ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

シザリガー

しざりがー

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0342
ホウエン図鑑(RSE)No.130
イッシュ図鑑(BW2)No.280
セントラルカロス図鑑No.052
ホウエン図鑑(ORAS)No.135
アローラ図鑑(USUM)No.358
ポニ図鑑(USUM)No.105
ガラル図鑑No.103
ヨロイ島図鑑No.092
キタカミ図鑑No.012
ローマ字表記Shizariger
ぶんるいならずものポケモン
タイプみず / あく
たかさ1.1m
おもさ32.8kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性1かいりきバサミ:相手に攻撃を下げられない。
特性2シェルアーマー:相手の攻撃が急所に当たらなくなる
隠れ特性てきおうりょく:技のタイプ一致補正が1.5倍から2倍になる
おとしものヘイガニのから
タマゴグループすいちゅう1/すいちゅう3

各言語版での名称

英語Crawdaunt
ドイツ語Krebutack
フランス語Colhomard
韓国語가재장군
中国語铁螯龙虾

進化

ヘイガニシザリガー(Lv.30)

無題


概要

第3世代『ルビー・サファイア』で登場したヘイガニの進化形。

一回り大きく厳つく成長し、頭頂部についた星型の触覚と腹部の青いラインなど、星条旗を思わせるアメリカンな雰囲気に。


ヘイガニ時代からの生命力や適応力は健在だが、気性はより荒くなり、極めて好戦的かつ排他的な乱暴者となってしまった。

自分のテリトリーに他の生物が居る事を許さない横暴な縄張り意識を持っており、目に付いた生き物に見境なく敵意を向け、巨大なハサミを振り回して容赦なく叩きのめす。

そうして別のポケモンをハサミでつまみ上げ、住処の外へ放り出してしまうので、シザリガーが居座った水場は他の生物が寄り付けず、こいつ以外だれも住み着かない寂しい場所になるという。

 

しかも元々棲んでいた場所だけでなく、他所からやってきた場合でも他のポケモンを理不尽に駆逐し住処を奪い取ろうとする事は珍しくないというならず者ぶりで、生態系に大きな害を与える厄介者という点ではリアルのアメリカザリガニといい勝負。


こうした暴れん坊ぶりから育てるのがとても難しいポケモンとされているが、ポケパルレポケリフレなどで愛でてやることも可能。

ちなみにこいつを育成する場合、進化自体は楽な方だがそれ以外は全体的に大変な方。


一方その傲慢さは、ハサミの威力と頑丈な甲殻に依存しているフシが大きく、ハサミがもげてしまったり、甲羅が柔らかい脱皮直後は、途端に弱気となってしまうらしい。

ハサミそのものは割ともげやすいが、時間があれば元通りに生える。そうしてハサミや甲羅が元通りになるまでは、敵の攻撃を避けるために川底の穴に隠れてビクビクしているという。


つまりハサミが大きく無数の傷跡がある個体は、ハサミがもげる事無く戦い抜いた百戦錬磨の証。

なおハサミの中身はマケンカニウデッポウと違って泥臭く不味いため、とても食べられるようなものではないとか。こんなところもリアルのザリガニさながらである。


前述の様に甲殻に強さが依存しているからか、ポケスペやポケパルレで口下の青い模様付近を触られた時には困ったり嫌そうな表情を見せている。

青い模様はシザリガーの急所にあたる部位もとい身体への守りが薄い箇所と思われる(特性がシェルアーマーなことに関しても急所に攻撃が当たらない様に守ってるだけで急所そのものはあるとルビーに指摘されている)。


名前の由来は「シザー(鋏)+ザリガニ」と思われる。なお、ザリガニの名前は「しざり蟹(後ずさりする蟹)」の転訛とする説がある。

ポケダン第1作では北風の大地に出現していた辺り、モデルのザリガニが苦手とする寒さもへっちゃらのようである。


ゲームでの特徴

RSEORAS

  • 設定に対して当初はヘイガニが限られた場所でのみ「いいつりざお」「すごいつりざお」を使った場合のみの出現でありシザリガーは出現しなかったが、『ORAS』では117ばんどうろ123ばんどうろに「すごいつりざお」で釣れるようになった。


DPtBDSP

  • 殿堂入りかつ全国図鑑入手後に手に入る「すごいつりざお」でカンナギタウンにある水辺で使うとヘイガニ共々釣れる。なお、『BDSP』では全国図鑑入手後の地下大洞窟にも出現する。

HGSS


ブラック・ホワイトBW2


XY


サンムーンウルトラサンムーン

  • 『USUM』ポニの大峡谷にある泡に釣りすると釣れるヘイガニの仲間呼びで出現する。

ソード・シールド

  • ワイルドエリアの「ミロカロ湖」「キバこの瞳」「巨人の腰掛け」、DLC『鎧の孤島』ではヨロイ島にも出現する。
  • ターフタウン北東の川にレベル50かつ3つの個体値が最大値(31)に設定されている個体と一度だけ固定エンカウントする事ができる。

スカーレット・バイオレット


性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
6312085905555468

  • 前述の通り、このシザリガーの育成と実用はかなりキツい。

経験値

  • 164万タイプである。最序盤(だいたい15くらいまで)は一番早熟だがやがて急に遅くなり、最終的にレベル100で最も多く経験値を要求する。

  • 進化レベル(30)こそわりとすぐだが、レベルアップ経由で必要な技を覚えさせたいなら、それこそしんどい手間がかかることは覚悟しなければならない。とくに要となるであろうクラブハンマーを早く覚えさせるためだけにかわらずのいしも一考の余地あり。
    • ※ヘイガニはLv34~35、こいつは38~39で覚える。しかし世代が下ると習得レベルが遅くなっていき、第4~5世代&XYでヘイガニが38、こいつが44、ORAS&第7世代では43/48、第8世代に至っては44/52。しかしウデッポウブロスターはもっとインフレしており、第7世代ではLv30で覚えられたのが、1世代跨いで一気に55/63と跳ね上がった。

第3世代


  • それどころかあくタイプの技は「はたきおとす」しか習得できず、まともなあくタイプの技は「めざめるパワー」・あくしかなかった。後に「かみくだく」を得たものの、どういう訳か第3世代においてはファイアレッド・リーフグリーンでしか習得できない。一応、苦手な相手は「ハサミギロチン」で強行突破できないこともないが。

第4世代


  • しかし火力に全振りしすぎたのかHPやとくぼうは低く、頑丈な甲殻を持つらしい割には防御も高くない。ダメ押しに素早さも低いため、愛情とフォローが大事である。

第5世代

  • そんなシザリガー、第5世代では隠れ特性でまさかのてきおうりょく」を会得。この特性を持つポケモンで初の2タイプであり、両タイプの火力が大きく上昇した。特にあく物理としては並ぶものは少ないまでに文句ない火力をいかんなく発揮できる。

  • 特殊攻撃には活かしにくい部分がある…とされるが、とくこうも90あり、一致なみのりもこれまたバカにできない火力が出る。そもそも同じみずタイプでも、物理と特殊では打ちたい相手が違ってくるので(努力値調整などこれまた育成難易度は上がるが)主にいのちのたまを持たせての両刀型も視野に入るかも知れない。

  • 一方、特性「がんじょう」がそれまでの「一撃必殺無効」に加えてきあいのタスキと同じ効果(しかもHPが満タンなら何度でも発動する)という超強化を得てしまい、一撃では落とせない相手も増えた。

第6世代

  • 念願の先制技アクアジェットを習得。特性「てきおうりょく」ならこの技は「ちからもち」を持つマリルリ以上の威力となる。更に「はたきおとす」の威力が20から65になっただけでなく持ち物を持つ相手に威力1.5倍という効果も追加。

  • 「クラブハンマー」の威力も90から100に底上げされ、これらの技の強化とてきおうりょくにより、みずタイプ、あくタイプともに物理決定力1位になった(あくタイプでは特殊決定力も1位)。


  • フェアリータイプには新たに弱点を突かれ、あく技も半減されるようになってしまったとはいえ、あく技がはがねタイプに等倍で通るようになったため一長一短。

第8世代


  • と、習得技には恵まれているがスペックそのものは鈍足かつ低耐久で、特に特殊耐久がかなり低い。一度攻撃できれば火力は目を見張るものがあるが、存分に暴れさせるにはやや工夫が必要となる。

  • 上述の要素から、設定とは別の意味でシザリガーは育てるのも扱うのもかなり大変なポケモンと言っていい。

第9世代

  • 「ゼロの秘宝・碧の仮面」で追加。新たに追加されたシステムであるテラスタルはシザリガーのパワーを活かす手段として利用価値がある。

  • ただ、シザリガーの場合は物理耐久はまだしも特殊耐久が壊滅的なため、防御的な使い方は期待しづらい。なるべく一致メインウエポンやサブウエポンを活かすという軸でテラスタルを利用したいところ。

  • また、一致技+テラスタルが「てきおうりょく」の補正を受けた時の倍率は不一致テラスタルなしの2.25%に過ぎず、一致技+テラスタルなし「てきおうりょく」の2.0%と大差がない。あくまでも不一致技の強化に使うのが吉。

  • とはいえ一致テラスタルの恩恵が全くないわけではない。A特化「こだわりハチマキ」シザリガーの「てきおうりょく」テラスタル「クラブハンマー」は、HB特化ディンルー11/16の乱数1発に仕留める。同じHB特化でもアカツキガチグマならその他が同じ条件でA252にまで火力を落としても確定1発。しかもこの二者には素早さ種族値で勝る。1:1交換と考えれば上々のスペックと言えよう。

使用トレーナー

ゲーム版


アニメ版


漫画版


番外作品

ポケモンGO

  • 2017年12月22日、第3世代実装第2弾の1匹として登場した。進化前ヘイガニはかなりのレアポケモンで、ヒンバス以上に出にくいとの噂もある。幸い巣はあるのでそこで集めるのが吉。

  • 肝心のスペックだが、確かに本編同様攻撃力は高い。だが最大の問題点がある。ゲージ技が「はさむ」「バブルこうせん」「つじぎり」とどれも1/3ゲージかつ威力が物凄く低いのだ。1/3ゲージならジムに置けば嫌がらせ要員として生かせると思いきや、本編同様の低耐久が足を引っ張る。

  • 詰まる所戦闘用では全くないほぼ観賞用ポケモンという残念な性能になっていた……2018年までは。
  • 2019年、突如「クラブハンマー」が実装され、一転アタッカーとしての道が開けたのだ。火力は同じ技を覚える先輩に譲るが、こちらはあくタイプとしての役割を果たすことができる。少なくとも実装当初よりはマシになったと言える。

ポケモンレンジャー

  • 第1作にのみ登場。ちかすいどうに生息しており、ラッタの力を借りてターゲットクリアする鉄の柵を抜けた先にいる。あわを吐くだけだった進化前に対して、こっちはハサミしか使ってこない…両極端すぎである。10回囲む事でキャプチャ出来、フィールド技は切る×3である為、大抵の切るアイコンのターゲットを切断する事が出来る。


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • アクア団のシザリガー
    • AG17話からアクア団員や幹部のイズミの手持ちで登場する。

 

  • ナミダバシのシザリガー
    • AG152話でレジャー産業の社長・ナミダバシのポケモンで登場。ナミダバシによって湖の釣り人やポケモン達をシザリガーを暴れされて追い出させるなど嫌がらせに使っていた。
    • 最初にサトシのヘイガニと戦った時はパワーの差で負かしたが、その後臨機応変に戦う事を覚えたヘイガニに押され、負けそうになった時にロケット団に捕まってしまった。

  • DP33話
    • なりきり大会でコクーンがシザリガーになりきっていた。本物のシザリガーが更衣室に登場している。

  • カイトのシザリガー
    • DP78・79話で登場したコーディネーター・カイトのポケモンでミクリカップ・セミファイナルでのヒカリとの対戦で登場。「なみのり」や「あくのはどう」でヒカリのポッチャマに対抗するが、ポッチャマが回転しながら「がまん」で「あくのはどう」のエネルギーを溜め込んで一気に放出した事で命中し敗れる。

  • DP138話
    • フタバ祭りで用意するトサキントを釣ってたロケット団。コジロウがシザリガーを釣っていたが逃がしている。

  • SM123話
    • カキの牧場近くの池で占領していた野生の個体。これが切っ掛けでカキとパートナーのバクガメスが出会う事となる。現在は改心しており、マーマネとクワガノンのZワザ完成に貢献している。

  • 新無印88話
    • 海に潜っていたサトシを襲っていた。

漫画版

  • ポケットモンスターSPECIAL
  • 4章にて、106番水道でハギ老人の船『大漁丸』に乗り込んで来てバトルになった。ハギを容易く投げ飛ばす程の怪力があり、シェルアーマーによって急所に攻撃を受けない防御力も併せ持つ。ハギが気絶している間に、多少の本気を出したルビーのCOCO(エネコ)の特性でメロメロ状態になったところに防御を貫く程の"すてみタックル"を受けて気絶した後、縄で捕まった。また本来、川や池にいるはずが海で釣れたことから、頻発している地震や生態系の変化の原因を調べる切っ掛けとなった。技構成ははかいこうせん、未使用技にはたきおとすちょうはつクラブハンマーである。

  • 12章ではティエルノのヘイガニがフレア団との最終決戦でのモミジのヘルガーと交戦している最中にシザリガーに進化し猛攻で勝利した。

関連イラスト

シザリガーシザリガー

ならずものシザリガーシザリガー



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン RSE ORAS

ポケモン一覧 みずタイプ あくタイプ


0341.ヘイガニ0342.シザリガー→0343.ヤジロン


同複合タイプ


関連ポケモン等




その他


.

関連記事

親記事

ヘイガニ へいがに

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 380941

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました