ピクシブ百科事典

ポケモンコンテスト

ぽけもんこんてすと

「ポケットモンスター」シリーズに登場する、ポケモンの魅力を競い合うコンテスト。
目次[非表示]

概要

第3世代ルビー・サファイアで初登場した施設。シダケタウン、ハジツゲタウン、カイナシティ、ミナモシティに各会場がある。エメラルドではミナモシティのみ。

ジャンルは「かっこよさ」「うつくしさ」「かわいさ」「かしこさ」「たくましさ」に、ランクは「ノーマルランク」「スーパーランク」「ハイパーランク」「マスターランク」に分かれている。

1次審査でコンディション(ポロックを使って磨きをかける)が、2次審査で技を使ったアピールが審査され、その合計で優勝が決まる。優勝するとリボンが貰え、そのポケモンの絵が飾られる。マスターランクを高得点で優勝すると、絵がミナモびじゅつかんに飾られる。

2次審査で使う技は「アピール技」といい、バトルで使う技と同じものであるが、その効果はバトルとは大きく異なる。技の種類に応じてアピールポイントという点が与えられ、それを多く集めたポケモンの勝ちとなるが、ライバルのポケモンを妨害したりコンボによってアピールポイントを増やしたりと、バトルとはまた違った戦略性がある。

ポケモンスーパーコンテスト

第4世代ダイヤモンド・パール・プラチナで登場。会場はヨスガシティ。
基本的なルールは前作までと同じだが、審査が3次にまで増えている。また、ランクが「ノーマルランク」「グレートランク」「ウルトラランク」「マスターランク」に変わっている。

1次審査はコンディションに加え、アクセサリーでポケモンをドレスアップして審査する。2次審査はダンス審査で、いわゆる音ゲーのような感覚でダンスを踊る。3次審査は前作の2次審査と同じを使った審査だが、会場の盛り上がり具合である「エキサイト度」をMAXにするとボーナスポイントが入るなど、細かいルールが変わっている。

また、コンテストに出場する際は、母親から貰った衣装にドレスアップする。
コスチュームは舞踏会と思わせるもので、男の子は黒いタキシード姿、女の子はピンクを基調としたドレス姿(アニポケヒカリと大きく異なる)。

ちなみにイベントなどで語られている通り、この街のジムリーダー・メリッサが他の選手として参加することもある。

ポケモンコンテストライブ!

第6世代オメガルビー・アルファサファイアでは「ポケモンコンテストライブ!」として登場。

スーパーコンテストのように主人公がアイドルと思わせる衣装を着用してドレスアップするほか、会場のエキサイト度がMAXになるとスペシャルなアピールを披露して(この時メガシンカできるポケモンはメガシンカする)ボーナスポイントが入る。

アニポケでは

ポケモンコンテストに参加するトレーナーはポケモンコーディネーターと呼ばれ、後にゲームでもポケモンコーディネイターとして逆輸入された。

ゲーム版の1次審査に相当するビジュアルのみでの審査はなく、1次審査が技を使ったアピールとなり、これを通過すると2次審査の「コンテストバトル」と呼ばれる特殊なバトルを行う。
このコンテストバトルは、純粋な勝ち負けではなくどれだけ華麗にバトルできるかを競う側面が強く、技を決めると相手のポイントゲージが減り、制限時間内に多くのポイントを残した方が勝ちとなる。ゲージが0になったり(ポイントアウト)、ポケモンが戦闘不能になる(バトルオフ)と、その時点で負けとなる。
早い話が、純粋な競技としての格闘技に対するプロレスのようなものだろうか(プロレスではエンターテイメント性が要求されるため、試合も技も、さらには選手本人に関することまでも見栄えが重視されている。ポケットモンスターシリーズ登場キャラで言えば本物のプロレスラーでもあるマキシマムかめん/マキシの服装や振る舞いが好例だろう)。

優勝リボンを5つ集めると、ポケモンコンテスト最高峰の舞台グランドフェスティバルへ出場できる。これで優勝するとトップコーディネーターの称号を得られる。

主なポケモンコーディネーター

ゲーム

アニポケ


コンテスト関係者

アニポケモン


関連タグ

ポケモン

第3世代:RSE 第4世代:DPt 第6世代:ORAS
おきがえピカチュウ

アニポケ

アニポケ2期:アドバンスジェネレーション
アニポケ3期:ダイヤモンド&パール
グランドフェスティバル ミクリカップ

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモンコンテスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1276806

コメント