ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ディアルガVSパルキアVSダークライ

でぃあるがたいぱるきあたいだーくらい

『ディアルガVSパルキアVSダークライ』とは劇場版ポケットモンスターの第10作である。
目次 [非表示]

概要

2007年7月14日に公開。『ダイヤモンド&パール』シリーズでの劇場版第1作であり、次作の『ギラティナと氷空の花束 シェイミ』と次々作『アルセウス 超克の時空へ』と物語が繋がる3部作構成になっている。

タイトルは発表当初は『ディアルガVSパルキア』までだったが、後に幻のポケモン・ダークライが加わった。


前売り券配信は、歴代映画主役ポケモンで行われた人気投票の結果で決まったデオキシス

また、本作からは映画館でもワイヤレス通信で配信が行われるようになった。本作での配信ポケモンはもちろんダークライ


25周年映画祭

2022年夏には25周年ポケモン映画祭と称し歴代作品の人気投票が行われ、本作は3つの再上映作品のうち一つとして選ばれた。

上映期間は8月26日()~9月1日()、日替わり上映が9月2日()~9月8日()

入場特典として、シールド』でディアルガ、もしくはソード』でパルキア、そしてワールドキャップを被ったサトシのピカチュウをシリアルコードで貰うことができた。


歴代のポケモン映画の中でも特に人気の高い作品ではあるが、ファンの多い作品の宿命か、「分不相応にも神と並べられるダークライの扱い」や「パルキアに対するサトシの言動」などネタにされる事も少なくなく、公開から15年以上経った現在でも言及される機会は多い。


ストーリー

次のポケモンコンテストに参加するため、アラモスタウンへやってきたサトシたちは、町でアリスという可憐な女性と出会った。アリスに町のランドマークである「時空の塔」や水と緑が豊な美しい庭園に案内され、すっかり観光気分のサトシたちだったが、そこで一行は何者かによって庭園があらされているのを発見する。そこへやってきたのは、この町の有力者アルベルト男爵。庭園をあらしたのは、幻のポケモンダークライのしわざにちがいないと自信ありげに語るアルベルト。やがて不気味な影の中から、サトシたちの前に漆黒のポケモン、ダークライがこつぜんとその姿を現したのだった。

はたして、ダークライは敵か? それとも味方なのか?

(公式サイトより引用)


登場ポケモン


ゲストキャラクター

アリス加藤ローサ、能登麻美子(幼少時代)
トニオ山本耕史阪口大助(幼少時代)
アルベルト男爵山寺宏一
ダイ秋山竜次
カツミ山本博
マキ中川翔子
アリシア鈴鹿千春、能登麻美子(幼少時代)
ゴーディ三宅健太
売店のおじさん三浦博和
トレーナー相馬幸人中西英樹

用語

  • アラモスタウン

周囲をに囲まれたの上に建てられた街。欧州の建築様式を思わせる建造物が特徴で、街のシンボルである時空の塔と庭園は天才建築家のゴーディによってデザインされた。アルベルト男爵はこの街の名士である模様で、アリス気球を使って街のガイドをやっている。

サトシ達が訪れた時期にはちょうどお祭りが開催されており、そこでは三日月の羽が売られていた。

市街地の裏路地にはブニャットが、庭園にはポッポピジョットをはじめとする鳥ポケモン、コリンクヌオーマリルリなどが生息している。なお、この庭園に住むエルレイドはアリスと顔馴染みの模様。アリシアが子供だった時代にはレントラーが生息していたようだ。

シンオウ地方の地図上では谷間の発電所の南部にあり、北海道の地図上の位置では富良野か芦別辺りにある。モデルはスペインバルセロナ


  • 時空の塔

左を空間を象徴する空間の塔、右が時間を象徴する時間の塔で構成している街のシンボル。

一定の時間になると美しい曲が流れて時間を知らせる役割があり、内部にはポケモンコンテストの会場やトニオの研究室がある。また、曲の内容は機械室にセットする「音盤」によって異なる。

中央ホールには草笛を吹くアリシアの彫刻があり、アリシアの周囲をエルレイドザングーストリトドンドクケイルアゲハントリーフィアグレイシアエレキブルブーバーンプラスルマイナンハブネークサーナイトバルビートの彫像が取り巻いている。

モデルはサグラダ・ファミリア


  • オラシオン

ゴーディの日記に描かれていた単語で、未来に起こる何らかの危機の為にゴーディが遺したものらしい。

その正体はアリスが祖母アリシアから教わった草笛の曲の事であり、時空の塔にオラシオンを記録した音盤が遺されていた。この曲は荒んだポケモンの心を癒す力があるとされる。

劇場版第20作『ポケットモンスターキミにきめた!』では歌詞が付けられ、「オラシオンのテーマ~共に歩こう~」のタイトルでEDテーマに採用された。


主題歌

ビー・ウィズ・ユー〜いつもそばに〜/サラ・ブライトマン


余談

アバン

アバンでは10tnを記念して歴代劇場版に登場したキーポケモンが総登場している。なお、第3世代までの伝説のポケモンでライコウは過去の劇場版で活躍しなかった為、歴代伝説で1体だけハブられる羽目に…。彼の活躍は幻影の覇者まで待たねばならない。

ポケモン出典備考
ミュウミュウツーの逆襲(1998)
ミュウツー"シャドーボールを発射
ルギア幻のポケモンルギア爆誕(1999)ミュウツーのシャドーボールをひかりのかべ(?)で防御していた
フリーザー&サンダー&ファイヤー"アンノーンが散らばった際にフリーザーが通過するカットがあり、三鳥でも優遇された扱いになっている
アンノーン結晶塔の帝王ENTEI(2000)
エンテイ"ほのおのうずを発射
セレビィセレビィ 時を超えた遭遇(2001)エンテイのほのおのうずみずのはどうでかき消した
スイクン"
ラティアス&ラティオス水の都の護神 ラティアスとラティオス(2002)
グラードン七夜の願い星 ジラーチ(2003)出典とは異なり、メインビジュアルにも描かれた本物が地面から登場
ジラーチ"
デオキシス裂空の訪問者 デオキシス(2004)原作と同じく紫色のコアの個体、緑色のコアの個体が登場
レックウザ"はかいこうせんを発射
ルカリオミュウと波導の勇者 ルカリオ(2005)レックウザのはかいこうせんを躱した
レジロック&レジアイス&レジスチル"三体同時にはかいこうせんを発射
カイオーガポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ(2006)大波と共に登場
ホウオウポケットモンスター第1話「ポケモン! きみにきめた!『波導の勇者』とは異なり、恐らく本物

ネタ

VSダークライ

またしても戦わされるダークライさん

「時の神」vs「空間の神」vs「悪夢を見せる妖怪」というあまりにもバランスの悪いタイトルの並びから、ダークライが場違いに見えてしまったファンによって生まれたネタ。

公開からしばらくした2011年頃から、SNSの発達に伴いタイトルが大喜利のネタとして流行しており、よく「○○VS××VSダークライ」の形で色んな対決に巻き込まれている。(ニコニコ大百科においては「VSダークライ構文」などと呼ばれている。)

詳しくはリンク先を参照していただきたい。


擦られまくった結果、2020年秋にはニコニコ大百科週間HOTワード第2位にランクインした。


VS構文の例

とまあこんな風にダークライは毎度の事無茶を強いられる。そのせいでネット上では「何かあるたびに無理矢理戦うことを強いられる人」というイメージを抱くユーザーも少なくはない。


「パルキアのバカヤロー!!」

本作でのパルキアに対するサトシの罵声。


確かに街を避難先に選んで異空間に隔離することで、その後の大災害のきっかけを作り出したのはパルキアであるわけだが、直接的に街を損壊したのはディアルガも同様であり、二体による共犯であると見なすべきだろう。

サトシの台詞も上記の有名すぎる一言の後に「お前たちのせいで~」と続くため、別に彼はパルキアに対してだけ怒っていたわけではない。

にも拘わらずちょっと帰るのが遅かったばかりにパルキアだけが叱責されるようなセリフとなり、若干の理不尽さを感じた視聴者もいた模様。


そもそも「サトシがポケモンをこれほど直接的に罵倒する」ということ自体が非常に珍しく、結果パルキアの罵倒部分だけが抜き出されてネタにされることとなった。

のだが、ネタとして有名になりすぎたせいで台詞が放たれたシーンの仔細を知らない状態でパルキアやサトシへの批判/擁護を行う者の増加という全く別の問題も生まれてしまっている。


ちなみにパルキアは本作から8年後の映画に再登場した際、(このポケモンの影に操られていたとはいえ)あろうことかサトシに向けて直接「あくうせつだん」をぶちかますという、とんでもない所業を犯している(当然、あっさり避けられたが)。

明らかに逆恨みではあるが、やはりパルキアは今回の件を根に持っていたのだろうか…?

(ちなみにこの個体が本作と同個体かは不明だが、小説版において次々作と繋がっているかのような描写があったので、同個体である可能性が高い。)


関連タグ

ポケットモンスター(アニポケ) 劇場版ポケットモンスター 神々の戦い三部作

ポケモンサンデー

ディアルガ パルキア ダークライ


ポケットモンスター スカーレット・バイオレット:同じくサグラダ・ファミリアがモデルの建造物が登場している。


蒼海の王子ディアルガVSパルキアVSダークライ氷空の花束

関連記事

親記事

神々の戦い三部作 かみがみのたたかいさんぶさく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 326348

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました