ピクシブ百科事典

概要

山梨県大月市出身。本名は天野幸夫
明治大学経営学部卒業。
大学在学中、6代目三遊亭圓生の弟子入りを志願し、圓生の自宅に通い落語を習っていたが入門は断られてしまう。しかし落胆する天野(小遊三の本名)を不憫に思った圓生の弟子で前座の三遊亭ぬう生(現:三遊亭圓丈)の勧めもあり落語芸術協会(当時は日本芸術協会)の3代目三遊亭遊三に弟子入りする。(3代目三遊亭遊三は2018年現在健在。)
卒業と同時に芸名「遊吉」で初高座。
1973年、二ツ目昇進、「小遊三」に改名。
1983年3月、真打昇進。
同年10月16日、三遊亭好楽(1988年4月3日に復帰)の後任として『笑点』の大喜利レギュラーに就任。
現在は落語芸術協会副会長兼会長代行。

主なネタは、「自称イケメン(その対象は主に、木村拓哉ペ・ヨンジュン福山雅治アラン・ドロン)」「銀杏拾い」「下ネタ」「犯罪者ネタ」「自販機の下で小銭拾い」だが、一番はなんといっても、林家たい平と繰り広げる「大月秩父戦争」。因みに、この戦争の初出は2007年末の年忘れ大喜利3問目である。
最近はあまり出して居ないが、以前は怪しい外国人ネタ(「あ、コレちょっと内緒の話アルがね」など)も良く展開していた。
また、メンバー(山田隆夫以外では)の中では、最も本名(天野幸夫)が出やすい。
2005年10月以来長らく、座布団10枚を未だ達成していなかったが(それでも、「瞳を閉じて」の達成回では木久扇とダブルリーチまでいくという快挙を成し遂げた)、2013年12月1日の放送で遂に、歌丸政権で自身初の10枚達成を果たした(現メンバーでは一番最後に達成)。

学生時代は卓球部に所属しており、落語家になった現在もらくご卓球クラブのヘッドコーチを務め、世界ベテラン卓球選手権大会に数回出場している。
1964年東京オリンピック(当時高校生)と1998年長野オリンピック聖火ランナーとして走ったことがある。

また、歌丸勇退の日、最後の最後で歌丸ジェノサイドを発動させたのは彼である。

アニメでは次の作品で劇中、落語を披露している。
らくごアニメ・滝田ゆう落語劇場(1991年
落語天女おゆい2006年)・・・本人役

関連タグ

落語天女おゆい 桂歌丸 三遊亭好楽 林家木久扇 春風亭昇太 三遊亭楽太郎 林家たい平 山田隆夫 大月(山梨県大月市) 歩く18禁

関連記事

親記事

笑点 しょうてん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三遊亭小遊三」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 116528

コメント