ピクシブ百科事典

メガギャラドス

めがぎゃらどす

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場するメガシンカポケモンの一種。ギャラドスのメガシンカ形態。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.130
ぶんるいきょうあくポケモン
タイプみず/あく
たかさ6.5m
おもさ305.0kg
とくせいかたやぶり


概要

きょうあくポケモン・ギャラドスがメガシンカした姿。

メガシンカ前の東洋竜やタニファに近いフォルムから一転、頭部の角・ヒレ・ヒゲは長く伸び、肥大化した胴体は背中に2枚の大きな背びれが出現するなど、コイキング程ではないが魚類に近いフォルムに変化しており、より威圧感のある外観となった。(それでも全長は変化していない為、単純に太くなってしまったようにも見えるかもしれない。)
脇の噴射口から水を吹き出し水面を飛び、その速度はマッハを超えるという。
また、持ち前の凶暴性もメガシンカ前に比べて更に増しており、全てを焼き尽くす破壊の本能しか残っていないらしい。しかし本当に信頼しているトレーナーの指示になら応えてくれるようだ。

なお、ひこうタイプではなくなったが、仕様上スカイバトルには参加可能である。メガシンカした途端に落下したりすることはないのでご安心を。

性能

HABCDS合計タイプ
ギャラドス95125796010081540みず/ひこう
メガギャラドス951551097013081640みず/あく
メガシンカ前との比較±0+30+30+10+30±0+100-


分類が「きょうあくポケモン」だからか、メガシンカした事でタイプがみず・あくに変化している(そこ、何故みず・ドラゴンにならなかったんだと言ってはいけない)。
じめん無効という強みを失い、弱点属性も増えてしまった(くさ・かくとう・むし・フェアリー)。代わりに4倍弱点が無くなったため、「でんき技を喰らって一撃粉砕される」という、ギャラドスにありがちだった事故が少なくなっている。
第6世代時点では、第一世代からのポケモンとしては唯一のあくタイプだった(第7世代ではラッタペルシアンベトベトンなどがリージョンフォームであくタイプを獲得している)。

能力としては攻撃・防御・特防の上昇が著しい。
攻撃種族値155から放たれる物理攻撃は言うまでも無く強力。また、特性も「かたやぶり」になったため、単純な殴り性能は大幅に強化されたといって良い。
弱点の数自体は増えたものの、メガシンカ前の「いかく」で物理耐久も補えるため、実際の打たれ強さはトップクラス。
その耐久は不一致弱点程度ならば確実に1発は耐えられる程。数値を見ればわかるが、同じあくタイプのブラッキー同等の耐久力を誇る(防御が1低いだけだが「いかく」もあるので実質的な耐久はブラッキー以上)。

相性不利なはずの「くさむすび」(威力120)でも特攻特化したメガフーディン並みの特攻でようやく乱数1発、「けたぐり」(威力120)に至っては(「いかく」が入れば)メガバンギラス並みの攻撃力でも確1に出来ない
要するにタイプ一致の高火力で無いと一撃突破は無理なのである。

持前の耐久力で敵の攻撃を耐え、高い攻撃と「かたやぶり」でがんじょう」相手だろうと「ちょすい」相手だろうと、更にはミミッキュの「ばけのかわ」相手だろうと強引に捻じ伏せるという、「きょうあくポケモン」の名に相応しいバトルを見せてくれる。
持ち物がギャラドスナイトに固定されてしまうため、「おにび」や「でんじは」といった補助技による機能停止には注意したいが、第7世代からはあくタイプ相手に「いたずらごころ」が発動しなくなり先制で変化技を食らう事態が少なくなった事、更には「かたやぶり」のおかげで上述の「ばけのかわ」を持つミミッキュに対するストッパー役としても機能する事などもそのゴリ押し性能に拍車をかけており、第七世代現在ではメガシンカ枠の筆頭候補として使用率がかなり高い。

反面、特攻は心持ち程度にしか上昇しておらず、素早さに至っては一切変化していない
素早さは「りゅうのまい」で補えるため問題は無いが、この点は用心したいところ。

あくタイプに変わったにも関わらず、当初はあくタイプの技に恵まれておらず、特殊技の「あくのはどう」や、「りゅうのまい」と相性が悪い「しっぺがえし」、そして「かみつく」だけと言う何とも言えない状況であったが、ORASで「かみくだく」を自力習得できるようになったためその点は解決されている(もっとも、あく技がなくてもあまり問題ない上に、技スペースの都合上採用されないことも多いのだが)。
また、あくタイプである以上はフェアリー技が弱点であるため、いくら「ばけのかわ」を貫通できるとしてもミミッキュの「じゃれつく」で呆気なく返り討ちにされてしまう危険性も非常に高いので過信は禁物である。

そしてメガギャラドス最大の欠点はメガシンカ前と同様に技の威力が低いこと
そのためその攻撃の高さの割に実際の火力は低めで、ポリゴン2のような数値受け型のポケモンにはりゅうのまいを積んでも勝ち目が薄く、一致技の通りが悪いポケモンにも分が悪い。

XYのシナリオではフラダリが最終戦で繰り出してくる。メガギャラドスを知らない初見の場合、でんきタイプのポケモンでも用心していないとでんき技を耐えられて「じしん」で沈められてしまう。しかもフェアリータイプのポケモンにも対策技として「アイアンヘッド」を使ってくるため、いずれにしても効果抜群の技で一撃で片付けてしまいたい。
なお、メガシンカは任意発動なのだが、フラダリは繰り出した瞬間に必ずメガシンカさせてくる。
(これはカルネライバルも同様なので、彼の癖というよりはNPC特有の行動パターンという方が正しいか。)

アニメでのメガギャラドス

フラダリのメガギャラドス

「XY&Z完全マスタースペシャル」のラストシーンでフラダリのギャラドスナイトが登場したこと、後に公開された「XY&Z フレア団編」のPVでフラダリが色違いのメガギャラドスを従えていたことから、アニメにも登場することが判明していた。
そして…

「ギャラドスよ、解き放てメガシンカ!」
XY&Z編40話にて、フレア団の計画を阻止しようとするサトシアランを迎え撃つべく、フダラリによってカエンジシと共に色違いのギャラドスが繰り出された。
ゲーム版同様、登場直後からいきなりメガギャラドスへとメガシンカし、カエンジシと共にサトシ逹に襲い掛かる。
僅かな時間で倒されたカエンジシと異なり、こちらはメガシンカしている事、サトシとアランのポケモン達が決勝戦後に回復できておらず拘束されてダメージを負っていた事もあったとはいえ、単体でサトシのオンバーンルチャブルヌメルゴンファイアローの4体を連続で撃破し、サトシゲッコウガやアランのメガリザードンXすら寄せ付けないなど高い戦闘力を誇る。最終的に蓄積したダメージと連携技によって倒されるが、まさにフラダリの切り札と呼ぶに相応しい圧倒的な強さを視聴者に見せつけた。
使用技は「やきつくす」、「ストーンエッジ」、「はかいこうせん」、「ドラゴンテール」。

  • なんとタイプ一致技を一切覚えていない
  • ギャラドスの能力に適していない特殊技を使っている
  • 完全な陸上でしかも狭く戦い方が限られる場所
  • 場所と体つきの関係で防御や回避ができない
……にも関わらずこの強さである。はっきり言ってヤバい。

カスミのメガギャラドス

「強く雄々しく美しく、私の青いスイートハート!メガシンカ!」
サン&ムーン43話ではカスミのギャラドスがメガシンカ。
上述とは違いギャラドスが得意とする広い水場でのバトルであったため、自慢の体躯と機動力を活かしたド迫力の立ち回りを繰り広げた。

サトシのピカチュウが繰り出す「10まんボルト」を相殺する「ハイドロポンプ」、「あまごい」で必中技となる「ぼうふう」、メガシンカした事でタイプ一致技となった「かみくだく」などの技でピカチュウを圧倒。
更には「ぼうふう」でフィールドから巻き上げた水で形成した渦巻きにピカチュウを閉じ込めるという凄まじい戦法でピカチュウを追い詰めるが、ピカチュウが「10まんボルト」で放出した電気の上を「でんこうせっか」で駆け上がるという奇策で渦巻きの中から脱出され、最後はZ技「スパーキングギガボルト」を真正面から食らい敗北した。

余談

このメガギャラドスにメガシンカするのに必要なギャラドスナイト、ORASでも入手可能なのだが、あるポケモンからとんでもない方法で受け取ることになる。リンク先閲覧要注意。

関連イラスト

メガギャラドス
メガギャラドス!!はかいこうせん!!!


ギャラドス
カスミとメガギャラドス



関連リンク

メガシンカポケモン

関連記事

親記事

メガシンカポケモン めがしんかぽけもん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メガギャラドス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 481308

コメント