2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

桂才賀

かつらさいが

桂才賀は落語家の名跡。ここではかつて笑点の解答者だった当代(7代目)について解説する。
目次[非表示]

経歴

1950年(昭和25年)7月12日生まれ。本名は谷富夫(たに・とみお)。落語協会所属。

1969年に9代目桂文治に入門しようとしたが、「3年間自衛隊にいったら入門させてやる」と言われて、その言葉通り海上自衛隊に在籍。しかし文治は本来断るつもりでこう言ったものだが、無事に入門を許された。前座名は桂文太。
1977年二つ目に昇進したが、翌1978年に師匠の文治が死去。3代目古今亭志ん朝一門へ移籍し、古今亭朝次(ここんてい・ちょうじ)と名乗った。

笑点に出演

1980年10月5日に4代目三遊亭小圓遊が急死したことに伴い、同年11月2日より「笑点」のレギュラーメンバーとなった。若手大喜利での活躍が評価されての昇格である。
色紋付はピンクで、それまでピンクを着ていた林家九蔵(現・三遊亭好楽)は小圓遊が着ていた水色に変更された。

2020年現在、二つ目で加入したのは才賀(朝次)が最後であり、自身より後に加入したメンバー(三遊亭小遊三1983年】、林家たい平2004年】、春風亭昇太【2006年】、2代目林家三平2016年】)はすべて真打昇進後に加入している。
ただし、2019年には昇太の弟子・春風亭昇也が6代目三遊亭円楽の代理で出演したことがある。

1985年9月に真打に昇進し、7代目桂才賀を襲名し再び亭号を桂にする。同時に真打に昇進した人物の中には兄弟子の古今亭志ん輔(旧・古今亭朝太。NHK「おかあさんといっしょ」に出演していた。年齢は志ん輔が3歳年下)に4代目桂三木助(旧・10代目柳家小きん。年齢は三木助が7歳年下)らがいた。

笑点においてはいかつい顔に似合わず小圓遊の後釜らしくキザなキャラクターを演じ司会者の三波伸介からは特に気に入られていた。しかし、1982年に三波が急逝し5代目三遊亭圓楽が司会に就任して以降、いらない子扱いされるようになり、1988年3月27日を以て笑点を卒業することになった。後任は小遊三と入れ替わりに一時降板していた三遊亭好楽が復帰した。

才賀「(「どんな映画にどんな食べ物が相応しいか」という問題にて)『ランボー』、さくらんぼ。」→5代目圓楽「は〜い山田くん、全部持ってらっしゃい‼︎


座布団10枚の獲得は2回あり、1回目は朝次時代の1982年10月に「光り輝く小粒の貴重品」(マッチ箱)を獲得。これは三波伸介時代最後の座布団10枚の商品だった。
2回目は卒業直前の1988年3月6日に「ゴルフ・イン・ハワイ」を獲得。その名の通り、ハワイでゴルフを楽しんだ。

人物

  • 5代目圓楽とは全く反りが合わずひどい時には答えが全部カットされてることもあったと述べている。
  • 現在、小遊三が得意としている犯罪者ネタも使っていた。
  • 6代三遊亭円楽(楽太郎)と同年生まれ。ただし学年は円楽が1学年上。
  • 笑点メンバー時代の1983年から刑務所少年院への慰問活動を続けており、2008年には自身の慰問体験を綴った本を出版している。



関連動画




関連タグ

落語家 笑点

落語協会のプロフィール

関連記事

親記事

落語家 らくごか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「桂才賀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 312

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました