ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ヨネスケ

よねすけ

ヨネスケとは、千葉県出身の落語家・タレント・YouTuberである。「突劇! 隣の晩ごはん」で有名。
目次[非表示]

プロフィール

本名小野五六(おの・ごろう)
出身地千葉県市原市
所属落語芸術協会
生年月日1948年4月15日
師匠四代目桂米丸


概要

落語芸術協会所属の落語家。高座名は桂米助だが、上方落語の桂米朝門下と間違えられるのを避けるためにテレビ出演時にはカタカナ表記となる。

アポなしロケ元祖とも言える、名物コーナー『突撃!隣の晩ごはん』のリポーターとして有名であり、放送番組・放送局が変わりながら1985年から2017年まで続いた。
タレントのイメージが強いが、放送作家の小山田満月からの紹介で弟子を1人とっている。
(桂米多朗、旧名「桂でっどぼうる」⇒「桂デッドボール」【外部リンク】。こちらも空き名跡だが上方落語家に同名の「桂米太郎」がある。)

まさかのYouTuberデビュー

新型コロナウイルスが蔓延し、あらゆる活動を自粛する事になった2020年からは、「なんとか隣の晩ごはんを復活させられないか」と言う思いからYouTubeチャンネル『突撃!ヨネスケちゃんねる【落語と晩ごはん】』を開設。

当初はその日の晩ごはんの撮影等が主だったが、徐々に本業である落語に関する内容にシフト。所属する落語芸術協会の若手落語家との対談や亡き親友『五代目柳亭痴楽』の次男であり、もっとも可愛がっている若手である「三代目柳亭小痴楽」をお供にした寄席出演のオススメ芸人紹介、公私で付き合いの深いベテラン落語家(主に三遊亭小遊三三遊亭好楽)へのインタビュー等、時には本人の自撮りを交えて縦横無尽に演芸界を撮影する突撃YouTuberとして活動中(本人によるとゆくゆくはYouTube版隣の晩ごはんをやってみたいとも)。また、2022年9月からは諸事情により落語芸術協会で二度目の二つ目に昇進した落語家「春風亭かけ橋」によるインタビュー企画『真打への道 師匠の金言を聞く』がスタートしている。

来歴

1967年、4代目桂米丸に入門し、桂米助を名乗る。同年、浅草演芸ホールで初高座。
1970年、日本テレビ笑点』に座布団運び役として翌年まで出演。
1971年4月、二つ目昇進。
1981年10月、真打昇進。
1989年、古舘プロジェクトに所属。同時期より落語家としての活動以外ではヨネスケと名乗るようになる。
2020年8月、ヨネスケちゃんねる開設。

pixivでは

pixiv下の作品は、主に「隣の晩ごはん」関連のネタである。

関連イラスト

空弁...! 前から一度食べたいと思っていた【日刊桐沢】


上記のイラストはヨネスケプロデュースの空弁「ヨネスケのこだわり天むす」で羽田空港で売られている


関連タグ

桂歌丸:同門の兄弟子であり、師匠に代わって落語稽古をつけていた。

外部リンク

Wikipedia
協会員プロフィール
ヨネスケの駅弁!空弁!食べて答弁!! - livedoor Blog
ヨネスケtwitter
YouTube『突撃!ヨネスケちゃんねる【落語と晩ごはん】』

関連記事

親記事

落語家 らくごか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64044

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました