ピクシブ百科事典

林家三平

はやしやさんぺい

落語家の名跡。ここでは初代とその次男である2代目について述べる(メイン画像は2代目)。
目次[非表示]

初代

本名:海老名 榮三郎→泰一郎(1945年に改名)
1925年11月30日生まれ、1980年9月20日没。

当時7代目柳家小三治を名乗っていた7代目林家正蔵の長男として生まれる。
1946年、父に弟子入りし東宝名人会に所属、父の前名の柳家三平をもじって林家三平と名乗る。
1947年、二つ目に昇進。
1949年、父が亡くなり、落語協会に所属する元兄弟子である4代目月の家圓鏡(後の7代目橘家圓蔵)一門に移籍するが、東宝名人会での二つ目の実績を認められず、前座に降格する。
更に翌年には、父から継承するはずだった正蔵の名を5代目蝶花楼馬楽(のちの林家彦六)に取られてしまう。
1951年、二つ目に再昇進。
1952年、東宝名人会時代の先輩である3代目三遊亭金馬の紹介で中根香葉子結婚
1955年、テレビ番組「新人落語会」の司会に抜擢されたのを機に人気が上昇し、「よし子さん」「どうもすいません」といったネタを武器に昭和の爆笑王と称される。
1957年上野鈴本演芸場で、2代目三遊亭歌奴(現:3代目三遊亭圓歌)とともに二つ目のままトリを任される。
1958年、真打昇進。師匠圓蔵から自分の前名の「月の家圓鏡」を、また5代目柳家小さんからも前名の「柳家小三治」を襲名するよう要請されたが、いずれも断り、最後まで三平で通した。
1978年、6代目三遊亭圓生を中心とする落語協会分裂騒動が起きた際は、新団体参加を拒否し、師匠圓蔵を説得して脱退を撤回させる。
1980年に急死。三平一門(よく林家一門といわれることもあるが、系統の異なる林家木久扇一門や上方の林家染丸一門まで混同されるので不適切)は2番弟子の林家こん平一門となる(1番弟子の林家珍平俳優に転向したため)。

子は長女が女優海老名美どり峰竜太と結婚、そのため峰も「海老名三兄弟」扱いされる)、次女が歌手泰葉春風亭小朝と結婚していた)、長男の泰孝が林家こぶ平→9代目林家正蔵、次男が後述する2代目。

2代目

本名:海老名 泰助
1970年12月11日生まれ。

初代三平の次男。9歳の時に父を失う。
1989年、中央大学在学中にこん平一門に入門し、林家いっ平を名乗る。
1993年、二つ目昇進。
2002年、真打昇進。
2005年林家木久扇の息子林家きくお(現:2代目林家木久蔵)、三遊亭好楽の息子三遊亭王楽、2代目桂春蝶の息子桂春菜(現:3代目桂春蝶)、月亭八方の息子月亭八光とともに「坊ちゃん5」を結成。
2009年、反対する母を周囲が説得し、兄の9代目正蔵襲名に合わせて2代目三平を襲名。
2011年女優国分佐智子と結婚。
2016年桂歌丸笑点司会降板と春風亭昇太が後任に起用された事に伴い、同番組の新レギュラーに就任。

笑点レギュラーとして

お題に対して綺麗な返しを多くする傾向が見られる。既婚者故にノロケネタを使って独身春風亭昇太をおちょくるような事もしている。また、彼はいわゆる「ガルパンおじさん」の1人であり、アニメ「ガールズ&パンツァー」(劇場版)のネタを笑点番組内で披露したことも。

ちなみにデータ放送では彼一人だけが何故か回答すらしていない時でも座布団を0枚にされるという悲惨な扱いを受けてしまっている。

三遊亭円楽がリーダー(?)の「ブラック団」の扱いについては、現状は3人が結束・同調したような回答などはあるためメンバーの一員であるとみてよいが、その回答の頻度は春風亭昇太が回答者・ブラック団メンバーだった時よりも少ない。

pixivに投稿された作品 pixivで「林家三平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54063

コメント