ピクシブ百科事典

サンババ

さんばば

動物戦隊ジュウオウジャーに登場するデスガリアンのプレイヤー。
目次[非表示]

「オーレ!チームアザルド・サンババ!宇宙の裏側からわざわざゲームしにやって来てたわよ!」

「オーレって、オーレって言ってアザルド様! 今アザルド様と喋ってんでしょうよ!! 離しなさいよ~!!」

データ

身長/206cm(コンティニュー時/41.2m)
体重/176kg(コンティニュー時/352.0t)
リーダー/アザルド
対応機種/メーバダンサー
ジャンル/リズムアクション

CV:浅沼晋太郎/スーツアクター:村岡弘之

概要

チームアザルド所属のプレイヤーサンバの踊り手及び花火を連想するシルエットに、白と青を基調とした派手なカラーリングの外見を持つ(※外見自体のモチーフはリーフィシードラゴンと思われる)。
情熱的なサンバのステップを踏む事で、自分の手や周辺の地面等から猛火を発生させるコンボ技「レッツ、サンバ!」を得意としており、これで町中を踊りながら猛火で破壊するブラッドゲームにエントリーする。戦闘でもこの猛火を使いこなし、サンババのテンションが上がってダンスがヒートアップすると自らが猛火に包まれパワーアップ。猛火を纏っての体当たり等、激しい接近攻撃を仕掛ける。また、一緒に踊る配下として踊り手の格好をしたメーバ『メーバダンサー』を引き連れている。

サンバの踊り手らしく、基本的に陽気でハイテンションな性格。ただし、賑やかで無い場所で踊るのを渋ったり、アザルドへ一緒に踊ろうとしつこくねだる等、気分屋でワガママな面がある。
また、ハナヤイダーと同様にオネエ言葉を使うオカマキャラだが、こちらは最後までキャラが崩れなかった。アザルドに惚れている様だが、当の本人には邪険に扱われている模様。メダル投入口は腹部。

活躍

前回バングレイが戦死した事で、表向きいつもの雰囲気に戻ったデスガリアンは改めてブラッドゲームを展開。その勢い付けとしてアザルドが地球へ送り込んだ。
メーバダンサーと共に街中へ出現、逃げ惑う人々を逃がしたジュウオウジャーと交戦。コンボ技で猛火を放って戦うが、自分のテンションがイマイチ上がらなかったので戦闘もそこそこに撤退する。当然、帰った所でアザルドにはいい顔をされず、更に「アザルド様と一緒に踊りたい」とワガママを言った事でアザルドからローキックを貰う羽目となった。

その後再び街中へ出現するが、そこが偶然にもハロウィン会場だった為、賑やかな光景を見てテンションが上がりコンボ技で会場を襲撃。しかし、そのハロウィン会場にはジュウオウジャーもいた為、アムを除いた(※諸事情でタスクを“王子様”と呼ぶ少女、真美に会場から連れ出され不在)5人と再び交戦。しかし今度はテンションが上がった状態のため、キレの良いサンバのリズムから繰り出す猛火やそれを纏った体当たり等の猛攻を畳み掛け、相手を変身解除へと追い込む。
しかし、そこへ真美を説き伏せて来たアムが合流、6人が揃い再度チェンジした事で戦闘は仕切り直し。今度はメーバダンサーと共に一斉に襲い掛かるが、ダンサーは案の定ジュウオウジャーに敵わず全滅、サンババもジュウオウタイガージュウオウエレファントの連携になす術も無く翻弄されて地面に伏してしまう。そしてそこに、ジュウオウホエールを中心に6人がフォーメーションを組み放った止めのジュウオウファイナルを喰らい(砲撃を喰らう直前に「ダメダメ!待ってぇぇ!!」と叫んだ)、アザルドの名を叫んで敗北。

直後、ナリアにコンティニューメダルを投入され巨大化(この際「あ~りがとぉ~、ナリア!」と叫んだ)、ワイルドトウサイドデカキングと交戦する。
やはりコンボ技を使い相手を猛火に包むが、対するワイルドトウサイドデカキングは肩に背負ったカイオースピアから大量の水を放水。猛火を消された上で相手の反撃を貰ってしまう。
最後はジュウオウドデカダイナマイトストリームを喰らい(技の発動時、大量に飛んで来るジュウオウキューブを見て「何これスゴイ!スゴイ!!」と絶叫)、「燃え尽きたわ…」と呟いて爆散した。


関連記事

デスガリアン アザルド(ジュウオウジャー) プレイヤー(ジュウオウジャー)

獣電戦隊キョウリュウジャー・・・同じくサンバを踊る、カーニバル等繋がり。こちらはヒーローだが。
伊賀崎天晴(アカニンジャー)・・・猛火を纏った際の「燃えてきたー」と言うセリフから連想した人も多かったと思われる。

pixivに投稿された作品 pixivで「サンババ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1348

コメント