ピクシブ百科事典

ボウガンス

ぼうがんす

ボウガンスとは「デスガリアン」に所属するプレイヤー。
目次[非表示]

「そんなスピードじゃ逃げきれないでガンスよっと。ヒューッ!最高~!」


CV:大林洋平/スーツアクター:村岡弘之

概要

身長/214cm(コンティニュー身長/42.8m)
体重/193kg(コンティニュー体重/386.0t)
リーダー/アザルド
対応機種/ガンスボウ
ジャンル/ハイスピードシューティング

アザルド率いるチームアザルドのプレイヤーの一人。
民族の仮面を思わせる巨大なが特徴で、目に留まらぬ超スピードのを連射する専用ボウガン「ガンスボウ」と照準器の様な両目「サイト眼(ガン)」を持ち、素早く動き回れる跳躍力を有する弓術の達人である。
サイト眼で標的を捕捉し、ジャンプしながら超スピードの矢を連射するコンボ技「食らうでがんす!」を得意とする。
また、サイト眼自体から光線を放つ事も可能。

ハルバゴイと同じく性格陽気で、語尾に「~ガンス」が言うのが口癖
道路を走る自動車を次々と爆破し、人々がおどおど逃げ惑う様を見て楽しみながら、素早い跳躍力で逃げる自動車を追いかけるなど残忍かつ好戦的な面を持ち、その際レオから「最悪野郎!」と罵られている。
また、標的を狙うだけではなく、岩山を破壊して起こした土砂崩れで人々を生き埋めにしたり、自身の攻撃が相手に当たらずとも自然を破壊するなど、狡猾な面を持つ。
また、リーダーであるアザルドの事を「兄貴」と呼んでいるなど、舎弟のような関係を持つ。
メダル投入口は左頬。

活躍

前回で一番手に名乗りを上げたハルバゴイの敗北に対し、アザルド汚名返上をする為の2番目のプレイヤーとして地球に送りこまれた。自動車を狙ったブラッドゲームを開始し、次々と自動車を破壊していった。
そこへ、デスガリアンの気配を察知して駆けつけた大和アムを除くジュウオウジャーの三人と交戦。得意のガンスボウからの連射による攻撃と素早い跳躍力で翻弄し、その場から跳躍して逃走(その際、レオが追いかけるがさすがに跳躍力では叶わず、ジャンプした崖からそのまま落下してしまう始末だった)。

その後、大和とアムが乗ったバスを主な標的とし、その後方を走る自動車を爆破しながら追い掛けて狙うが、自身を追いかけてきたジュウオウシャークら3人のジュウオウバスターからの射撃に戸惑いながらも、標的のバスの屋根に乗って回避する。
続けてガンスボウからの連射で退けたが、そのバスには偶然キューブ探しをしていた大和とアムが乗っていた為、2人を始末しようと襲いかかる。
大和が変身するイーグルと交戦し、一度はバスから落下させるも、今度は野生開放して飛行するジュウオウイーグルを狙って撃ち落とそうとするが、車内にいるアムから放つジュウオウバスターの射撃に驚いている隙にイーグルの突撃でバスから落下。
5人揃ったジュウオウジャーとの戦闘に移り、手始めにイーグルを仕留めようとする。
しかし、視力が覚醒したイーグルの敵ではなく、矢の超スピードを見切られ、ガンスボウからの素早い連射をイーグライザーで弾かれた上、その隙を野生開放した他の4人の攻撃に怯み、最後はジュウオウスラッシュを受けて敗北。

その後、ナリアのコンティニューメダルにより巨大化。
「直接仕留めるだけが狩りじゃない」とナリアに提案された知略戦により、ガンスボウからの連射で岩山を破壊。そこから発生した土砂崩れでキューブエレファントとキューブタイガーを生き埋めにし、動物合体したジュウオウキングをサイト眼からの光線で吹き飛ばし、同様にガンスボウからの連射で岩山を破壊。土砂崩れで身動きを取れなくさせた。
勝利を確信し、ジュウオウキングの頭部を打ち抜こうとするが、土砂から脱出したエレファントとタイガーの攻撃により阻止される。さらに一時分離したキューブイーグルがキューブエレファントやキューブタイガーと再度動物合体し、脚力の強くなったジュウオウキングに矢を回避されるが、逆に回避された矢で自然を破壊していく。
しかし、大和とアムが拾った一回り小さいキューブから変形したキューブキリンにより形勢が逆転。キューブキリンが変形したキリンバズーカへと変形し、それを武装したジュウオウキングに打ち合いを挑むが、最期はキリンバズーカ・ジュウオウファイア(何故か字幕では技名が「ジュウオウショット」になっていた)との押し合いに負け、「俺は獲物じゃないでガンス~!」と叫びながら爆散した。

28話ではバングレイがアムの記憶を読み取り再現、巨大化して再登場。トウサイジュウオーと交戦するが、コウモリブーメランを装備したトウサイジュウオーの放ったコウモリブーメラン・ジュウオウカッターを喰らって消滅した。

関連タグ

デスガリアン アザルド(ジュウオウジャー) プレイヤー(ジュウオウジャー)

コメント