言える。


適用対象がタイプに依存するため、単タイプでは対応範囲が狭いという欠点がある。

第5世代までは複合タイプがシザリガーしかいなかったが、第6世代でクズモー・ドラミドロ、メガルカリオ、メガスピアーと複合タイプでこの特性を持つポケモンが増えた。

とは言え利点ばかりが目立つ特性なので、攻撃面の能力(技はある)が死んでいるヒンバス以外なら単タイプでも十分採用の価値がある特性といえるだろう。


しかし、逆に言うとトレーススキルスワップで相手に取られる危険性も高いということでもあるのでそういった相手にも警戒する必要はある。


第9世代の要素であるテラスタルにはてきおうりょくと同じような効果があるが、てきおうりょく持ちがテラスタルした場合の効果は以下のようになる。

  • テラスタイプと同じタイプのわざを使用した時にしか効果が発揮されない
  • タイプ一致テラスタルを行った場合、そのタイプのわざの倍率は2.25倍になる

タイプ不一致テラスタルだと元タイプのわざの倍率が2倍から1.5倍に低下してしまうし、タイプ一致テラスタルだとてきおうりょくの有無で(あるいはテラスタルの有無で)わざの威力は1.125倍(9/8倍)しか違わないため、そこまで相性は良くない。とはいえ、元タイプと異なるタイプのわざであっても、そのタイプにテラスタルすれば2倍の倍率で使えるのはメリット。


関連タグ編集

ポケモン 特性

威力上昇系特性……かたいツメ ちからずく ヨガパワー ちからもち はりきり ノーマルスキン フリーズスキン スカイスキン エレキスキン フェアリースキン テクニシャン

関連記事

親記事

とくせい とくせい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2094

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました