ピクシブ百科事典

ハルバゴイ

はるばごい

ハルバゴイとは「動物戦隊ジュウオウジャー」に登場する組織「デスガリアン」に所属する怪人の一人。
目次[非表示]

「いるっスよねどこの星にも。関係ないのに首突っ込んで、無駄死にする馬鹿」

CV:白鳥哲/スーツアクター:佐藤太輔(第2話)、井口尚哉(第26話)

概要

身長/200cm(コンティニュー身長/40.0m)
体重/180kg(コンティニュー体重/360.0t)
リーダー/アザルド
対応機種/ヤリスギッスピア
ジャンル/シューティング

アザルド率いるチームアザルドのプレイヤーの一人にして第1号。
ダーツ盤の様な顔とギリシャ神話の戦士(もしくは雨吃い師?)の姿をしているのが特徴。
どんなに遠くからでも狙った獲物を確実にハントする槍投げの名人で、邪悪な黒煙を生み出し、そこから大量のヤリスギッスピアを降らせるコンボ技「ヤリ降れー!」を得意とし、一撃で高層ビルを貫通、破壊させる威力を持ち、広範囲で周囲を攻撃させる事も可能。
武器のヤリスギッスピアは巨大化・伸ばす事が可能で、接近戦においても高い実力を発揮し、槍先にエネルギーを纏わせて斬撃を飛ばす事も可能。

陽気口癖が「~ッス」と言うなど軽い性格だが、街中にヤリスギッスピアのを降らせて破壊活動を行い、逃げ惑う人々を見て嘲笑い大事な巣(家)を壊され絶望する人の顔を見るのを喜ぶなど、残忍な面を持つ。メダルの投入口は右肩。

活躍

ジニスから自身を最も楽しませた者に褒美を与える事に士気が挙がる中、最初のプレイヤーとして志願し、地球人の住居を破壊し、住処を失った人々を絶望させるブラッドゲームにエントリー。チームアザルド1番手のプレイヤーとして地球に降り立ち、黒雲を生み出し、街中に無数のヤリスギッスピアの雨を降らせて破壊活動を行い、人々が逃げ惑う光景を見て嘲笑い、絶望する顔を見て喜ぶが、タスクジュウオウチェンジャーを取り上げられ、生身のまま駆け付けた大和と交戦。

立ち向かう大和を容赦なく甚振り、嘲笑うが、「リンクキューブの恨み」と「大和に世話になったお返し」などの理由で駆けつけたセラ達3人や大和の言葉で一緒に戦う事を決意したタスクの参戦によりジュウオウジャー5人と交戦。槍の攻撃と召還したメーバと共に立ち向かうも、野生開放した5人の敵ではなく、メーバは一掃され自身もヤリスギッスピアを巨大化、伸ばして攻撃するも、逆に槍先を地面に押さえ付けられた上でジュウオウバスターの射撃やイーグルエレファントの連携攻撃に圧倒され、最後は5人のジュウオウバスターの剣モードの合体技「ジュウオウスラッシュ」を食らって敗北した。

その後、アザルドの要請でナリアのコンティニューメダルにより巨大化。
5人のジュウオウキューブに対し、黒雲からの無数のヤリスギッスピアで攻撃するが、キューブイーグル&キューブエレファントのキューブモードによる高い防御やキューブタイガーの攻撃で全て粉砕される。続くキューブイーグルの突撃により黒雲を消滅され、その光景に驚いている隙にキューブシャークとキューブライオンに噛み付かれ、残った3体のジュウオウキューブがジュウオウキング合体するのを許してしまう。
まとわりつくキューブシャークとキューブライオンを攻撃しようとするが、ジュウオウキングのエレファントキック&タイガーキックに怯み、その華麗な足技により持っていたヤリスギッスピアを手放され、最期はジュウオウキングの「ジュウオウメガトンキック」を受け、「ゲームオーバーッス~~~!」と叫びながら爆死した。

しかし、アザルドは汚名返上のために急遽、クバルの出番を抜け駆けし、独断で2番目のプレイヤーを地球に送った。

26話ではバングレイが大和の記憶を読み取って再現した巨大な個体が登場。ワイルドトウサイキングと交戦しコンボ技で周囲のビルごと相手を攻撃するが、逆に槍を叩き落とされビッグワイルドキャノンで怯んだ所にジュウオウダイレクトストレートを喰らい、爆破四散した。

関連タグ

デスガリアン アザルド(ジュウオウジャー) プレイヤー(ジュウオウジャー)

行動隊長シカバネン海賊戦隊ゴーカイジャーに登場した宇宙帝国ザンギャック行動隊長。建造物を破壊し人間が怯える顔を楽しむ残忍さを持つ怪人繋がり(同作の1号怪人でもある)。
なお、ハルバゴイの声を担当した白鳥哲氏は、同作で行動隊長ヨクバリードを演じている。

スモートロン…同チーム所属のプレイヤー。『ヤリスギッスピア』と同型の武器『八百長槍』を使用する。

pixivに投稿された作品 pixivで「ハルバゴイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 620

コメント