2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

スカイバトル

すかいばとる

スカイバトルとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特殊なバトル形式のことである。
目次[非表示]

概要

ポケットモンスターXY』に登場する特殊なバトル形式。

初出は第6世代(『ポケットモンスター XY』)。
ひこうタイプとおよび特性ふゆう」持ちのポケモン(一部例外あり)のみが参加でき、高高度の大空を飛びながら戦いを繰り広げる、一風変わった演出のバトル形式となっている。

基本的には飛行ポケモンのみが参加できるという点以外は通常のバトルと変わらず、「あなをほる」などの地面技フィールド展開が使用できない以外の制約もほとんどない。

スカイバトルでの挑戦を促してくるトレーナーは「スカイトレーナー」と呼ばれ、通常のトレーナーと同じく道端に配置されている。彼らに話しかけられた際、戦うかどうかの選択肢が発生するため、戦わずにスルーすることもできる。また、手持ちに参加可能なポケモンが1匹もいない場合は戦闘が発生しない。
目新しいシステムであるが、イベントや専門のジムなどでスカイバトルを行うことはなく、1度もスカイバトルをしないままクリアすることも可能である。


スカイバトルの弊害として、飛行する描写の少ないポケモンを無理に浮かせたために、待機モーションが宙吊りにしか見えないネイティオトロピウス等、モーションが不自然なポケモンが多数生まれてしまった。
また、バトルとしても参加可能なポケモン・使用可能な技を制限しただけのシングルバトルでしかないために独自の戦術がなく、スカイバトルでレーティングバトルのスペシャルルールのレギュレーションが組まれたこともない。
……等といった理由から、プレイヤーからは「蛇足」「誰得」ともっぱら不評である。

なお、このスカイトレーナーは現在のところ『XY』にのみ登場し、『ORAS』には登場しない。
その『ORAS』では「おおぞらをとぶ」で遥か上空を自由に飛ぶことができ、飛んでいるポケモンとぶつかると戦闘になるのだが、先頭のポケモンがスカイバトルに対応していなくても普通に戦えてしまうし、スカイバトルに参加できなかったポケモンも野生で出現する。スカイバトルとは一体何だったのだろうか。
スカイバトルが1作限りで廃止されたにもかかわらず、宙吊り体勢の3DモデルはORAS以降の作品にも持ち越されてしまっているため、結果として本編新作が出る度に元凶のスカイバトルにヘイトが向けられる結果にもなってしまっている。(改善されたものもいるが)

スカイバトルに参加できるポケモン


アゲハント/アメモース/イベルタル/ウォーグル/エアームド/エモンガ/オオスバメ/オニドリル/オンバーン/オンバット
ガーメイル/カイリュー/キャモメ/ギャラドス/グライオン/グライガー/クロバット/ケンホロウ/ゴース/ゴースト/ココロモリ/ゴルバット/コロモリ
サザンドラ/サンダー/シンボラー/ストライク/ズバット/スワンナ/ソルロック
タマンタ/チリーン/チルタリス/チルット/テッカニン/ドーミラー/ドータクン/トゲキッス/トゲチック/ドンカラス
ネイティオ/ネンドール
バタフリー/ハトーボー/ハネッコ/バルジーナ/ビークイン/ピジョット/ピジョン/ヒノヤコマ/ビビヨン/ビブラーバ/ファイアロー/ファイヤー/プテラ/フライゴン/フリーザー/フリージオ/フワライド/フワンテ/ペリッパー/ボーマンダ/ポポッコ
マスキッパ/マンタイン/ミツハニー/ムクバード/ムクホーク/メガヤンマ
ヤジロン/ヤンヤンマ/ヨマワル/ヨルノズク
リーシャン/リザードン/ルナトーン/レディアン/レディバ/ロトム
ワタッコ

他のバトル形式

関連記事

親記事

ポケモンバトル ぽけもんばとる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スカイバトル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スカイバトル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22572

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました