ピクシブ百科事典

デスガリアン

ですがりあん

デスガリアンとは『動物戦隊ジュウオウジャー』に登場する敵組織である。正式名称は『宇宙の無法者 デスガリアン』
目次[非表示]

概要

無法者軍団デスガリアン


宇宙からやってきた無法者達の集まりであり、どれだけ生き物を苦しめ葬るのかを争う遊び「ブラッドゲーム」を繰り返してこれまで99個の惑星を滅ぼし、記念すべき100個目の遊び場(ターゲット)の惑星に地球を選んだ。
宇宙に浮かぶ巨大な弓矢のような要塞「サジタリアーク」を拠点としている。

それまでの敵組織のように地球侵略といった大それた野望を抱いておらず、ただゲームを楽しむためだけに他惑星に危害を加えており、上記の様に「惑星を滅ぼした」と書いてあるが、彼らがブラッドゲームで遊び尽くした末に自然と滅んでいっただけに過ぎない。

また、同じデスガリアンの構成員も含めて彼らは生命には一切の関心はなく、初めて地球へと襲来した際にチームリーダーのジャグドがいきなりジュウオウジャーに倒された時は、彼の死を哀れむどころか「今までの惑星はすぐに滅んで歯応えがなさ過ぎた」と対抗勢力が現れたのを喜んでいるくらいである。
また、一貫して他の惑星の生物を「下等生物」と見下している。

ジュウオウジャーとデスガリアンの戦い及び本作の物語は、彼らが侵略を始め風切大和達が、デスガリアンの襲撃に偶然出くわした事で起こった物。
つまり物語が始まる以前からの因縁は存在しない。それどころか第1話の展開が無ければ恐らく、ジューマンとさえ全く関わる事すら無かったと言う珍しいパターンの敵である(因縁があったのはあくまで所属していたとある存在のみで、組織そのものは因縁が無い)。

ブラッドゲームの性質故に近年の戦隊シリーズでは珍しく、直接描写こそされない物の、毎回(性質上特にチームアザルドのプレイヤー時に)多くの一般人が殺害されると言う残虐ぶりを発揮している。
(事例)

  • 1話:ジャグド・・・山中でフィールドワーク中だった人間達や野生の動物らに向かって発砲
  • 2話:ハルバゴイ・・・街中を爆破し、建造物を壊しまくる
  • 3話:ボウガンス・・・一般人の乗った車両を次々とボウガンで粉砕

あまりの暴虐の行いから、その存在は名前も含めて世間にも広く認知されており、第42話では重傷を負ったを大和達が病院に運び込んだ際「デスガリアンにやられた」の説明だけで通じている。
また、その脅威は直接被害を受けている日本だけで無く、世界的な問題と認識されているらしく、第30話に出てきた新聞ではG5サミットの議題の中にデスガリアン対策も含まれている事を記述した記事があった。

構成員

首領

CV:井上和彦
デスガリアンのオーナー。
生命をもて遊ぶのが好きな残忍な性格の持ち主で、侵略行為をゲームと捉えて、賞品を餌に配下達を標的にした星に送り込む。
最終話でジュウオウジャーとの激戦の末に戦死する。

幹部

CV:寿美菜子
ジニスの秘書。
ゲームに敗れたプレイヤーに、ジニスの“コンティニューメダル”を与えて巨大化させる。
最終話でジニスの正体を知って労うも、その言葉でジニスの逆鱗に触れてしまい、彼の放った一撃を受けて殺害される。

CV:岩田光央
チームリーダーの一人。チームクバルを率いる。
頭脳派だが陰惨で、ターゲットに精神的苦痛を与える事を好んでいる。
第42話で戦死。

CV:中田譲治
チームリーダーの一人。チームアザルドを率いる。
パワータイプの武闘派で、ターゲットに肉体的苦痛を与える事を好んでいる。
第45話でその正体が明らかとなるが、続く第46話で討伐されてしまった。

CV:竹本英史
チームリーダーの一人。
デスガリアンの先兵として地球に赴くが、何と第1話で戦死。最初の脱落者となった。
彼が率いていたチームジャグドは変わり者が多かったとか。

拠点

本拠地である巨大宇宙船。弓矢とカジノのルーレットが合わさったかの様な外観。
ジニスやチームリーダー達の集うフロアは、ルーレットを連想する床模様にダーツ台やバーカウンターがある遊技場を思わせるレイアウト。
他にも、ブラッドゲームを行う為の道具を保管している倉庫や、人間やジューマン等の捕獲した生物を閉じ込める牢獄代わりの部屋も存在する。
47話で、ジニス自らが行う最後のブラッドゲームの道具として使用。船体中央の矢を地球へ撃ち込み、それと船体を繋ぐケーブルを介してジニスの細胞エネルギーを地球へ送り込む。
しかしケーブルをワイルドトウサイドデカキングに掴まれ、極限までジューマンパワーを発揮した相手に地球へジニスごと引き摺り落とされ墜落。地表へ叩き付けられ大破炎上した。

戦力

一般怪人。チームクバルとチームアザルドにそれぞれ所属しており、自分の能力でブラッドゲームを行う。
チームジャグドも存在していたのだが、リーダーが戦死したため後に所属プレイヤーであったドロボーズハンタジイが後釜のリーダーになるべくゲームを行っている。
何気にブリバイカー等過去の敵組織キャラのオマージュ的姿と能力を持つ者が多い。

戦闘員。ジニスが生み出す銀の“メーバメダル”から生成される。
“メーバメダル”にジニスが力を与えた物は、金の“コンティニューメダル”に変貌する。

  • トライアングラー
戦闘機。ジュウオウジャーがキューブ型に対し、デスガリアンはピラミッド型。
主にプレイヤー等が大群を引き連れて来るが、大抵はキューブアニマルやジュウオウキング等の攻撃で撃墜される事が多い。

ジニスが開発したブラッドゲーム用殺戮マシーン。
完成したその日の内に10個の星を滅ぼし、ゲームバランスを崩壊させたので封印されていた。
第31話ではキューブホエールを捕獲する為に改良と強化が加えられた追跡マシーン「ギフトカスタム」が登場。更に第47話で無数の「量産型ギフト」が登場している。

ブラッドゲームのエクストラプレイヤーとしてジニスに作られた悪のジュウオウジャー。
サイ・オオカミ・ワニの三体の動物の力を駆使して戦う。
第19話でデスガリアンから決別。

関係者

CV:神奈延年
第23話から登場。珍しい巨大生物をハントしている巨獣ハンターで、これまで99体もの巨獣を狩って来た。デスガリアンでは無いが、彼らと同じように他の生物の事を見下している。
腕を見込まれてジニスにスカウトされブラッドゲームへ参加し、ジニスはそのまま、チームリーダーとして迎え入れようとしたが、当のバングレイ自身がブラッドゲームの本質(=ジニスを楽しませ喜ばせる)を気に入らなかった為、結局は非公認の外部プレイヤーとしてその行動を見守る事となった。
第35話で戦死。

演/CV:吉村崇(平成ノブシコブシ)
夏の劇場版に登場する、『宇宙大大大大大サーカス』の団長を名乗る宇宙人。
デスガリアンではないが、自身の「宇宙を自分好みのサーカスステージへ作り替える」野望を果たすべく、連れ去った子供達を利用して地球を破壊しようと企む。

CV:佐々木望
冬の劇場版に登場する、ヒーロー始末人の異名を持つエージェント。ナリアが独断で呼び寄せた。
依頼主が危険視するジュウオウジャーを始末する為、ニンニンジャーをも巻き込んでの策略を展開する。

演/CV:林家たい平
Vシネマに登場する、宇宙マフィアのボス。
かつてはプレイヤーとしてデスガリアンに所属していた。

第28話の回想に登場した謎の怪物。初代ジュウオウホエールに変身したケタスによって倒された。
その正体やデスガリアンとの関連性は不明、だったはずだが…?

かつて武装頭脳軍ボルトの首領「大教授ビアス」が作った「ガードノイド・ガッシュ」の記憶データを基に作り出したアンドロイド。
ヒーローショーにてゲストプレイヤーとして参戦。

用語

どれだけ生き物を苦しめ葬るのかを争う遊び。これにより惑星が99個滅ぼされた。
ジニスが最も喜ばせた者とその所属チームがゲームの勝者となる。

余談

ジュウオウジャーは動物がモチーフだが、こちらは無機物と狩人(それも『狩猟を生業とする人々』ではなく、狐狩りに代表される『娯楽としての狩りに興じる人々』)をモチーフにしている。
この内前者は、『パワーストーン』として扱われる鉱物を持ってきている模様。
また、後述する様に幹部は口の無い者目の無い者とに分けられるが、この4人のモチーフである鉱物は前者が『猟銃の弾(散弾)の材料』、後者は『回路の材料』としても用いられる事が判明している。
軽い性格と残虐性は、ゲーム感覚である事を表現している。

組織の構成員は分類体系において「ジャンル」という単語で一括しているが、首領・幹部は『モチーフは〜』というニュアンスで、ゲスト怪人に相当するプレイヤーが本来の意味合いで使用されている。

幹部の声を担当する声優は、全員プリキュアに出演経験のある声優が起用されている(アザルド役の中田氏は同時期放送の『魔法つかいプリキュア!』で初出演)。
プレイヤーもプリキュアに出演した事のある声優が非常に多い。
これはプリキュアシリーズ(『ドキドキ』~『プリンセス』)のプロデューサーを担当していた柴田宏明プロデューサーが東映に出向し、本作の声優陣のキャスティングを任されたことに起因する。
初期案では戦隊OB・OGを起用する方針だったが、その案は次作のフクショーグンに転用されることになる。

幹部4人の顔をよく見ると、口が無い者目が無い者とで半々に分かれており、彼らの上に立つジニスが目も口も持った顔でデザインされたのとは対照的である。
また、口が無い方の幹部2人は、最終的にお互い類似した行動を取った上で戦死し、目が無い方の幹部は2人とも実質ジニスの手に掛かり殺害される最期を遂げた。

因みに一人を除いたほぼ全ての構成員が、等身大で敗北後に巨大化を行っており、唯一の例外も巨大化して敗れた後に等身大のままで死亡しており、等身大の戦闘のみで戦死・退場した者はいない

歴代の悪の組織の中では、滅ぼした星の数は99と比較的少ないが、これはすぐに滅ぼす事よりも現地住人をどれだけ苦しめるかを優先している事が原因。

上記の通り、ウォースターマトリンティス以来の戦隊側と因縁が存在しない悪の組織にして、ラスボスも因縁がないパターンゴードム文明以来となる。

関連項目

動物戦隊ジュウオウジャー

キュアナリア:ナリアを中心とする総括しての中の人ネタ

闇の魔法つかい/終わりなき混沌眼魔ニチアサ同期の敵対勢力。

ギャングラー:『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』に登場する、スタッフ繋がりの極悪非道な敵組織。

ビョーゲンズ:デスガリアンや上記のギャングラーと同じシリーズ構成繋がりのプリキュア敵組織。こちらも地球と相容れない絶対悪として描かれており、他の生物を「下等生物」と見下している点、「敵勢力と主人公サイドの一時的な交流エピソード」すら無いまま全滅の末路を辿った点が共通している。

銀帝軍ゾーン:『地球戦隊ファイブマン』の敵組織。999個の惑星を滅ぼし1000個目に地球を選んだアニバーサリーな悪の組織繋がり。

バラスカンク:『超力戦隊オーレンジャー』に登場する敵怪人マシン獣の1体。1話のみの登場ながら、単体で100個の惑星を制圧してきた実力者。

グロンギ ムザン星人 サウザン星人ギネーカ ハンドレ星人デーチョ テンテ星人シロガー:同じくゲーム感覚で人を殺す怪人。

グリード(仮面ライダーOOO):アイテムがメダル繋がりの敵。また一部幹部の名前も共通のニュアンスを持っている(「配る」「漁る(ど)」といった具合に)。

ネガティブシンジケート:取り込むその他の人

宇宙暴走族ボーゾック:『激走戦隊カーレンジャー』の敵組織。凄まじいギャグ作風と構成員のバカっぷりで誤魔化されているが、やって来た悪事のレベルはデスガリアンと同等(標的の星で散々暴れまくった後、爆破して宇宙の花火に変えてしまう)な悪の組織。
実際、某所ではデスガリアンが“ギャグの無いボーゾック”と例えられている。黒幕に至ってはデスガリアンと思考が似通っている。

ウォースター:ある意味では先輩。

ヘルズゲート囚人:デスガリアンと同レベルの大量殺人を行なった怪人。

セレブロ(ウルトラマンZ)やっている事と考えが、誤差レベルで同等の地球外生命

ニコチャン大王:デスガリアンと同じく100番目に侵略する惑星を地球に選ぶも思わぬ妨害によって頓挫してしまう侵略者。

牙鬼軍団→デスガリアン→宇宙幕府ジャークマター

関連記事

親記事

動物戦隊ジュウオウジャー どうぶつせんたいじゅうおうじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デスガリアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 281041

コメント