ピクシブ百科事典

チリーン

ちりーん

チリーンとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

チリーンとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。

基礎データ

ずかん No.358
英語名 Chimecho
ぶんるいふうりんポケモン
タイプ エスパー
たかさ 0.6m
おもさ 1.0kg
とくせいふゆう


※ふゆう: じめんタイプの わざを うけない。

進化

リーシャンチリーン
(夜間になつき進化させる)

鈴の音



概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア』(第3世代)で初登場したポケモン。
風鈴に模した姿をしており、体の空洞に反響させて鳴き声を発する。

鳴き声のパターンは全部で7種類あり、それぞれを上手く使い分けて仲間とコミュニケーションを取る。
怒ると衝撃波で敵を吹き飛ばす程の威力になる。夏の時期が近づくと活発に飛び回る。

チリーン可愛いよチリーン



NPCのトレーナー戦でも使用されず、特定マップで低確率で出現するポケモンだったので存在を知らないまま殿堂入りまで進めてしまったプレイヤーも多い。
その分遭遇して初めて見た人は驚いた人が多かったとか。

ダイヤモンド・パール(4世代)からは進化前のリーシャンが登場した。

pixivでは、夏の風物詩のマスコットキャラとして描かれることがままあるようである。

対戦でのチリーン

特性「ふゆう」+単エスパーの1匹だが、その中でもかなりの低種族値かつ比較先と似通っている技レパートリーからマイナー、厳しく見れば埋葬級に属してしまうポケモン。

BWになってもそれは変わらず、その上特性は違うが種族値が上位互換のゴチルゼルが登場している。
特性:ふゆうが祟って夢特性も無かったりと立場はさらに追い込まれている。

比較先はクレセリアアグノムエムリットユクシーと伝説のポケモンばかりと厳しい。
複合まで入れるならラティオスラティアスと更に伝説のポケモンが続く。
一応この中では一番遅く、トリックルームが使用できる。素早さ逆転からのかなしばりが使えるのが差別化のポイントとなる…かもしれない。

しかしトリックルームは複合の一般ポケモンでもドータクンオーベムムシャーナランクルスとライバルは多い。
このうちオーベムはかなしばりも使えてしまうので…。

第7世代にてHP、防御、特防の種族値がそれぞれ+10されて75、80、90まで上昇したが、正直まだまだ足りない。技の追加は何もなかった
おまけに特性「ふゆう」がカプ神の特性の効果を得られない事態まで発生。
せめて強力な専用技でも与えられれば...。

ポケダンのチリーン

ポケモン不思議のダンジョン時・闇・空の探検隊でプクリンのギルドの一員になっている
チームの編成、給仕係は彼女がやっていて、キマワリと仲が良い。

コジロウのチリーン

ベストフレンド
PIC・PMTR-19


CV: 吉原ナツキ

AG編84話で登場。
ヒワマキシティの祭りの最中、チリーンに思い入れのあったコジロウと出会い、そのまま友情ゲットされた。

コジロウはチリーンを溺愛しているため、あまりバトルに出そうとしない。ムサシが無理やりバトルさせた時には激しく動揺し、ニャースに呆れられていた。また、ロケット団のお馴染みの口上では最後に鳴くこともある。
使用技は「いやしのすず」「すてみタックル」「おどろかす」「まきつく」。

チリーンは体が丈夫ではなかったらしく、コジロウたちの貧困な生活故にAG編147話で病気に患ってしまい、別荘にいる爺やと婆やの元に預けられる(同話では入れ替わりにコジロウを気に入ったマネネが加入)。この回では涙腺崩壊のシーンとしてとても有名。

DP編70話では回想で登場。チリーンの進化前であるリーシャンの登場回でもあり、コジロウが自身のチリーンを思い出し、ムサシとニャースを出し抜いてシズエのリーシャンを1体持ち帰ろうとした(その時、リーシャンの相手をしたのはマネネであった)。

関連イラスト

縁側にて
あついあつい!


残暑ざんしょ
私のポケモンマジックショー、とくとご覧下さいませ!!



関連タグ

ポケモン一覧 エスパータイプ
風鈴 コジロウ(アニポケ) 不遇ポケモン

pixivに投稿された作品 pixivで「チリーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 569304

コメント